114件中 71 - 80件表示
  • 2012年宜野湾市長選挙

    2012年宜野湾市長選挙から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2010年に市長に就任した安里猛が心臓疾患の療養を理由に2011年12月28日に任期途中で辞職したことに伴い行われた選挙である。宜野湾市は普天間飛行場を抱えており、選挙の結果はその移転問題をめぐり国政にも大きな影響を与えるとして注目された。2012年宜野湾市長選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 玉城デニー

    玉城デニーから見た普天間飛行場普天間飛行場

    宜野湾市の普天間飛行場をはじめ、沖縄県内に駐留するアメリカ軍基地の県外移設・撤去を求める一方で、アメリカ軍に代わる自衛隊による沖縄の防衛の必要性を主張している。 玉城デニー フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県別の全ての米軍施設規模と都道府県別の米軍施設

    都道府県別の全ての米軍施設規模と都道府県別の米軍施設から見た普天間飛行場普天間飛行場

    普天間飛行場 - (全面返還予定済)都道府県別の全ての米軍施設規模と都道府県別の米軍施設 フレッシュアイペディアより)

  • 島尻安伊子

    島尻安伊子から見た普天間基地普天間飛行場

    2009年の第45回衆議院議員総選挙における自民党の政見放送で、麻生太郎自由民主党総裁に質問をする進行役を務めた。野党は在日米軍海兵隊の普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対しており、県内移設の是非がこの総選挙の争点の一つだったためである。普天間基地は住宅密集地に位置しており、長年その危険性が懸念されていたため、自民党は辺野古への移設を推進する立場を取っていたが、民主・社民・国民新・共産などの野党は県外、国外移設を主張。結果、沖縄県の全小選挙区で県外、国外移設を主張する野党系候補が当選し、県内移設に賛成する与党系候補は全員落選した。その結果、2010年に改選を控える島尻は、沖縄県選出の国会議員で唯一の、県内移設容認派となった(後に県内移設反対を主張)。2009年10月の国会開会後、島尻は普天間基地の県外、国外移設を模索する鳩山由紀夫内閣に対し、普天間基地移設問題を中心に代表質問を行った。自民党の代表質問は幹部クラスが行うケースが多く、1期目の島尻が本会議の代表質問を行うのは極めて異例である。島尻安伊子 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本における口蹄疫の流行

    2010年日本における口蹄疫の流行から見た普天間基地普天間飛行場

    (沖縄県普天間基地移設問題で社民党離脱)2010年日本における口蹄疫の流行 フレッシュアイペディアより)

  • 江田憲司

    江田憲司から見た普天間基地普天間飛行場

    民主党政権における元次官OBの天下り問題について批判している。行政刷新会議による「事業仕分け」については、一部の予算査定作業を国民に見える形で透明化した点を評価する一方で、経済財政運営の国家戦略において全体構図や基本方針のようなマクロフレームがない以上はミクロフレームにおける事業仕分けの評価ができない問題や仕分け対象の選定基準が不明瞭である問題を指摘している。また、普天間基地問題では「自民党政権時代の合意を再検証の必要性」は認めた上で、橋本内閣の首相秘書官時代に普天間飛行場返還に携わった経緯から、「米国や沖縄の基地自治体および移転先候補自治体など調整先が多数あり、移転先を決定する過程で首相以下関係閣僚が用意周到かつ内々に行う性格を持つ政策である」と指摘し、内閣として具体的な統一方針が定まらない状況を批判している。江田憲司 フレッシュアイペディアより)

  • 重家俊範

    重家俊範から見た普天間飛行場普天間飛行場

    いわゆるアメリカン・スクール出身で、その後も北米局安全保障課長、米ハーバード大学国際問題研究所フェロー、国際連合日本代表部公使、在アメリカ合衆国大使館特命全権公使等を歴任し、アメリカ合衆国行政府内の人物との関係を築いた。その後2006年には沖縄担当特命全権大使に就任し、在日米軍再編問題に取り組み、在日米軍普天間飛行場のヘリコプター飛行経路の再検討の日米合意等を実現した。2007年に駐韓大使に就任する以前のアジア勤務は書記官としてマレーシアでのものが唯一だった。重家俊範 フレッシュアイペディアより)

  • 1998年沖縄県知事選挙

    1998年沖縄県知事選挙から見た普天間基地普天間飛行場

    本選挙では経済振興と在日米軍普天間基地の移設先をどうするのかが大きな争点となった。大田候補は日本本土や国外への「県外移設」を主張したのに対し、稲嶺候補は「北部の陸上に軍民共用空港建設」と「政府との関係修復による経済振興」を打ち出した。1998年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年沖縄県知事選挙

    2006年沖縄県知事選挙から見た普天間基地普天間飛行場

    県知事の任期(4年)満了による選挙で、本土復帰以降10回目の知事選挙である。今回は、現職の稲嶺惠一知事の不出馬により、国政及び県政与党である自民・公明の支援を受ける仲井真弘多と民主・共産など野党8党が支援する参院議員糸数慶子の両新人による事実上の一騎打ちの選挙となった。在日米軍再編に伴う普天間基地の移設問題や経済振興などを争点に激しい選挙戦となったが、稲嶺県政継承を主張する仲井真候補が勝利した。2006年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 伊波洋一

    伊波洋一から見た普天間飛行場普天間飛行場

    なお、仲井眞は4年前の知事選では普天間飛行場の辺野古沖への移設を容認していたが、この知事選では「県外移設」を訴え(ただし伊波がグアムへの移設を主張したのに対し、仲井眞は「県内移設反対」を明言せず、あくまでも「県外移設を求める」に留めていた)、有力候補である仲井眞、伊波のいずれもが沖縄県内への移設反対を主張した。伊波洋一 フレッシュアイペディアより)

114件中 71 - 80件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード