168件中 11 - 20件表示
  • 2013年の日本

    2013年の日本から見た猛暑日猛暑

    8月10日 - 日本国内で2007年8月16日以来約6年ぶりに40度を越える気温を観測する猛暑、山梨県甲府市、高知県四万十市で日本国内史上4位となる40.7度を記録、観測927地点中290地点で猛暑日となる。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • うつくしま未来博

    うつくしま未来博から見た猛暑猛暑

    用地面積は約46ヘクタール。172億400万円の収入に対し、支出は160億300万円、約11億7千万円の黒字を計上した。開催期間中、200万人(県の総人口とほぼ同じ)の目標に対し165万7,002人が来場した。猛暑の影響で序盤の来場者は低調であったが、中盤からは1日あたりの入場者数が増加、最高となった9月23日には62,621人が来場した。うつくしま未来博 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本県

    熊本県から見た猛暑猛暑

    熊本市の年平均気温は約16 - 17℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場は気温が35℃を越す猛暑になることも少なくなく、夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。2005年には年間106日の真夏日を記録している。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中する。冬は降雪や積雪は少ないが朝方の冷え込みが厳しく、1981 - 2010年の統計によると1月は平均12.4日が最低気温0℃以下の冬日となる。熊本県 フレッシュアイペディアより)

  • 梅雨

    梅雨から見た猛暑猛暑

    梅雨の期間はふつう1か月から1か月半程度である。また、梅雨期の降水量は九州では500mm程度で年間の約4分の1・関東や東海では300mm程度で年間の約5分の1ある。西日本では秋雨より梅雨の方が雨量が多いが、東日本では逆に秋雨の方が多い(台風の寄与もある)。梅雨の時期や雨量は、年によって大きく変動する場合があり、例えば150mm程度しか雨が降らなかったり、梅雨明けが平年より2週間も遅れたりすることがある。そのような年は猛暑・少雨であったり冷夏・多雨であったりと、夏の天候が良くなく気象災害が起きやすい。梅雨 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年の日本

    2001年の日本から見た猛暑猛暑

    夏は太平洋高気圧の勢力が例年以上に強く、前年に続き猛暑となった。但し、8月の台風11号通過後は一気に涼しくなったため秋の訪れは残暑が厳しい2000年代以降としては比較的秋の訪れも早い方であった。なお全国的に空梅雨気味だった。2001年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の熱中症

    2011年の熱中症から見た猛暑猛暑

    2011年の特に夏は例年と比較してみると猛暑などといわれているように気温が高く人体にとって厳しい日々が続いている。そしてそれが原因となった熱中症を発している人が国内で多発していると報道されている。報道された記事の内容によると六月下旬の時点で熱中症で救急搬送された人の数は昨年の同時期と比較してみると約三倍であるとの事。そしてその中には熱中症を原因として死亡した人も存在している。2011年の熱中症 フレッシュアイペディアより)

  • 蛇尾川ダム

    蛇尾川ダムから見た猛暑猛暑

    2007年8月23日付け朝日新聞朝刊によると、8月22日は関東地方で猛暑となり、東京電力は電力供給能力不足が窮迫する恐れが有り最大出力30万Kwの発電量で13時12分から19時まで当発電所を稼動させた。蛇尾川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化に関する動きの歴史

    地球温暖化に関する動きの歴史から見た猛暑猛暑

    1988年6月23日、アメリカ上院エネルギー委員会の公聴会において、NASA所属のJ.ハンセンが行った「最近の異常気象、とりわけ暑い気象が地球温暖化と関係していることは99%の確率で正しい」との発言が、「地球温暖化による猛暑説」と報道された。これを契機として、当時の『ニューズウィーク』誌等の雑誌やTV放送等のメディアを通して、地球温暖化説が一般に広まり始めた。地球温暖化に関する動きの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の入場者数問題

    愛知万博の入場者数問題から見た猛暑猛暑

    7月に入ると、猛暑や長雨の為に早朝からの来場者数が減り、その影響で平日の来場者数が10万人を満たない日も多くなった。しかし、7月4日には、つくば科学博と同じく開幕から102日目で累計入場者数1,000万人を当初の想定より1ヶ月以上早く達成した。愛知万博の入場者数問題 フレッシュアイペディアより)

  • 降水セル

    降水セルから見た猛暑猛暑

    例えば、夏の安定した晴天の下で猛暑になり、山沿いを上昇気流が上昇したとする。すると、上昇気流は次第に冷やされてある高さまで上昇すると雲ができる。上昇気流が強ければ、下からどんどんと空気を押し上げるため雲から上にどんどんと上昇し、一部の冷やされた空気が次第に周囲に向かって吹き出してやがて下降し始める。下降した空気が、その下にある暖かい空気を押しやって、山に向かう上昇気流を促進する。このように、熱力学(気象熱力学)や力学(気象力学)的な原理から、自動的に気流の循環が確立していると認められた空気の塊を降水セルと呼ぶ。降水セル フレッシュアイペディアより)

168件中 11 - 20件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード