147件中 11 - 20件表示
  • 熊本県

    熊本県から見た猛暑猛暑

    熊本市の年平均気温は約16?17℃である。有明海に面しているが、熊本平野は金峰山と阿蘇山との間で盆地を形成するため、内陸型気候に近い。夏場は気温が35℃を越す猛暑になることも少なくなく、夕刻には『肥後の夕凪』と呼ばれる無風状態となるために非常に蒸し暑い。梅雨期の6月・7月には年平均降水量約2,000mmのうち約40%が集中する。冬は最低気温が氷点下まで下がることが度々あり、東京(大手町)より寒いことも多いが降雪や積雪は少ない。熊本県 フレッシュアイペディアより)

  • 降水セル

    降水セルから見た猛暑猛暑

    例えば、夏の安定した晴天の下で猛暑になり、山沿いを上昇気流が上昇したとする。すると、上昇気流は次第に冷やされてある高さまで上昇すると雲ができる。上昇気流が強ければ、下からどんどんと空気を押し上げるため雲から上にどんどんと上昇し、一部の冷やされた空気が次第に周囲に向かって吹き出してやがて下降し始める。下降した空気が、その下にある暖かい空気を押しやって、山に向かう上昇気流を促進する。このように、熱力学(気象熱力学)や力学(気象力学)的な原理から、自動的に気流の循環が確立していると認められた空気の塊を降水セルと呼ぶ。降水セル フレッシュアイペディアより)

  • 愛知万博の入場者数問題

    愛知万博の入場者数問題から見た猛暑猛暑

    7月に入ると、猛暑や長雨の為に早朝からの来場者数が減り、その影響で平日の来場者数が10万人を満たない日も多くなった。しかし、7月4日には、つくば科学博と同じく開幕から102日目で累計入場者数1000万人を当初の想定より1ヶ月以上早く達成した。愛知万博の入場者数問題 フレッシュアイペディアより)

  • 豊岡盆地

    豊岡盆地から見た猛暑日猛暑

    豊岡盆地は日本最後のコウノトリ(国の特別天然記念物)の生息地として知られ、世界でも類例のない野生復帰の取り組みにより、日本唯一のコウノトリの生息地となっている。また、日本有数の柳行李の産地として江戸時代に産業として確立したが、現在では日本有数の鞄産地として発展している。日本海側気候であり、夏季はフェーン現象の影響により気温が上昇しやすく、2010年(6 - 8月期)には猛暑日が32日と日本最多を記録した。豊岡盆地 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオーストラリア

    2009年のオーストラリアから見た猛暑猛暑

    2月7日-3月14日 - ビクトリア州森林火災(暗黒の土曜日)。被害は、死者210人、焼失家屋2,000棟以上、焼失面積421,000ヘクタールに達し、1983年の大規模山林火災「灰の水曜日」を大きく上回る、オーストラリア史上最悪の惨事となった。 1月末以来の記録的な猛暑と旱魃、強風が被害に拍車をかけたほか、一部の火災には放火によるものもあった 。2009年のオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • 蛇尾川ダム

    蛇尾川ダムから見た猛暑猛暑

    2007年8月23日付け朝日新聞朝刊によると、8月22日は関東地方で猛暑となり、東京電力は電力供給能力不足が窮迫する恐れが有り最大出力30万Kwの発電量で13時12分から19時まで当発電所を稼動させた。蛇尾川ダム フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の熱中症

    2011年の熱中症から見た猛暑猛暑

    2011年の特に夏は例年と比較してみると猛暑などといわれているように気温が高く人体にとって厳しい日々が続いている。そしてそれが原因となった熱中症を発している人が国内で多発していると報道されている。報道された記事の内容によると六月下旬の時点で熱中症で救急搬送された人の数は昨年の同時期と比較してみると約三倍であるとの事。そしてその中には熱中症を原因として死亡した人も存在している。2011年の熱中症 フレッシュアイペディアより)

  • 上大須ダム

    上大須ダムから見た猛暑猛暑

    木曽川水系における電源開発は木曽川本川を関西電力が、支流である飛騨川・長良川・揖斐川を中部電力が水利権の関係から棲み分けで実施していた。馬瀬川の岩屋ダム(岐阜県下呂市)の建設が本格化したことで「飛騨川流域一貫水力発電計画」は事実上の完了をみせたが、その後も中京圏の電力需要は首都圏や他の大都市圏と同様に上昇の一途をたどり、夏季は特に猛暑となる濃尾平野におけるピーク時の電力需要は供給力の限界に近づいていた。これに対応するための新規電源として、夜間の余剰電力を利用して貯水し、昼間の発電に備える揚水発電への期待が高まった。上大須ダム フレッシュアイペディアより)

  • 油木ダム

    油木ダムから見た猛暑猛暑

    このような目的から、油木ダムは力丸ダム、ます淵ダム、頓田第一・第二貯水池、畑ダム、松ヶ江ダムと共に「北九州市の水がめ」となっている。この後遠賀川河口堰(遠賀川)や平成大堰(山国川)・耶馬溪ダム(山移川)といった北九州市に水道を供給する国直轄の特定多目的ダムも完成し、これらのダム群によって北九州市・北九州工業地帯は安定した水道供給が行われた。しかし、近年の猛暑・空梅雨の影響で元来瀬戸内海気候で降水量の少ないこの地域は深刻な水不足が頻発。油木ダムも取水制限に踏み切ることが多い。このため水供給の強化を図る目的で、今川の東隣を流れる祓川の上流部に現在伊良原ダム(いらはらダム)が建設されている。油木ダム フレッシュアイペディアより)

  • 1994年の猛暑 (日本)

    1994年の猛暑 (日本)から見た猛暑猛暑

    1994年の猛暑(1994ねんのもうしょ)とは、1994年の夏に日本の広範囲を襲った猛暑である。1994年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

147件中 11 - 20件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード