114件中 51 - 60件表示
  • 2005年の日本

    2005年の日本から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の移設問題で、名護市の辺野古崎にある、米軍キャンプ・シュワブ兵舎地区に一部を海上に突き出す形で建設することで、日米両国が基本合意。2005年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 首藤信彦

    首藤信彦から見た普天間基地普天間飛行場

    2010年2月、アムネスティ・インターナショナル日本等のNGOが共催した院内集会において、国連人権理事会による「イスラエルによるガザ攻撃非難、攻撃停止と撤退」「イスラエルによる占領政策の停止」「ガザ地区封鎖の即時解除」「国際人権・人道法の尊重をすべての当事者に要請」「国際人権・人道法違反を調査する独立調査団の設立」の決議を日本が棄権したことについて、「政権交代したものの外務省の中ではブッシュ・小泉時代の政治が続いている」と批判し、「普天間『移設』問題への対応と中東問題への対応は表裏の関係にある」と持論を展開した。首藤信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿屋航空基地

    鹿屋航空基地から見た普天間基地普天間飛行場

    アメリカ海軍やアメリカ海兵隊にとっては、普天間飛行場に移動するヘリコプター部隊が、途中給油に立ち寄る重要な航空基地である。2005年10月、アメリカ軍の再編計画により、沖縄県普天間飛行場に配備されているアメリカ海兵隊所有の空中給油機が鹿屋航空基地に移駐することで、日米政府が合意した。近年中に、日米共用飛行場になる可能性が高い。鹿屋航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿屋航空基地

    鹿屋航空基地から見た普天間飛行場普天間飛行場

    アメリカ海軍やアメリカ海兵隊にとっては、普天間飛行場に移動するヘリコプター部隊が、途中給油に立ち寄る重要な航空基地である。2005年10月、アメリカ軍の再編計画により、沖縄県普天間飛行場に配備されているアメリカ海兵隊所有の空中給油機が鹿屋航空基地に移駐することで、日米政府が合意した。近年中に、日米共用飛行場になる可能性が高い。鹿屋航空基地 フレッシュアイペディアより)

  • 又吉イエス

    又吉イエスから見た普天間基地普天間飛行場

    普天間基地内に土地を所有している。又吉イエス フレッシュアイペディアより)

  • 三雲孝江

    三雲孝江から見た普天間基地普天間飛行場

    2009年4月からは、『ひるおび!』の火曜コメンテーター(同年3月から7月までは平日コーナーナレーションも兼務)、『情報7days ニュースキャスター』のレギュラーコメンテーター(ゲスト扱いでは同年1月から)を務めている。『Nキャス』内で沖縄県の普天間基地移設問題について、「沖縄に基地が行くのは当然で、決断できない鳩山首相(当時)は情けない」とコメントした。三雲の土曜22時台での出演は、司会を務めた前番組『ブロードキャスター』を降板した2004年9月以来である。三雲を「師匠とも呼ぶべき尊敬する先輩」と慕う番組総合司会のTBSアナウンサー・安住紳一郎とのレギュラー番組共演は、『ジャスト』終了以来4年ぶりである。三雲孝江 フレッシュアイペディアより)

  • 久志村

    久志村から見た普天間飛行場普天間飛行場

    戦後接収されたアメリカ軍基地は現在でもキャンプ・シュワブをはじめ、市内のほとんどが辺野古を中心に旧村内に集中している。1996年に宜野湾市にある普天間飛行場を返還し、移設先をキャンプ・シュワブ沖に移設するという計画が決定した。しかし建設方法や周辺住民の反発、そして沿岸にサンゴ礁やジュゴンが生息するなどの環境問題などで未だに建設されていない。その移設計画とともに北部振興策の一環として基地のある辺野古など久辺三区にさまざまな施設が建設された。1999年に名護市マルチメディア館、2001年には国際海洋環境情報センターがそれぞれ豊原に完成、そして2004年には沖縄初の高等専門学校となる沖縄工業高等専門学校が辺野古に開校した。基地の移設計画とともに大きく変貌を遂げている。その反面、あまり恩恵を受けていない二見以北との格差が広がってきている。久志村 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛不祥事

    防衛不祥事から見た普天間飛行場普天間飛行場

    12月 - 米軍普天間飛行場移設を巡り田中聡・沖縄防衛局長が不適切発言を行い、11月29日付で解任。12月9日付で停職40日、また一川保夫防衛大臣が自身の在職中の大臣給与を全額、防衛副大臣及び防衛大臣政務官もそれぞれ給与1ヶ月分を国庫に返納することを発表。発言行為を理由に停職処分が科されるのは異例。防衛不祥事 フレッシュアイペディアより)

  • 安保闘争

    安保闘争から見た普天間飛行場普天間飛行場

    マスメディアの状況も、「日米安保」からさらに進んで、「日米(軍事)同盟」堅持が主流になっている。民主党、社民党、国民新党は、沖縄県の在日米軍アメリカ海兵隊が配属されている普天間基地の県外移転を公約に掲げた。これは一つの基地の問題で、日米安保自体の改変ではなかったが、全国紙の『朝日』『読売』『日経』『産経』4紙は、いずれも「日米同盟」を危うくする物として、これを批判。自公連立政権で米国と合意した、沖縄県内の辺野古移設案を変えることの無いように主張し、あくまで県外移転を求める、沖縄県の地元2紙(琉球新報、沖縄タイムス)との論調の差は際立った(地方紙は沖縄以外も、石川県地方紙の北國新聞、三重県地方紙の伊勢新聞を除くと辺野古移設には慎重な論調が主流であった)。また、米国側は辺野古移設が「唯一実行可能な選択肢」という態度を取った。その結果、鳩山政権は内外の批判に屈する形で辺野古案を受け入れ、閣議での署名を拒否した福島瑞穂特命担当大臣を罷免。社民党は連立を離脱した。このことは、全国規模のマスメディアに「日米同盟」を自明とする認識が定着し、安保破棄は無論のこと、僅かな縮小に対しても、それを阻止する論調が主流になったことを示した(詳細は普天間基地移設問題参照)。安保闘争 フレッシュアイペディアより)

  • キャンプ・シュワブ

    キャンプ・シュワブから見た普天間基地普天間飛行場

    現在キャンプ・シュワブの沖合に普天間基地代替施設の建設案が持ち上がっているが、この海域は絶滅危惧種のジュゴンの生息北限であることなどから、地元住民をはじめ自然保護団体や反戦運動団体から反対の声があがっている。キャンプ・シュワブ フレッシュアイペディアより)

114件中 51 - 60件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード