108件中 31 - 40件表示
  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た日本トランスオーシャン航空

    普天間飛行場は一貫して軍用飛行場として、軍用機及び軍による民間チャーター機に使用されてきたが、例外的に民間機の定期便の発着が行われた事例が存在する。那覇空港滑走路補修工事に伴い、1969年1月27日から31日までの間、南西航空(現・日本トランスオーシャン航空)の発着に使用されている。なお、その他の航空会社は嘉手納飛行場を使用した。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た朝日新聞社

    基地の周りに住宅地が密集している状況にあり、朝日新聞社発行の『知恵蔵』では「世界一危険な基地」とされているが、これについては二つの側面がある。ひとつは、普天間基地の周辺は沖縄戦での激戦地区で、戦後は、日米両軍の不発弾の埋もれた危険地域であり、米軍により不発弾処理がなされたあと、民間人の収容所として確保された点(もともとの住民が戻ってきただけという話もある)、もうひとつは、基地建設後、本土復帰以降に顕著となった日本政府の思いやり予算に則した基地行政などにより、周辺住民が基地に依存した地域社会を形成し現在のような住宅密集地域となったという点である。ただし、那覇市のベッドタウンとして発展しており、那覇へ近い南西側の海浜地区の発展が著しく、普天間基地は市の発展に地勢的に蓋をしているという意見もある。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たバー (酒場)

    本飛行場は航空基地として総合的に整備されており、滑走路のほか、駐留各航空部隊が円滑に任務遂行できるための諸施設として、格納庫、通信施設、整備・修理施設、部品倉庫、部隊事務所、消防署、PX(売店)、クラブ、バー、診療所などが存在する。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た琉球新報

    林公則はアメリカの情報公開法を使って普天間などの米軍基地における燃料漏れ事故の情報を入手し、琉球新報等で公開している。それによれば、普天間では1999年から2006年までの8年間で16回発生しているが通報されたのは1回だけであると言う。一方、事故件数は同期間の横田の90回よりは少ないが、これは空軍と海兵隊の指令の違いによると分析している。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た琉球政府

    1950年12月 - GHQ下の極東軍司令部は1950年7月1日に遡及し、米軍が占領した民有地の借料の支払いを開始するように琉球民政府に指示。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律

    1981年7月18日 - 「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」に基づき第1種区域(住宅防音工事対象区域)を指定(4740世帯)。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た第1海兵航空団

    第1海兵航空団司令部飛行隊(UC-35Dサイテーションを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た防衛施設庁

    1972年5月15日 - 沖縄返還に合わせて事務が琉球政府から日本政府(防衛施設庁那覇防衛施設局)に引き継がれ、日米地位協定第二条第一項(a)に基づく米軍施設および区域と定義される。また、普天間海兵隊飛行場、普天間陸軍補助施設、普天間海兵隊飛行場通信所の3施設が統合され、普天間飛行場として提供施設、区域となる。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た沖国大米軍ヘリ墜落事件

    2004年8月13日 - 海兵隊所属のCH-53Dの内1機が、普天間飛行場に隣接する沖縄国際大学の構内に墜落。乗員3名負傷。民間への人身被害はなし。社会問題として大きく取り上げられる(詳しくは沖国大米軍ヘリ墜落事件)。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たキャンプ・フォスター

    宜野湾市は沖縄本島中部、那覇市の北約10kmにある。普天間は宜野湾市の地名から命名。普天間飛行場(FAC6051)は宜野湾市大山二丁目に所在しており、その面積は約4.8km2である(宜野湾市野嵩・新城・上原・中原・赤道・大山・真志喜・字宜野湾・大謝名にまたがる)。これは宜野湾市の面積(19.5km2)の約25%にあたる。普天間飛行場を見渡せる場所として、佐喜眞美術館や嘉数高台公園などがある。宜野湾市は過去に発行した広報資料にて那覇都市圏を構成する沖縄県の中でもっとも人口が過密な地帯の一部であり、普天間飛行場、キャンプ・フォスター(FAC6044、面積:160ha)、陸軍貯油施設(FAC6076、面積2ha)を除くと使用可能な市域の面積が1294haとなり、1995年の時点で人口密度(約6252人/km2)になると説明している。これは、横田飛行場周辺自治体の人口密度に概ね相当する。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

108件中 31 - 40件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード