88件中 21 - 30件表示
  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た思いやり予算

    基地の周りに住宅地が密集している状況については、二つの側面がある。ひとつは、普天間基地の周辺は沖縄戦での激戦地区で、戦後は、日米両軍の不発弾の埋もれた危険地域であり、米軍により不発弾処理がなされたあと、民間人の収容所として確保された点である(もともとの住民が戻ってきただけという話もある)。もうひとつは、基地建設後、本土復帰以降に顕著となった日本政府の思いやり予算に則した基地行政などにより、周辺住民が基地に依存した地域社会を形成し現在のような住宅密集地域となった事実である。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たバリアフリー

    住宅防音工事(同法4条に基づく)については宜野湾市、浦添市、北中城村において1979年度より助成を開始し、1999年度時点で約17000世帯に対して308億円が投じられている。また、当該工事により設置した空気調和設備の機能復旧工事(経年劣化による設備更新など)に約3億円を助成した。1999年度より新規施策として生活様式の変化に適応するための防音区画改善工事(バリアフリー住宅等に対する住宅防音工事)などにも助成を実施している。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た不発弾

    基地の周りに住宅地が密集している状況については、二つの側面がある。ひとつは、普天間基地の周辺は沖縄戦での激戦地区で、戦後は、日米両軍の不発弾の埋もれた危険地域であり、米軍により不発弾処理がなされたあと、民間人の収容所として確保された点である(もともとの住民が戻ってきただけという話もある)。もうひとつは、基地建設後、本土復帰以降に顕著となった日本政府の思いやり予算に則した基地行政などにより、周辺住民が基地に依存した地域社会を形成し現在のような住宅密集地域となった事実である。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た日本トランスオーシャン航空

    普天間飛行場は一貫して軍用飛行場として、軍用機及び軍による民間チャーター機に使用されてきたが、例外的に民間機の定期便の発着が行われた事例が存在する。那覇空港滑走路補修工事に伴い、1969年1月27日から31日までの間、南西航空(現・日本トランスオーシャン航空)の発着に使用されている。なお、その他の航空会社は嘉手納飛行場を使用した。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たバー (酒場)

    本飛行場は航空基地として総合的に整備されており、滑走路のほか、駐留各航空部隊が円滑に任務遂行できるための諸施設として、格納庫、通信施設、整備・修理施設、部品倉庫、部隊事務所、消防署、PX、クラブ、バー、診療所などが存在する。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たV-107

    第262海兵中型ヘリコプター飛行隊(CH-46Eを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た宜野湾市

    普天間飛行場(ふてんまひこうじょう、Marine Corps Air Station Futenma)は、日本の沖縄県宜野湾市にあるアメリカ合衆国軍海兵隊の飛行場。通称は普天間基地(ふてんまきち、MCAS FUTENMA)で、地元宜野湾市民は単に「基地」と呼ぶ。2,700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た琉球政府

    1950年12月 - GHQ下の極東軍司令部は1950年7月1日に遡及し、米軍が占領した民有地の借料の支払いを開始するように琉球民政府に指示。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律

    1981年7月18日 - 「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」に基づき第1種区域(住宅防音工事対象区域)を指定(4740世帯)。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た第1海兵航空団

    第1海兵航空団司令部飛行隊(UC-35Dサイテーションを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード