108件中 61 - 70件表示
  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たキャンプ・ハンセン

    1998年7月23日 - キャンプ・ハンセン内で、海兵隊所属のUH-1Nの内1機が墜落。乗員4名が軽傷。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たC-12 (航空機)

    第36海兵航空群司令部飛行隊(UC-12Fを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たナイキミサイル

    1953年 - 滑走路が2,800メートル(9,000フィート)に延長され、ナイキミサイルが配備された。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た温室

    民生安定施設の助成は同法8条に基づく。一般助成事業として、屋外運動場、体育館、特別集会施設、無線放送施設等の生活環境施設を主体として、その他花卉類の集出荷施設、栽培用温室、農民研修施設等の事業運営の安定に寄与する施設について、1979年度より助成を開始し、1999年度時点で総計は約28億円となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たCH-53E

    海兵重ヘリコプター分遣隊(主にカリフォルニア州ミラマーの第16海兵航空群からの分遣隊)(CH-53Eを配備)普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た本土決戦

    1945年 - 沖縄戦の最中に、宜野湾一帯がアメリカ軍の支配下に置かれると、アメリカ陸軍工兵隊の発注により中頭郡宜野湾村(現・宜野湾市)の一部土地を接収し、プロペラ機時代としては破格の規模となる2,400m級の滑走路を持つ飛行場が建設された。沖縄戦自体は6月23日に組織的戦闘が終結したとされるが、建設は続けられた。当時の目的は日本本土決戦(連合軍側から見た場合ダウンフォール作戦)に備えるためであり、兵員及び物資の輸送に供することであった。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た中城村

    1976年10月 - ベトナム戦争終結後の海兵隊再編に伴い、上級司令部たる第1海兵航空団司令部が岩国よりキャンプ・バトラー(中城村)に移駐し、機能強化が図られた。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た内閣官房長官

    上記とは別に、本飛行場を初めとする沖縄米軍基地問題の全国的な注目によって、1997年度より「沖縄米軍基地所在市町村に関する懇談会」(通称、島田懇)が設置され、宜野湾市など本飛行場周辺自治体も参加している。島田懇は内閣官房長官に事業の提案を行い、予算化される。国側の窓口機関としては当初防衛施設庁那覇防衛施設局(防衛省統合後沖縄防衛局)が一部を担当している。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た情報公開法

    林公則はアメリカの情報公開法を使って普天間などの米軍基地における燃料漏れ事故の情報を入手し、琉球新報等で公開している。それによれば、普天間では1999年から2006年までの8年間で16回発生しているが通報されたのは1回だけであると言う。一方、事故件数は同期間の横田の90回よりは少ないが、これは空軍と海兵隊の指令の違いによると分析している。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た佐喜眞美術館

    宜野湾市は沖縄本島中部、那覇市の北約10kmにある。普天間は宜野湾市の地名から命名。普天間飛行場(FAC6051)は宜野湾市大山二丁目に所在しており、その面積は約4.8km2である(宜野湾市野嵩・新城・上原・中原・赤道・大山・真志喜・字宜野湾・大謝名にまたがる)。これは宜野湾市の面積(19.5km2)の約25%にあたる。普天間飛行場を見渡せる場所として、佐喜眞美術館や嘉数高台公園などがある。宜野湾市は過去に発行した広報資料にて那覇都市圏を構成する沖縄県の中でもっとも人口が過密な地帯の一部であり、普天間飛行場、キャンプ・フォスター(FAC6044、面積:160ha)、陸軍貯油施設(FAC6076、面積2ha)を除くと使用可能な市域の面積が1294haとなり、1995年の時点で人口密度(約6252人/km2)になると説明している。これは、横田飛行場周辺自治体の人口密度に概ね相当する。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

108件中 61 - 70件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード