114件中 31 - 40件表示
  • 日米中正三角形論

    日米中正三角形論から見た普天間基地普天間飛行場

    このように、鳩山由紀夫内閣は沖縄のアメリカ軍基地である普天間基地県外移設を目指したが移設先がなかなか決まらず、アメリカに対し不信感をつのらせ、日米関係が悪化していった。5月4日、鳩山首相は「学べば学ぶほど海兵隊の抑止力が分かった」と記者団に述べ、「最低でも県外移設」という約束を守るのが困難であることが明らかとなった。これも一つの要因となり、2010年6月、鳩山内閣は総辞職に追い込まれた。アメリカのジェフリー・ベーダー国家安全保障会議アジア上級部長は「話している人が権限を与えられているのかどうか、翌日に無効にされないかどうか、といった点が複雑で、混乱させる状況だった」と鳩山由紀夫内閣を評した。日米中正三角形論 フレッシュアイペディアより)

  • 真志喜

    真志喜から見た普天間飛行場普天間飛行場

    宜野湾市の西南部に位置し、東南から北西にかけて細長く広がり、西は東シナ海に面していおり、大謝名・大山・宇地泊・佐真下と隣接する。東南部は琉球石灰岩台地の段丘崖でその東部は現在アメリカ海兵隊普天間飛行場となっている海抜約60から90mの台地である。この段丘崖は湧水が豊富で、森の川などの小水系を形成している。中央部は海抜約30mのなだらかな段丘面となっており、ここを南北に国道58号線が横断している。北西部は北に隣接する大山湿地(大山タイモ畑)につながる以前からの海岸低地に、近年埋め立てられた土地が続いている。旧海岸線と埋立地の間に国道58号線宜野湾バイパスが開通している。沖縄コンベンションセンターや宜野湾海浜公園を抱え、那覇市の奥武山町と並んで沖縄県のイベントの中心地的な役割を担っている。その他にも宜野湾警察署、宜野湾市立真志喜中学校、沖縄県立宜野湾高等学校など公共施設が集積し、宜野湾市西部の中心と言える。また南東部のわずかを普天間飛行場の一部が占めている。新築の中〜高層マンション等も多く、市外・県外出身者も多い。かつてはキャンプ・マーシーという米軍施設が存在していた。真志喜 フレッシュアイペディアより)

  • 新城 (宜野湾市)

    新城 (宜野湾市)から見た普天間飛行場普天間飛行場

    宜野湾市北東部に位置する。北から北東で普天間、東で野嵩、南で上原、西から北西で喜友名と隣接する。字新城は普天間飛行場内にあたる。新城 (宜野湾市) フレッシュアイペディアより)

  • 金子秀敏

    金子秀敏から見た普天間飛行場普天間飛行場

    (内容)普天間飛行場の移転問題に関して、岡田克也(外務大臣)と北沢俊美(防衛大臣)の発言には食い違い(=閣内不一致)がある。以前の政権では閣内不一致は批判の対象であったが、民主党政権においては閣内不一致は大変なことではない。サンドイッチが閣議の昼食に出されたことがその証左だ。金子秀敏 フレッシュアイペディアより)

  • 喜久川政信

    喜久川政信から見た普天間基地普天間飛行場

    1990年にアメリカ海兵隊普天間基地の武道指導員。1994年にカナダへ移住し、国際中医学院を卒業し鍼灸師、漢方医師の資格を取り、開業しながら沖縄空手道と琉球古武道の指導をしている。喜久川政信 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年沖縄県議会議員選挙

    2008年沖縄県議会議員選挙から見た普天間基地普天間飛行場

    県議会議員の任期(4年)が満了したことに伴って実施された選挙である。無投票当選となった2選挙区3議席を除いた12選挙区45議席を71名の候補が争う構図となったが、2006年の県知事選挙で選出された仲井真弘多知事の県政に対する評価が最大の争点となった。また名護市辺野古への在日米軍普天間基地の移設問題や、後期高齢者医療制度への評価、雇用対策や経済振興策も重要な争点となった。選挙の結果、仲井真知事を支える与党(自民・公明)が議席を減らし、反対に野党(社民・共産・社大)及び中間派が議席を増やす結果となった。2008年沖縄県議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年沖縄県議会議員選挙

    2012年沖縄県議会議員選挙から見た普天間基地普天間飛行場

    県議会議員の任期満了に伴って実施された選挙である。前回選挙で過半数を割り込んだ仲井真弘多沖縄県知事の与党が安定多数を奪回できるか、過半数を採った野党及び中立系が過半数を維持できるかが焦点とされた。消費税増税問題やアメリカ軍普天間基地の返還・移設問題、経済振興の在り方が争点とされた。14選挙区に63名が立候補を届け出、うち3選挙区(南城市、糸満市、宮古島市)では立候補者が定員と同数に留まり、5名(自民2、共産1、結の会1、無所属1)が無投票当選となった 。新党改革が沖縄県議会議員選挙で初めて19名の候補者を推薦した他、国民新党は今回が初挑戦であった。本県議選では沖縄県議選史上初めて候補者の経歴や政策を掲載した選挙公報が導入され、約53万7千部が作成された。2012年沖縄県議会議員選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第31海兵隊遠征隊

    第31海兵隊遠征隊から見た普天間飛行場普天間飛行場

    普天間飛行場 - 航空戦闘部隊が展開している。第31海兵隊遠征隊 フレッシュアイペディアより)

  • 増田都子

    増田都子から見た普天間飛行場普天間飛行場

    1997年7月、授業で沖縄の普天間基地問題を取り上げ、米軍を批判した。この授業には米国人を父親に持つ生徒も参加しており、ある女性教員が問題視してPTAの会合でこの生徒の母親に内容を伝えた。母親は足立区教育委員会に抗議、学校側はこれを受け、増田の偏向教育であると問題にしたが、増田は母親の密告と認識し反発。「日本国憲法主義者である私を「偏っている」と言うのは、日本国憲法を「偏っている」と言う人です」「このようなアサハカな思い上がりによる教育内容への干渉は許しません」と抗議した母親を批判し、自らを正当化する主張を記したプリントを授業の教材として配布した。増田都子 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の年表

    沖縄県の年表から見た普天間飛行場普天間飛行場

    1997年 日米間で普天間飛行場の返還を含む基地移転案に基本合意。沖縄県の年表 フレッシュアイペディアより)

114件中 31 - 40件表示