114件中 101 - 110件表示
  • 2004年

    2004年から見た普天間基地普天間飛行場

    8月13日 - 沖縄県宜野湾市の沖縄国際大学で米軍普天間基地のヘリコプター墜落(沖国大米軍ヘリ墜落事件)。2004年 フレッシュアイペディアより)

  • みどりの風

    みどりの風から見た普天間基地普天間飛行場

    普天間基地、オスプレイ配備、在日米軍兵が起こした婦女暴行等の問題をアメリカに訴える。みどりの風 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た普天間基地普天間飛行場

    オスプレイが普天間基地に配備された(当初は9月の予定であったが台風17号の影響で延期されていた)。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 古舘 伊知郎

    古舘伊知郎から見た普天間基地普天間飛行場

    2012年7月、沖縄の普天間基地への配備をめぐり議論が紛糾している米海兵隊のオスプレイについて、事故調査結果が出る前から欠陥機と切り捨て、オスプレイの製造は軍需産業の雇用確保が目的であり、米政府首脳もオスプレイが欠陥機であると認識していると主張。その為、米本土では運用が困難なので沖縄へ欠陥機オスプレイを押し付けているのだと報道した。古舘の発言は、2012年7月4日に報道した、オスプレイにオートローテーションの機能が無いことを念頭においたものだと思われるが、開発メーカーであるボーイング・ロータークラフト・システムズ社がアナウンスする次の機体性能については一切取り上げていない。古舘伊知郎 フレッシュアイペディアより)

  • 久間章生

    久間章生から見た普天間飛行場普天間飛行場

    11月19日投開票された沖縄県知事選では、与党推薦の仲井眞弘多が米軍普天間基地の県内移設に反対する糸数慶子を破り当選した。共同通信によると、久間は11月23日、長崎市内で開かれた自民党議員らの会合で、もしも糸数が当選していた場合、「法律を作ってでも、一方的に県知事の(公有水面の)使用権限を国に移してでも、やらなければいけないと考えていた。もし負けたら、力づくででもこっちはやるんだという腹を持っていた」と述べた。基地移設には埋め立てが必要で、そのためには公有水面埋立法に基づき知事の許可が必要である。移設反対派が勝った場合、強硬手段によって(『読売新聞』11月24日号によると、特別措置法を制定し、知事の許認可権を政府に移す予定であった)ことを進める方針だったのである。久間章生 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の歴史

    沖縄県の歴史から見た普天間飛行場普天間飛行場

    現在も在日米軍の基地が多くあり、在日米軍基地の23.5パーセント(面積比)、米軍専用施設の74%が沖縄県に集中するという歪な構造となっている。これらの基地の騒音・移転問題が解決されておらず、また米兵による県民への暴行事件などがしばしば起きている(ただし、これは沖縄特有の問題ではなく、本土でも神奈川県など米軍基地が集中する地区で同様の問題は起きている)。とくに1995年(平成7年)の少女強姦事件は、治外法権の認められた基地に逃げ込んだ容疑者を沖縄県警が確保できない事態となり、日米地位協定の理不尽さを露呈させた。強姦事件により県民の間には米軍基地の早期返還を求める声が再度強く挙がり、これを受けて1997年(平成9年)に日米両政府は普天間飛行場の全面返還を発表したが、移転先の選定が難航した。2004年(平成16年)に普天間飛行場所属のヘリコプターが大学構内に墜落した事故(→沖国大米軍ヘリ墜落事件)は、同飛行場の危険性を危惧する世論を再燃させた。2006年(平成18年)には普天間飛行場の移転や那覇港湾施設の返還を含めた米軍再編が決定したものの、実現には政治上の課題が多い。沖縄県の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 北澤俊美

    北澤俊美から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2009年11月2日の衆院予算委員会の質疑において、新進党在籍時の国会での橋本龍太郎首相に対する代表質問の中で沖縄県宜野湾市の普天間飛行場の移設計画をめぐり、辺野古への移設をはじめとする日米の政府間合意を「極めて現実的なプランである」「実現が遅れれば米国に不信感が生じ、日米関係に影を落とし、日米安保の土台が揺らぐ可能性がある」と述べていたことを自由民主党の町村信孝から指摘された。町村からの「現在もこのような認識を持っているか」との質問に対し、「危険を除去するという大きな観点で申し上げたことで、個々の処理について今と同じかと言われると、なかなか複雑なところがございます」と答弁した。北澤俊美 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県

    沖縄県から見た普天間飛行場普天間飛行場

    太平洋戦争では地上戦(沖縄戦)の末に米軍が占拠した後、1972年(昭和47年)まで一貫して米軍の施政権下に置かれた。復帰後の現在でも多くの米軍基地が存在しており、政治問題となっている。現在、普天間飛行場の移転先を巡る論争が続いている(詳細は普天間基地移設問題を参照)。沖縄県 フレッシュアイペディアより)

  • 道州制

    道州制から見た普天間飛行場普天間飛行場

    地元経済界では、州都として普天間飛行場跡地への中枢拠点機能の設置と、高度医療施設、情報産業の誘致を行う予定である。道州制 フレッシュアイペディアより)

  • 中山成彬

    中山成彬から見た普天間飛行場普天間飛行場

    普天間飛行場の移設先については、沖縄県以外の日本国内が望ましいとしている。中山成彬 フレッシュアイペディアより)

114件中 101 - 110件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード