108件中 51 - 60件表示
  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た喜屋武岬

    1989年5月30日 - 第265海兵中型ヘリ中隊所属のCH-46が夜間上陸演習に参加中、1機が揚陸艦デンバーから離陸直後喜屋武岬の南32kmの海上に墜落。乗員22名中14名が行方不明。8名救助。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た北部訓練場

    1975年6月24日 - 第164ヘリ中隊所属のCH-46の内1機が、北部訓練場内の国頭村安波ダム建設現場の工事資材運搬用ワイヤーロープに接触し墜落。乗員3名死亡。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た駐機場

    1978年1月 - ハンビー飛行場の返還に伴って格納庫、駐機場、隊舎等を移設。1979年3月完成。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た駐車場

    一方、駐車場については会場に隣接して設けられており、初めての来場者でも余り問題がない。他の開放イベントで見られるように基地内へのシャトルバスも運行されている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た本土復帰

    本飛行場に関係する周辺対策事業は他の自衛隊・在日米軍施設同様「防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律」を根拠法とし(以下本節で同法と呼ぶ)、下記が実施されてきた。本飛行場の特徴は、本土の基地では1960年代から開始されている事業でも、日本国の周辺対策事業としては開始時期が1972年度の本土復帰以降となっていることである。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た揚陸艦

    1989年5月30日 - 第265海兵中型ヘリ中隊所属のCH-46が夜間上陸演習に参加中、1機が揚陸艦デンバーから離陸直後喜屋武岬の南32kmの海上に墜落。乗員22名中14名が行方不明。8名救助。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たCH-53 (航空機)

    1976年11月4日 - 第462大型ヘリ中隊所属のCH-53が久米島から那覇向け飛行中、エンジン故障のため渡嘉敷村のナガンヌ島(俗称砂島)付近の海上(那覇西方16km)に墜落。乗員4名(全員)行方不明。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た職務質問

    しかし、『航空ファン』2010年6月号によれば、2001年のアメリカ同時多発テロ事件や2004年の沖国大米軍ヘリ墜落事件を経て年々警備が厳しくなり、来場者にとって持ち物検査は要注意対象となっている。一般の基地開放と異なる点は身分証の提示が厳密化しているほか、2009年より一眼レフカメラとビデオカメラの持込みが禁止となっていることであり、規則を守らない者には退去が命じられているという。2009年の実績では持ち込み可能なのはコンパクトデジタルカメラまでであった。警備には沖縄県警より機動隊員が動員されており、基地周辺で撮影を行うスポッターに対しても職務質問が実施されている(警察マニアにとっては警備そのものも目標であるためある種のチャンスではある)。県外にはこのような情報は中々伝わらないので同誌はこのイベント目当てで来沖する人に注意を呼びかけている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たスティンガーミサイル

    1983年初頭 - 携帯SAMレッド・アイを装備する第1前線地域防空中隊(4個小隊で構成)が配備(同年末1個小隊を増強しスティンガーへ更新)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た公民館

    防音助成事業として、学習等供用施設、公民館、保険相談センター、庁舎等について、1964年度から助成を開始し、1999年度時点までで総計38億円となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

108件中 51 - 60件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード