前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示
  • 北海道の気候

    北海道の気候から見た猛暑日猛暑

    春から夏にかけて、フェーン現象が起こりやすく、内陸では猛暑日を記録することもあるなど、上川盆地と共に北海道内で最も高温となる地域である。フェーン現象により5月や6月でも真夏日を観測することもある。しかしながら、暑さは長続きせず、オホーツク海高気圧が停滞する時期には、季節が逆戻りしたかのように、冷たい雨やみぞれが降るほどの気温へ急降下することさえある。そして、盛夏期にあたる7月下旬から8月中旬頃にかけて、太平洋高気圧が勢力を増すと、再び暑さがぶり返すなど、気温差が非常に大きい。また、紋別や宇登呂などの沿岸部では真夏にフェーン現象が起こると熱帯夜を記録することさえある。冬季は流氷が接岸する2月に最も寒くなり、内陸を中心に氷点下20度以下の厳しい寒さとなる日が多い。また、降雪はそれほど多くはないが、冬の終わりころ発達した低気圧が湿ったドカ雪を降らし、大きな被害を受けることもある。特に冬型の気圧配置が長続きしない暖冬の年に降雪量が非常に多くなる。オホーツク地方は年間を通して日照時間が長く、晴天に恵まれた気候である。北海道の気候 フレッシュアイペディアより)

  • 四季

    四季から見た猛暑日猛暑

    日本の夏は湿度が高い。本州以南の地域ではとても蒸し暑くなるのが特徴である。日中の気温はおおむね30?35℃程度だが、ヨーロッパ地域の夏に比べ湿度が高いため気温以上に体感気温が高く感じやすい。なお湿度が高い理由は太平洋高気圧によるもので、太平洋上から蒸発した水蒸気が高気圧に混じり高湿度の状態で日本列島をすっぽり覆うために起こる。ここ数年では地球温暖化現象により7月になると猛暑日と呼ばれる最高気温が35℃以上の日が続くようになり、内陸部や都市部を中心に稀に40℃以上の危険な暑さになることもある。四季 フレッシュアイペディアより)

  • 豊後大野市

    豊後大野市から見た猛暑猛暑

    地形は盆地に近い地形となっている。そのため、夏季には日田市・竹田市・玖珠郡玖珠町と共に日最高気温35℃以上の猛暑になることが多い。2007年5月27日には市内の犬飼で気温36.1℃を観測し、気象庁が同年3月に新設した「猛暑日」(最高気温が35℃以上の日)を全国で初めて記録した。その後、翌2008年7月27日には太平洋高気圧の勢力が強く、フェーン現象の影響で気温39.0℃の猛烈な暑さを観測し、地点の観測史上記録を更新した。豊後大野市 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た猛暑猛暑

    地球の気候に関しては、1970年代には「地球寒冷化」の可能性が取りざたされたこともあった。しかしこの寒冷化説は根拠に乏しく、科学的に調べていく過程で、実は地球が温暖化していることが明らかとなっていった。一般の間でも寒冷化説が広まっていたが、1988年にアメリカ上院の公聴会におけるJ.ハンセンの「最近の異常気象、とりわけ暑い気象が地球温暖化と関係していることは99%の確率で正しい」という発言が、「地球温暖化による猛暑説」と報道され、これを契機として地球温暖化説が一般にも広まり始めた。国際政治の場においても、1992年6月の環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)にて気候変動枠組条約が採択され、定期的な会合(気候変動枠組条約締約国会議、COP)の開催が規定された。研究が進むにつれ、地球は温暖化しつつあり、人類の排出した温室効果ガスがそれに重要な役割を果たしているということは、議論や研究が進む中で科学的な合意(コンセンサス)となっていった。このコンセンサスは2001年のIPCC第3次評価報告書(TAR)、2006年のスターン報告、2007年のIPCC第4次評価報告書(AR4)などによって集約された。問題提起から約20年を経て、その対策の必要性は国際的かつ学術的に広く認められるに至っている。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の猛暑 (日本)

    2010年の猛暑 (日本)から見た猛暑猛暑

    2010年の猛暑(2010 ねんのもうしょ)とは、2010年の夏に日本の広範囲を襲った観測史上1位の猛暑である。「観測史上最も暑い夏」、特に8月は「観測史上最も暑い1ヶ月」と呼ばれている。この夏は長期間にわたって記録的な高温が続いた。気象庁は同年9月1日、この猛暑を30年に1度の異常気象と認定した。2010年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 寒春

    寒春から見た猛暑猛暑

    この年は平年より2℃以上も低い戦後有数の異常寒冬(五九豪雪)としても知られ、冬の低温傾向が春にかけても異常な低温が継続し1936年に次ぐ観測史上2番目の寒春となった。多くの主要都市で3月でありながら10日以上も冬日を記録して降雪や凍結を多く観測し、積雪も観測された。さらに前年11月と4?5月も極度の低温で半年以上にわたって異常低温で経過し4月下旬から5月上旬にかけて北海道と東北北部で季節外れの豪雪となり、ゴールデンウィークでありながら北日本での豪雪と真冬並みの積雪が度々報道された。さらに全国的に低温に加え曇りや雨、雪の日が多く天候不順で日照時間も著しく少なかったため新緑や発芽が例年よりもかなり遅く、桜の開花や満開も観測史上最も遅い記録を更新した。この年は真冬並みかそれ以上に強い寒気の流れ込みが春以降も3ヶ月通して継続的に続いたことに加え各地に大雪と荒天をもたらす寒冷低気圧が度々通過したこと、北日本を中心に強い低温をもたらすオホーツク海高気圧が例年よりかなり早い4月頃から出現したため歴史的な寒春となった。この年の歴史的寒春はラニーニャ発生年の典型例であるが夏季は高温になる性質もあり、6月以降の夏は一転して全国的な高温傾向で経過し猛暑となった。寒春 フレッシュアイペディアより)

  • 梅雨

    梅雨から見た猛暑猛暑

    梅雨の時期が始まることを梅雨入りや入梅(にゅうばい)といい、社会通念上・気象学上は春の終わりであるとともに夏の始まり(初夏)とされる。また、梅雨が終わることを梅雨明けや出梅(しゅつばい)といい、これをもって本格的な夏(盛夏)の到来とすることが多い。ほとんどの地域では、気象当局が梅雨入りや梅雨明けの発表を行っている。梅雨の期間はふつう1か月から1か月半程度であるが、年によって前後する場合があり、そのような年は猛暑・少雨であったり冷夏・多雨であったりと、夏の天候が良くなく気象災害が起きやすい。梅雨 フレッシュアイペディアより)

  • 暖秋

    暖秋から見た猛暑猛暑

    この年は8月を除き、年間を通して高温で、秋も東日本を中心に顕著な暖秋となった。夏の猛暑や9月以降の残暑の影響で真夏日日数は全国的に多く年間真夏日の日数は東京都内で70日、大阪市で94日、熊本市では105日と各地で過去最多記録を塗り替えた。10月の平均気温は平年並みであった。また台風の上陸数が最も多かった年でもあり、9月には18号、21号が、10月には22号、23号が台風が相次いで上陸し全国各地で大雨や暴風による甚大な災害をもたらした。11月以降も寒気の南下は弱く2003年と並び、最も暖かい11月となっため、初霜や初氷の観測が平年よりかなり遅かった。暖秋 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た猛暑日猛暑

    空梅雨で降水量は少なく梅雨明け後は各地で最高気温が35℃を越す記録的な猛暑となり、各地で水不足となった。特に西日本で猛暑が著しく猛暑日の日数は大分県日田市で43日、京都市で28日、大阪市で20日に達した。秋以降も太平洋高気圧の勢力が例年以上に強かったため、9月も高温担ったが降水量は多かった。また台風の上陸が多く11月30日には台風28号が和歌山県白浜町に上陸し、観測史上最も遅い日本への上陸記録となった。また、この年はかなりの猛暑であったにも拘らず、ラニーニャ現象は起こっていない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本

    2001年の日本から見た猛暑猛暑

    夏は太平洋高気圧の勢力が例年以上に強く、前年に続き猛暑となった。但し、8月の台風11号通過後は一気に涼しくなったため秋の訪れは残暑が厳しい2000年代以降としては比較的秋の訪れも早い方であった。なお全国的に空梅雨気味だった。2001年の日本 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード