108件中 41 - 50件表示
  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たV-22

    第262海兵中型ティルトローター飛行隊(VMM-262)"Flying Tigers"(MV-22Bを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た格納庫

    本飛行場は航空基地として総合的に整備されており、滑走路のほか、駐留各航空部隊が円滑に任務遂行できるための諸施設として、格納庫、通信施設、整備・修理施設、部品倉庫、部隊事務所、消防署、PX(売店)、クラブ、バー、診療所などが存在する。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たAH-1W スーパーコブラ

    海兵軽/攻撃ヘリコプター分遣隊(主にカリフォルニア州の第39海兵航空群からの分遣隊)(AH-1W、UH-1N を配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たプロペラ機

    1945年 - 沖縄戦の最中に、宜野湾一帯がアメリカ軍の支配下に置かれると、アメリカ陸軍工兵隊の発注により中頭郡宜野湾村(現・宜野湾市)の一部土地を接収し、プロペラ機時代としては破格の規模となる2,400m級の滑走路を持つ飛行場が建設された。沖縄戦自体は6月23日に組織的戦闘が終結したとされるが、建設は続けられた。当時の目的は日本本土決戦(連合軍側から見た場合ダウンフォール作戦)に備えるためであり、兵員及び物資の輸送に供することであった。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たFIM-43 (ミサイル)

    1983年初頭 - 携帯SAMレッド・アイを装備する第1前線地域防空中隊(4個小隊で構成)が配備(同年末1個小隊を増強しスティンガーへ更新)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たセスナ サイテーション

    第1海兵航空団司令部飛行隊(UC-35Dサイテーションを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た電気料金

    学校等の公共施設の騒音防止対策事業としては、航空機騒音の防止・軽減対策として1974年度から1999年度まで、宜野湾市をはじめとする関係自治体に対して総計225億円の助成を実施した。また、当該工事を実施した施設の内小学校、中学校、高等学校、幼稚園、保育所に設置した空気調和設備の稼動に伴う電気料金についても助成を実施し、1999年度までの総計では38億円となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た倉庫

    本飛行場は航空基地として総合的に整備されており、滑走路のほか、駐留各航空部隊が円滑に任務遂行できるための諸施設として、格納庫、通信施設、整備・修理施設、部品倉庫、部隊事務所、消防署、PX(売店)、クラブ、バー、診療所などが存在する。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た運動場

    民生安定施設の助成は同法8条に基づく。一般助成事業として、屋外運動場、体育館、特別集会施設、無線放送施設等の生活環境施設を主体として、その他花卉類の集出荷施設、栽培用温室、農民研修施設等の事業運営の安定に寄与する施設について、1979年度より助成を開始し、1999年度時点で総計は約28億円となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たアメリカ空軍

    1960年5月 - 施設管理権がアメリカ空軍からアメリカ海兵隊へ移管された。民有地については、琉球政府が住民から土地を一括で借り上げたうえで米海兵隊に又貸しをし、軍用地料(基地・飛行場の土地賃借料)についてはアメリカ側から琉球政府に支払われたものを住民に分配する方法が採られた。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

108件中 41 - 50件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード