前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 普通社債

    普通社債から見た東京電力

    日本国内の企業が発行するものは、額面が1億円のものが多い。これは会社法702条の定める社債管理者の不設置要件を充足するためである。ただ、例外的に東京ガスや東京電力のように10万円の額面を発行する企業、100万円の額面を発行する企業もみられる。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た新株予約権付社債

    転換社債や新株予約権付社債とは異なり、オプションが付かない普通の債券であるため、償還までに単価の変動はあるものの微々たるもので、元本に対する値上がり益を期待することはほぼ不可能である。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た転換社債

    転換社債や新株予約権付社債とは異なり、オプションが付かない普通の債券であるため、償還までに単価の変動はあるものの微々たるもので、元本に対する値上がり益を期待することはほぼ不可能である。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た定期預金

    投資家側から見ても、経営基盤のしっかりした信頼が置ける企業の普通社債であれば、銀行の定期預金より高利回りである上、償還まで待てばほぼ確実に元本が戻ることから、株式のようなリスク商品を敬遠する投資家でも買うケースが多い。ただし、発行元企業が倒産した場合は償還が不可能となり、投資資産は回収できない。安全性は高い(ローリスク)もののリスクはゼロではない。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た企業

    投資家側から見ても、経営基盤のしっかりした信頼が置ける企業の普通社債であれば、銀行の定期預金より高利回りである上、償還まで待てばほぼ確実に元本が戻ることから、株式のようなリスク商品を敬遠する投資家でも買うケースが多い。ただし、発行元企業が倒産した場合は償還が不可能となり、投資資産は回収できない。安全性は高い(ローリスク)もののリスクはゼロではない。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た投資家

    上場企業では、銀行からの借り入れ(間接金融)より、市場(ここでは主に証券取引所)を介して投資家から資金調達(直接金融)するメリットの方が大きい。これは、銀行から融資を受けるよりも低利率で資金調達できるからである。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た融資

    上場企業では、銀行からの借り入れ(間接金融)より、市場(ここでは主に証券取引所)を介して投資家から資金調達(直接金融)するメリットの方が大きい。これは、銀行から融資を受けるよりも低利率で資金調達できるからである。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た株式

    投資家側から見ても、経営基盤のしっかりした信頼が置ける企業の普通社債であれば、銀行の定期預金より高利回りである上、償還まで待てばほぼ確実に元本が戻ることから、株式のようなリスク商品を敬遠する投資家でも買うケースが多い。ただし、発行元企業が倒産した場合は償還が不可能となり、投資資産は回収できない。安全性は高い(ローリスク)もののリスクはゼロではない。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見た銀行

    上場企業では、銀行からの借り入れ(間接金融)より、市場(ここでは主に証券取引所)を介して投資家から資金調達(直接金融)するメリットの方が大きい。これは、銀行から融資を受けるよりも低利率で資金調達できるからである。普通社債 フレッシュアイペディアより)

  • 普通社債

    普通社債から見たリスク

    投資家側から見ても、経営基盤のしっかりした信頼が置ける企業の普通社債であれば、銀行の定期預金より高利回りである上、償還まで待てばほぼ確実に元本が戻ることから、株式のようなリスク商品を敬遠する投資家でも買うケースが多い。ただし、発行元企業が倒産した場合は償還が不可能となり、投資資産は回収できない。安全性は高い(ローリスク)もののリスクはゼロではない。普通社債 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「普通社債」のニューストピックワード

  • タイ・オリックス・リーシング

  • バッティングセンターでホームランを打つまで帰れない!

  • 樋口新葉ら出場/GP最終戦NHK杯速報