239件中 111 - 120件表示
  • 増田都子

    増田都子から見た普天間飛行場普天間飛行場

    1997年7月、授業で沖縄の普天間基地問題を取り上げ、米軍を批判した。この授業には米国人を父親に持つ生徒も参加しており、ある女性教員が問題視してPTAの会合でこの生徒の母親に内容を伝えた。母親は足立区教育委員会に抗議、学校側はこれを受け、増田の偏向教育であると問題にしたが、増田は母親の密告と認識し反発。「日本国憲法主義者である私を「偏っている」と言うのは、日本国憲法を「偏っている」と言う人です」「このようなアサハカな思い上がりによる教育内容への干渉は許しません」と抗議した母親を批判し、自らを正当化する主張を記したプリントを授業の教材として配布した。増田都子 フレッシュアイペディアより)

  • 民社国連立政権

    民社国連立政権から見た普天間飛行場普天間飛行場

    連立協議の中では、外交政策・安全保障政策・環境政策において協議が難航した。特に難航したのは、社民党が、アメリカ軍普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設計画見直しと、日米地位協定改定を合意文書に明記するよう要望した問題で、最終的に民主党が社民党の要求を受け入れる形となった。9月9日に合意に達し、民主党の鳩山由紀夫代表・社民党の福島瑞穂党首・国民新党の亀井静香代表が合意文書に署名した。民社国連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2010年12月3日から同月10日までののべ8日間、日本各地の基地と周辺空海域で日米共同統合演習(コードネーム「キーン・ソード:Keen Sword」=「鋭利な剣」の意)が実施された。日米共同統合指揮所演習(コードネーム「キーンエッジ:Keen Edge」=「鋭い刃」の意)については、実施されたかは不明(キーンエッジは数年おきに実施され、2010年1月の演習(キーン・エッジ2010)ではニコニコ動画で演習の模様が生放送されており、今回も積極的に演習の模様を公開すると考えられていたが発表がなかった)。この演習は1年も前から計画され、今回の砲撃とは無関係に実施が決まっていたものだが、先の米韓合同軍事演習に参加した空母ジョージ・ワシントンが加わり、自衛隊(陸海空)から約3万4千人、艦艇約40隻、航空機約250機、一方アメリカ軍からは約1万人、艦艇約20隻、航空機約150機の過去最大規模となり、さらに韓国軍が初めてオブザーバーとして参加した。演習の中心となるのは弾道ミサイル防衛だとしていた。訓練期間中の2日深夜から3日未明にかけては、ミサイル本体を除くPAC3が沖縄・宜野湾市の普天間基地とうるま市のキャンプ・コートニーに移動、7日未明にはさらに名護市のキャンプ・シュワブに展開、うるま市のホワイト・ビーチ地区でもPAC3の一部が確認された。自衛隊のパトリオット(PAC2)も南城市の航空自衛隊・空自念分屯地から陸上自衛隊・勝連分屯地に移動した。この演習は日米韓の結束をアピールし北朝鮮を牽制する狙いがあったものとみられている。アメリカは核爆弾や空中発射巡航ミサイルを搭載することのできるB-52戦略爆撃機を投入する予定と発表されていた。今回の統合軍事演習のうち沖縄周辺海域などで実施する海上・航空作戦の演習では、近年沖縄(=第一列島線)近海を越え第二列島線へ勢力拡大を狙う中国に対して制空権・制海権を確保するためのメッセージとして、北朝鮮のみならず中国に対しての牽制の目的もあるとされた。6日午前能登半島沖で、この演習中にロシアの対潜哨戒機2機が飛来したため、一時的にこの空域での訓練を見合わせた。訓練の偵察が目的だったと推測されている。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 小鑓隆史

    小鑓隆史から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場は、名護市辺野古に移設すべき、とする。小鑓隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 堀井学

    堀井学から見た普天間飛行場普天間飛行場

    米軍普天間飛行場の移設先は、名護市辺野古とすべき。堀井学 フレッシュアイペディアより)

  • 金子原二郎

    金子原二郎から見た普天間飛行場普天間飛行場

    米軍普天間基地は名護市辺野古に移設すべき。金子原二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 真山勇一

    真山勇一から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県宜野湾市の普天間飛行場は「国外に移設すべき」としている。真山勇一 フレッシュアイペディアより)

  • 沖国大米軍ヘリ墜落事件

    沖国大米軍ヘリ墜落事件から見た普天間基地普天間飛行場

    2004年8月13日午後2時15分頃、アメリカ軍普天間基地所属の大型輸送ヘリコプターCH-53Dが訓練中にコントロールを失い、沖縄国際大学1号館北側に接触、墜落、炎上した。搭乗していた乗員3名は負傷したが、1号館内にいた大学職員20数名、他民間人に負傷者は出なかった。この墜落事故により同大学は電話・インターネット回線等を切断され、また接触した1号館はローターによる損傷と炎・ススによる被害を受け、またその周辺の木々も焼かれてしまった。このため一号館は、翌2005年7月30日までに取り壊され(その後汚染土壌も除去された)、2006年11月11日に再建工事が竣工した。沖国大米軍ヘリ墜落事件 フレッシュアイペディアより)

  • 石川博崇

    石川博崇から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県宜野湾市の普天間飛行場は、沖縄県内の別の場所に移設すべきとしている。石川博崇 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年佐田岬半島米軍ヘリ墜落事故

    1988年佐田岬半島米軍ヘリ墜落事故から見た普天間飛行場普天間飛行場

    1988年佐田岬半島米軍ヘリ墜落事故(1988ねんさだみさきはんとうべいぐんへりついらくじこ)は、1988年6月25日土曜日10:20ころ、岩国基地発普天間基地行のアメリカ海兵隊所属のCH-53が、愛媛県の佐田岬半島に墜落した航空事故である。1988年佐田岬半島米軍ヘリ墜落事故 フレッシュアイペディアより)

239件中 111 - 120件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード