239件中 21 - 30件表示
  • 第262海兵中型ティルトローター飛行隊

    第262海兵中型ティルトローター飛行隊から見た普天間飛行場普天間飛行場

    第262海兵中型ティルトローター飛行隊?(VMM-262)は、MV-22Bオスプレイを保有するアメリカ海兵隊の飛行隊である。「フライング・タイガース」として知られるこの飛行隊は、沖縄県の海兵隊普天間航空基地に駐屯し、第1海兵航空団(1stMAW)第36海兵航空群(MAG-36)の指揮下にある。第262海兵中型ティルトローター飛行隊 フレッシュアイペディアより)

  • 宜野湾市立普天間第二小学校

    宜野湾市立普天間第二小学校から見た普天間飛行場普天間飛行場

    学校の北側には普天間三叉路が、その周辺に普天間神宮や商店街などがある。また、南側は米軍の普天間飛行場とフェンス越しに向かい合っている。宜野湾市立普天間第二小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第47回衆議院議員総選挙

    第47回衆議院議員総選挙から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県では、翁長雄志知事を支持する陣営が全選挙区で候補者調整を行った為、在日米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設の是非も争点になっている。第47回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 岩国飛行場

    岩国飛行場から見た普天間基地普天間飛行場

    2015年 (平成27年) 4月15日 - アメリカ海兵隊の空中給油機KC-130Jハーキュリーズが普天間基地から移駐。岩国飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 岩国飛行場

    岩国飛行場から見た普天間飛行場普天間飛行場

    1976年(昭和51年)10月 - ベトナム戦争終結後の海兵隊再編に伴い、第1海兵航空団司令部が普天間飛行場近郊のキャンプ・バトラー(沖縄県中城村)に移駐。岩国飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 一川保夫

    一川保夫から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2011年10月17日、沖縄県庁で仲井眞弘多知事と会談し、普天間飛行場を名護市辺野古に移設するための環境影響評価書を年内に同県に提出する意向を伝えた。その会談中、「(地元の石川県に自衛隊)小松基地を抱え、自治体の苦労は分かっているつもり」と発言。その数時間後、仲井眞知事は県庁で竹内春久沖縄担当大使の就任の挨拶を受けた際に「自衛隊基地と米軍基地は全く違う」と述べ、「日本側の統制が全く及ばない米軍基地が沖縄県に多数存在する」現状を正しく政府に伝えるよう竹内大使に注文をつけた。一川保夫 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎政久

    宮崎政久から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2012年(平成24年)2月29日、安次富修の後任として自民党沖縄2区支部長に就任。同年12月の第46回総選挙では「沖縄の経済振興」「例外なき聖域なき関税撤廃を交渉条件とするTPPには反対」「待機児童、保育園の問題解決」「日米地位協定全面改定」「オスプレイ県内配備の見直し」「米軍普天間基地の県外移設」などを公約に掲げて選挙戦に臨んだものの、社会民主党公認の現職・照屋寛徳に約18000票差の大差で敗れた。だがこの選挙では自民党が大勝を収め、特に比例九州ブロック圏内では宮崎と鹿児島3区の宮路和明を除く全小選挙区候補者が小選挙区で当選して名簿に余裕があったため、宮崎も同ブロックで復活当選することができた。宮崎政久 フレッシュアイペディアより)

  • 我那覇真子

    我那覇真子から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2013年2月21日、普天間飛行場辺野古移設を推進する「危険な普天間飛行場の辺野古地先移設促進名護市民大会」にて、地元女性部代表でスピーチをした事をきっかけに論壇活動を開始する。スピーチの経験を元に2013年11月、大学時代のインターン先だった株式会社ヘッドラインの協力を経て、合同会社やんばるプレスを設立し、地元でフリーペーパー「やんばるプレス」を創刊した。内容は国会議員へのインタビューをはじめとする政治ネタから、「名護美人」と題したタウン情報も扱い、那覇市や県外からも大きな反響があり創刊号が全て配布されたが、TOKYO HEADLINEとの間で編集方針の齟齬があり廃刊。我那覇真子 フレッシュアイペディアより)

  • 下地島空港

    下地島空港から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2016年(平成28年)5月30日 - おおさか維新の会の松井一郎代表、下地幹郎衆院議員、橋下徹法律政策顧問らが下地島空港を視察し、米軍普天間飛行場の訓練を下地島空港に移転することを提案。下地島空港 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉手納飛行場

    嘉手納飛行場から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄周辺の空域の航空管制については、沖縄の施政権返還後も、「日本国政府がこれらの飛行場へのレーダー進入管制業務を提供できるまでの暫定期間中、これらの飛行場に対する進入管制業務を行う」として、当飛行場設置の沖縄進入管制区("Okinawa Approach Control"、通称「嘉手納ラプコン」。当飛行場の上空約6000m・半径約90km、および久米島上空約1500m・半径約55kmの空域。ただし、当飛行場および那覇飛行場、普天間飛行場の各管制圏を除く。)の管制官が担当してきた。2000年3月16日にコーエン米国防長官(当時)が当管制区の日本への移管方針を表明し、2004年12月10日の日米合同委員会にて3年後(2007年度)をめどに日本への移管が決定され、同12月15日から国土交通省所属の航空管制官の訓練が開始された。もっとも、管制方式の違いを主因として管制官の訓練に時間を要したことにより移管は遅れた。2010年2月までに訓練は終了し、同3月18日の日米合同委員会にて、同3月31日午前0時(日本時)に移管されることが決定された。嘉手納飛行場 フレッシュアイペディアより)

239件中 21 - 30件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード