114件中 81 - 90件表示
  • かりゆしクラブ

    かりゆしクラブから見た普天間基地普天間飛行場

    1月30日 - 「普天間基地はいらない辺野古の新基地建設を許さない1・30全国集会」に参加し、自衛隊基地撤去、米軍基地撤去と共に東京で初めて、琉球独立の旗を掲げ、独立をアピールした為、注目された。かりゆしクラブ フレッシュアイペディアより)

  • ハゴイ飛行場

    ハゴイ飛行場から見た普天間飛行場普天間飛行場

    2010年1月にテニアン市長レーモン・デラクルスは、沖縄の普天間飛行場の移設先として、ハゴイ飛行場を含むテニアン島北部への受け入れを表明した。この案には、日本国内でも社民党が支持を表明し、川内博史議員ら一部の民主党議員も、4月9日にテニアン島を視察している。ハゴイ飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 航空交通管制

    航空交通管制から見た普天間飛行場普天間飛行場

    横田飛行場:RJTY、岩国飛行場:IWK/RJOI、嘉手納飛行場:DNA/RODN、普天間飛行場:ROTM航空交通管制 フレッシュアイペディアより)

  • 下地幹郎

    下地幹郎から見た普天間基地普天間飛行場

    2010年3月1日の衆議院予算委員会で、米軍普天間基地の移設先に関し、鳩山首相が5月末までに判断をせず、先延ばしするようなことがあれば、議員辞職も辞さない覚悟だとして、普天間移設問題の解決を訴えた。10月20日、前原誠司外務大臣が同月27日の日米外相会談で尖閣諸島を日米安全保障条約第5条の適用対象と確認したことなどを理由に、中華人民共和国が日中首脳会談を拒否したことについて、「日中関係に日米関係を持ち込むからおかしくなる」「前原氏はもう外相を辞めた方がいいのではないか」などと発言した。下地幹郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本共産党

    日本共産党から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県名護市の辺野古に巨大な米軍新基地を建設する方針の撤回、普天間基地の無条件撤去を強くもとめるとしている。日本共産党 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の政治

    2010年の政治から見た普天間基地普天間飛行場

    沖縄県名護市長選挙でアメリカ軍普天間基地の辺野古沖への移設に反対派で民主、共産、国民新各党推薦の稲嶺進が現職の島袋吉和を敗り当選。2010年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 住民投票条例

    住民投票条例から見た普天間基地普天間飛行場

    在日米軍普天間基地返還に伴う代替海上ヘリポート建設の是非を問う。「賛成」「条件付き賛成」「条件付き反対」「反対」の4つから選ぶ形式で、初めて3つ以上の選択肢から選択する形式の住民投票となった。結果「反対」が過半数を占めたが、市長はヘリポート建設受け入れを決め、初めて住民投票の結果が反映されない事態となった。当時の市長・比嘉鉄也は、この建設受け入れ発表後に辞任した。住民投票条例 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄返還

    沖縄返還から見た普天間基地普天間飛行場

    沖縄返還は実現したものの、課題は多く残されている。2010年現在も米軍専用施設面積の約74%が沖縄県に集中し、沖縄本島の19.3%が基地に占められる(県全体の基地の割合は10.7%)。たびたび引き起こされるアメリカ兵による事件が日米地位協定によってうやむやにされることも県民感情を逆撫でする。1995年(平成7年)の沖縄米兵少女暴行事件の際は大規模な抗議行動が行われた。2009年に成立した鳩山由紀夫政権は、宜野湾市市街地にある普天間基地を県外に移転することを事実上の選挙公約としたが、就任後は鳩山首相の発言が二転三転し、最終的に公約を破る形で辞任している。沖縄返還 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の政治

    2005年の政治から見た普天間飛行場普天間飛行場

    沖縄県宜野湾市にある米軍普天間飛行場の移設問題で、名護市の辺野古崎にある、米軍キャンプ・シュワブ兵舎地区に一部を海上に突き出す形で建設することで、日米両国が基本合意。2005年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 国道58号

    国道58号から見た普天間基地普天間飛行場

    国道58号の沖縄県内部分は、米軍が整備・指定したHighway No.1(那覇市 - 国頭村)がその起源となる。この道路は那覇軍港、普天間基地、嘉手納基地などを繋ぐ、基地の島・沖縄の大動脈であり、当時は緊急時の滑走路としての利用も考えられて作られていた。1952年4月1日の琉球政府発足後、琉球政府の道路法に基づき、読谷村大湾 - 名護町名護 - 国頭村奥は政府道一号線(政府道は日本の国道に相当)に認定されたが、那覇市明治橋 - 読谷村大湾は米軍が管理する軍道のままであった。なおこの時期は舗装はなされていたものの、歩道などの付属設備等はそれほど進んでいなかった。読谷村 - 名護町についても、政府道にはなっていたが、管理は米軍が行っていた。1972年4月25日、軍道の管理が琉球政府に移管された。以下に述べるように国道58号となった後も沖縄県内では一般には時に1号線と呼ばれた。国道58号 フレッシュアイペディアより)

114件中 81 - 90件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード