1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示
  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たデンバー (ドック型輸送揚陸艦)

    1989年5月30日 - 第265海兵中型ヘリ中隊所属のCH-46が夜間上陸演習に参加中、1機が揚陸艦デンバーから離陸直後喜屋武岬の南32kmの海上に墜落。乗員22名中14名が行方不明。8名救助。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たワイヤ

    1975年6月24日 - 第164ヘリ中隊所属のCH-46の内1機が、北部訓練場内の国頭村安波ダム建設現場の工事資材運搬用ワイヤーロープに接触し墜落。乗員3名死亡。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見たベトナム戦争

    1976年10月 - ベトナム戦争終結後の海兵隊再編に伴い、上級司令部たる第1海兵航空団司令部が岩国よりキャンプ・バトラー(中城村)に移駐し、機能強化が図られた。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た排水路

    障害防止対策事業(同法3条に基づく)の内一般障害防止については、本飛行場の設置に伴う形質変更に起因する洪水被害の障害を防止、または軽減するための排水路改修工事への助成があり、1972年度から1992年度まで宜野湾市34億円の助成を実施した。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た朝鮮戦争

    1950年 - 朝鮮戦争勃発に伴い沖縄の戦略的価値が見直され、基地の恒久化を目的とした建設が進められることとなった。普天間もこれによる影響を受けていく。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た体育館

    民生安定施設の助成は同法8条に基づく。一般助成事業として、屋外運動場、体育館、特別集会施設、無線放送施設等の生活環境施設を主体として、その他花卉類の集出荷施設、栽培用温室、農民研修施設等の事業運営の安定に寄与する施設について、1979年度より助成を開始し、1999年度時点で総計は約28億円となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た沖縄県

    普天間飛行場(ふてんまひこうじょう、Marine Corps Air Station Futenma)は、日本の沖縄県宜野湾市にあるアメリカ合衆国軍海兵隊の飛行場。通称は普天間基地(ふてんまきち、MCAS FUTENMA)で、地元宜野湾市民は単に「基地」と呼ぶ。2,700mの滑走路を持ち、嘉手納基地と並んで沖縄におけるアメリカ軍の拠点となっている。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間飛行場

    普天間飛行場から見た格納庫

    本飛行場は航空基地として総合的に整備されており、滑走路のほか、駐留各航空部隊が円滑に任務遂行できるための諸施設として、格納庫、通信施設、整備・修理施設、部品倉庫、部隊事務所、消防署、PX、クラブ、バー、診療所などが存在する。普天間飛行場 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示

「普天間飛行場移設問題」のニューストピックワード