88件中 51 - 60件表示
  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た職務質問

    しかし、『航空ファン』2010年6月号によれば、2001年のアメリカ同時多発テロ事件や2004年の沖国大米軍ヘリ墜落事件を経て年々警備が厳しくなり、来場者にとって持ち物検査は要注意対象となっている。一般の基地開放と異なる点は身分証の提示が厳密化しているほか、2009年より一眼レフカメラとビデオカメラの持込みが禁止となっていることであり、規則を守らない者には退去が命じられているという。2009年の実績では持ち込み可能なのはコンパクトデジタルカメラまでであった。警備には沖縄県警より機動隊員が動員されており、基地周辺で撮影を行うスポッターに対しても職務質問が実施されている(警察マニアにとっては警備そのものも目標であるためある種のチャンスではある)。県外にはこのような情報は中々伝わらないので同誌はこのイベント目当てで来沖する人に注意を呼びかけている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たスティンガーミサイル

    1983年初頭 - 携帯SAMレッド・アイを装備する第1前線地域防空中隊(4個小隊で構成)が配備(同年末1個小隊を増強しスティンガーへ更新)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た公民館

    防音助成事業として、学習等供用施設、公民館、保険相談センター、庁舎等について、1964年度から助成を開始し、1999年度時点までで総計38億円となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たキャンプ・ハンセン

    1998年7月23日 - キャンプ・ハンセン内で、海兵隊所属のUH-1Nの内1機が墜落。乗員4名が軽傷。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たC-12 (航空機)

    第36海兵航空群司令部飛行隊(UC-12Fを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た自警団

    1980年 米兵、一部一般市民の犯罪に対抗して周辺住民が組織していた自警団制度が廃止。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たナイキミサイル

    1953年 - 滑走路が2,800メートル(9,000フィート)に延長され、ナイキミサイルが配備された。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たGHQ

    1950年12月 - GHQ下の極東軍司令部は1950年7月1日に遡及し、米軍が占領した民有地の借料の支払いを開始するように琉球民政府に指示。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た温室

    民生安定施設の助成は同法8条に基づく。一般助成事業として、屋外運動場、体育館、特別集会施設、無線放送施設等の生活環境施設を主体として、その他花卉類の集出荷施設、栽培用温室、農民研修施設等の事業運営の安定に寄与する施設について、1979年度より助成を開始し、1999年度時点で総計は約28億円となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たCH-53E

    海兵重ヘリコプター分遣隊(主にカリフォルニア州ミラマーの第16海兵航空群からの分遣隊)(CH-53Eを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

88件中 51 - 60件表示