114件中 41 - 50件表示
  • 大田昌秀

    大田昌秀から見た普天間基地普天間飛行場

    沖縄県知事在職中には沖縄における米軍基地問題に取り組んだ。第2期目から反軍反戦反基地姿勢を明確にした。1995年、当時政府内にあった東アジア戦略報告に疑問を抱き、軍用地の代理署名を拒否した。また直前に起きた米兵の少女暴行事件と合わさり、大きな注目を浴びた。1996年の普天間基地移設問題では沖縄の過度の負担から県外移設を強行に主張。移転先自治体として名護市が自治体に浮上した際には「県としては(直接的な当事者である)地元名護市の意向を尊重する」と首相官邸に述べていた。「県外移設」が本音の大田のこの発言は、過度の基地負担が集中する沖縄県全体で基地反対ムードがあったことで実現可能性が皆無という自信から出た発言であると見られる。しかし1997年12月に名護市長が受け入れを表明してしまった。普天間基地移設問題が名護市移設ベースになったことについて、大田は名護市移設ベース実現の具体化の話し合いを求めた首相官邸や名護市長に対し、彼らに極力会うことを避け、彼らと対面しても普天間基地移設問題について触れたがらないようになった。大田昌秀 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する北アメリカの対応

    東日本大震災に対する北アメリカの対応から見た普天間飛行場普天間飛行場

    3月17日、沖縄県の地方紙「琉球新報」は、在日米軍は一連の支援作戦で普天間飛行場の存在意義をアピールしているとして、それを不謹慎とする声が挙がっていると報じると同時に、基地は日本本土に有った方がより迅速な救援活動が行えたはずだ、などとする報道を行った。一方で米軍側は、今回の震災に対する救援活動で普天間基地の重要性が証明されたと公式サイト上で強調した。東日本大震災に対する北アメリカの対応 フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た普天間基地普天間飛行場

    2010年12月3日から同月10日までののべ8日間、日本各地の基地と周辺空海域で日米共同統合演習(コードネーム「キーン・ソード:Keen Sword」=「鋭利な剣」の意)が実施された。日米共同統合指揮所演習(コードネーム「キーンエッジ:Keen Edge」=「鋭い刃」の意)については、実施されたかは不明(キーンエッジは数年おきに実施され、2010年1月の演習(キーン・エッジ2010)ではニコニコ動画で演習の模様が生放送されており、今回も積極的に演習の模様を公開すると考えられていたが発表がなかった)。この演習は1年も前から計画され、今回の砲撃とは無関係に実施が決まっていたものだが、先の米韓合同軍事演習に参加した空母ジョージ・ワシントンが加わり、自衛隊(陸海空)から約3万4千人、艦艇約40隻、航空機約250機、一方アメリカ軍からは約1万人、艦艇約20隻、航空機約150機の過去最大規模となり、さらに韓国軍が初めてオブザーバーとして参加した。演習の中心となるのは弾道ミサイル防衛だとしていた。訓練期間中の2日深夜から3日未明にかけては、ミサイル本体を除くPAC3が沖縄・宜野湾市の普天間基地とうるま市のキャンプ・コートニーに移動、7日未明にはさらに名護市のキャンプ・シュワブに展開、うるま市のホワイト・ビーチでもPAC3の一部が確認された。自衛隊のパトリオット(PAC2)も南城市の航空自衛隊・空自念分屯地から陸上自衛隊・勝連分屯地に移動した。この演習は日米韓の結束をアピールし北朝鮮を牽制する狙いがあったものとみられている。アメリカは核爆弾や空中発射巡航ミサイルを搭載することのできるB-52戦略爆撃機を投入する予定と発表されていた。今回の統合軍事演習のうち沖縄周辺海域などで実施する海上・航空作戦の演習では、近年沖縄(=第一列島線)近海を越え第二列島線へ勢力拡大を狙う中国に対して制空権・制海権を確保するためのメッセージとして、北朝鮮のみならず中国に対しての牽制の目的もあるとされた。6日午前能登半島沖で、この演習中にロシアの哨戒機2機が飛来したため、一時的にこの空域での訓練を見合わせた。訓練の偵察が目的だったと推測されている。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • No osprey沖縄県民大会

    No osprey沖縄県民大会から見た普天間飛行場普天間飛行場

    No osprey沖縄県民大会(ノーオスプレイおきなわけんみんたいかい)とはV-22 (航空機)が沖縄県宜野湾市の普天間飛行場に配備される事に抗議する事を目的として沖縄で実施されている活動。2012年9月9日には宜野湾海浜公園で実施され10万1千人が集まり、県民にこれ以上の基地負担をかけないためにオスプレイ配備計画の撤回と普天間飛行場の閉鎖・撤去を求める決議を採択した。この活動を主催していたのは「オスプレイ配備に反対する沖縄県民大会実行委員会」であり、他にも沖縄も含む全国各地で様々な活動を実施している。実行委員会の役員には政治家をはじめとした様々な著名人が名を連ねており、150以上の共済団体が存在する。No osprey沖縄県民大会 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄県の鉄道

    沖縄県の鉄道から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2005年(平成17年)12月、政府は普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設にあわせ、沖縄本島北部の新振興策を策定する方針を固め、那覇市と名護市を結ぶ鉄道の建設などを盛り込むことを検討している。沖縄県の鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 田中均

    田中均から見た普天間基地普天間飛行場

    入省当初はインドネシア関係など援助外交を多く手がけたが、1979年の米大使館赴任以降は対米関係の専門家として、安保・政治・経済いずれのポストも経験した。日米経済関係を担当する北米第二課長時代は日米半導体交渉で、安保を担当する北米局審議官時代は1996年4月の在日米軍普天間基地返還合意で、それぞれ第一線で活躍したとされる(船橋洋一『同盟漂流』)。また1996年の日米安保共同宣言の外務省における責任者も努めた。田中均 フレッシュアイペディアより)

  • 末松義規

    末松義規から見た普天間基地普天間飛行場

    菅内閣の政務三役は普天間基地移設問題などの解決を求めて上京した沖縄県の自治体首長との面会を拒絶していたが、国民新党の下地幹郎幹事長らの仲介によって、末松と儀間光男浦添市長らと会談が実現した。末松義規 フレッシュアイペディアより)

  • 植木千可子

    植木千可子から見た普天間基地普天間飛行場

    2010年5月28日、福島瑞穂が大臣を罷免された日にBSフジLIVE プライムニュースに出演し、「普天間基地移設問題は、そもそもそれ程大きな問題ではない」と述べた。植木千可子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中稔 (ジャーナリスト)

    田中稔 (ジャーナリスト)から見た普天間飛行場普天間飛行場

    守屋武昌元防衛事務次官と防衛商社山田洋行の贈収賄事件や、秋山直紀(社)日米平和・文化交流協会専務理事の脱税事件、アメリカ海兵隊普天間飛行場の移設に絡む利権など、日米安保を巡る防衛利権構造を精力的に取材。防衛利権フィクサーの海外でのマネーロンダリング疑惑についてスクープ連載記事を執筆し、東京地検特捜部による捜査の突破口を切り開いた。三菱開東閣での三菱重工業による防衛族議員への接待の現場を直撃スクープ。防衛商社山田洋行の宮崎元伸専務への逮捕直前のインタビューも注目された。田中稔 (ジャーナリスト) フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済共同体党

    世界経済共同体党から見た普天間基地普天間飛行場

    活動資金は又吉代表が所有する普天間基地内の補償金や支持者の寄付から捻出している。又吉代表は政治活動費や自身の生活費を一円単位で詳細に公表しているため党の財務状況は誰でも党の公式サイトから確認することができる。世界経済共同体党 フレッシュアイペディアより)

114件中 41 - 50件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード