239件中 51 - 60件表示
  • 熊本地震 (1906年)

    熊本地震 (1906年)から見た普天間飛行場普天間飛行場

    17日、在日米軍普天間飛行場からオスプレイ2機が向かい、岩国基地経由で陸上自衛隊高遊原分屯地で物資を積み、18日午後5時過ぎ南阿蘇村の白水運動公園に着陸。オスプレイは日本の災害支援への初参加となった熊本地震 (1906年) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年沖縄県知事選挙

    2010年沖縄県知事選挙から見た普天間飛行場普天間飛行場

    普天間基地について仲井眞と伊波は沖縄県外移設を求める点では一致していたが、仲井眞は県外移設を主張したのみで県内移設反対は明言せず、逆に伊波は移転先として米領グアムを挙げ県内移設を明確に否定した。金城は県内移設を主張した。2010年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年沖縄県知事選挙

    1998年沖縄県知事選挙から見た普天間飛行場普天間飛行場

    本選挙では経済振興と在日米軍普天間基地の移設先をどうするのかが大きな争点となった。大田候補は日本本土や国外への「県外移設」を主張したのに対し、稲嶺候補は「北部の陸上に軍民共用空港建設」と「政府との関係修復による経済振興」を打ち出した。1998年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 米軍再編

    米軍再編から見た普天間飛行場普天間飛行場

    アメリカ海兵隊は沖縄県の住民の負担を軽減するため、一部部隊の移動や訓練の一部移転を計画した。普天間基地を返還して、代替基地として辺野古地区への移転が決定している。海兵隊員約8千人とその家族約9千人のグアム移転、那覇軍港返還、キャンプキンザー返還、キャンプレスター返還、キャンプフォスター・ライカム住宅地区やロウワープラザ住宅地区などの返還、北部訓練場の3分の1返還など沖縄の負担軽減に重点が置かれている。米軍再編 フレッシュアイペディアより)

  • 新城 (宜野湾市)

    新城 (宜野湾市)から見た普天間飛行場普天間飛行場

    宜野湾市北東部に位置する。北から北東で普天間、東で野嵩、南で上原、西から北西で喜友名と隣接する。字新城は普天間飛行場内にあたる。新城 (宜野湾市) フレッシュアイペディアより)

  • 長浜善巳

    長浜善巳から見た普天間基地普天間飛行場

    選挙戦では当時49歳という若さをアピール。マンネリ化した村政運営を打開し、観光協会の設立や人材育成を通したまちづくりなどを掲げたほか、1を支え普天間基地の県内移設反対などを求める「建白書」を実現したいと訴えた。長浜善巳 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た普天間基地普天間飛行場

    沖縄県名護市長選挙でアメリカ軍普天間基地の辺野古沖への移設に反対派で民主、共産、国民新各党推薦の稲嶺進が現職の島袋吉和を破り当選。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 小林アツシ

    小林アツシから見た普天間基地普天間飛行場

    2010年にNHKの討論番組「日本のこれから」に出演し「普天間基地にいる海兵隊はイラクなどへ戦争しに行っている部隊なので日本には必要ない」と発言。小林アツシ フレッシュアイペディアより)

  • 与那原飛行場

    与那原飛行場から見た普天間飛行場普天間飛行場

    戦後、飛行場は放棄されて農地となっているが、アメリカ軍は海兵隊のヘリコプター基地としての再利用を検討していた。これは沖縄に新たに移駐する第3海兵師団第1海兵航空団の拠点として計画されたものであったが、住民の反発を懸念した琉球列島米国民政府(USCAR)の反対で実現しなかった。結局、第1海兵航空団は普天間飛行場に拠点を置くことになる。与那原飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 長田交差点 (宜野湾市)

    長田交差点 (宜野湾市)から見た普天間飛行場普天間飛行場

    西行き(宜野湾市道):普天間飛行場・沖縄国際大学長田交差点 (宜野湾市) フレッシュアイペディアより)

239件中 51 - 60件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード