168件中 91 - 100件表示
  • 2004年の日本

    2004年の日本から見た猛暑猛暑

    全国で一年を通して平均気温が高かった。そのうち夏は各地で記録破りの猛暑になった。特に東日本では、一年間の平均気温が平年より 1.3℃ も高く、戦後で最も気温の高い年となった。2004年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 阿蘇山

    阿蘇山から見た猛暑日猛暑

    冬の訪れは、九州としてはかなり早く、11月初頭から中旬頃にかけて初雪を観測し、12月以降は本格的な冬となる。真冬になると気温は-10℃未満の日も珍しくなく、強い冬型の気圧配置になった場合は、山頂は-15℃程度まで低下する。最高気温0℃以下の真冬日は26日程度である。ただし、中国地方以東の山とは異なり根雪とはならず、近年では積雪は多くても100cmを超えることは無く、豪雪地帯には指定されていない。春の訪れも九州としては遅く、4月に入っても降雪や積雪を観測することがある。夏は標高が1,000メートル以上と高いため、これまで真夏日や猛暑日を観測したことは観測史上一度も無い。(最高気温の記録は2016年8月11日に観測された29.8℃。)また、避暑地としても利用できる。朝は最低気温が盛夏でも20℃未満となる日が多いが、15℃未満となる日は少ない。阿蘇山 フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ

    モスクワから見た猛暑猛暑

    2010年8月10日、モスクワ市登録局は、7月のモスクワ市内の死亡者が1万4340人で、前年同月の死亡者9516人の1.5倍にあがったことを明らかにした。記録的な猛暑や森林・泥炭火災のスモッグによる健康被害が影響していると見られている。ドイツ・オーストラリア・カナダなどがモスクワにある大使館の外交官や家族を一時退去させるなどの影響が出た。非常事態省は、同国では500カ所以上で森林・泥炭火災が続き、火災面積は17万4000ヘクタールに拡大しているとしている。モスクワ フレッシュアイペディアより)

  • 平成2年台風第28号

    平成2年台風第28号から見た猛暑猛暑

    台風28号のように11月下旬に上陸した台風は前例がなく、観測史上最も遅い上陸となった。この原因については、1990年の夏は記録的な猛暑で太平洋高気圧の勢力が強く、秋以降になっても高気圧は後退せず、記録的な暖秋となっていた。また、偏西風の位置が北に押し上げられており、台風は偏西風に流されずに紀伊半島に到達したものと考えられている。平成2年台風第28号 フレッシュアイペディアより)

  • 重慶市

    重慶市から見た猛暑日猛暑

    盆地であるが故に夏は酷暑となり7月の平均気温は28.3度に達し、湿度も高く非常に蒸し暑く不快指数は非常に高く、日中は猛暑日となり、最低気温が30度を下回らないことも珍しくない。いずれも長江流域の武漢、南京と並んで「三大火炉」と呼ばれている。冬季の1月の平均気温は7.9度、平均最低気温は6.2度と内陸盆地にあるのにも関わらずかなり温暖であるが、これは秦嶺山脈が北からの寒気を遮ることと、日照時間が少なく常に曇っているため放射冷却が少ないからである。年中曇りや雨の日が多く、中国で最も日照時間が少ない都市のひとつである。重慶市 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年の日本

    1984年の日本から見た猛暑猛暑

    今夏はラニーニャ現象の影響を受け平年を上回る猛暑となり、この年は1年を通して台風が1つも上陸しなかったため、西日本を中心に水不足となった。1984年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉県

    埼玉県から見た猛暑日猛暑

    西部山間部・秩父地方 ・・・秩父盆地は典型的な内陸性の気候で冬寒く、夏暑くなる。一年を通して日較差が大きく、冬は秩父市内でも氷点下5度を下回る気温も珍しくないほどに冷え込み、1954年の1月27日には-15.8℃の低温を記録した。しかし、近年は都市化の影響などでの温暖化が著しく、1月平均最低気温は旧平年値の-4.8度から-4.2℃と大幅に上昇した。夏は日中はかなり暑くなり、埼玉県の他地域と同様猛暑日が多いが、熱帯夜は非常に稀で、1926年の観測開始以来7日しかない。冬季は南岸低気圧の接近により、他地域が雨の場合も秩父地方は雪となることがほとんどであり、稀に30cm前後の積雪を記録することもある。2001年と2005年には秩父市の年間降雪量が200cmを超えているなど、関東地方の都市の中では雪の多い地域である。秩父山地ではしばしば大雪となることもある。秋、春においても朝晩の気温はかなり下がるのが特徴である。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • 茨城県

    茨城県から見た猛暑日猛暑

    北部山間部:常陸大宮市や常陸太田市、大子町などが該当。冬季の冷え込みは筑波山を除くと県内では最も厳しく、時に-10前後の冷え込みとなることもある。大子では1月の平均最低気温が-5.5だが、夏の日中は猛暑日になるほど暑くなる。しかし、熱帯夜は稀であるなど内陸性の気候となっている。茨城県 フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本

    1986年の日本から見た猛暑猛暑

    寒冬だった割には、夏季は1984年とその翌年のような猛暑にはならなかった。オホーツク海高気圧の影響などで7月上旬 - 中旬には北日本で冷夏となり、それ以外でも梅雨明けが平年に比べて遅れたことから、夏日・真夏日は平年値を下回った。1986年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 唐津市

    唐津市から見た猛暑日猛暑

    太平洋側気候であるが、冬季に日照時間が少なくなる九州型気候区である。沿岸部においては一年を通して昼夜の寒暖の差が少なく、猛暑日・真冬日は滅多にない。台風の直撃が少なく、年間の最大風速は8m - 12m程度で、多くは冬の玄界灘の強風や春一番によるものである。年平均気温15℃、年間降水量1992mm、年間日照時間1783.9、平均風速2.1m/s(平年値、1979年-2000年の統計)。唐津市 フレッシュアイペディアより)

168件中 91 - 100件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード