168件中 31 - 40件表示
  • 擬似相関

    擬似相関から見た猛暑猛暑

    擬似相関の例として、ある街でのアイスクリームの売り上げを考えてみよう。アイスクリームの売り上げが最も高い時期には、プールでの溺死事故も最も多い。アイスクリームの売り上げ増が溺死増の原因(あるいは結果)であると主張することが、2つの事象間の擬似相関を暗に想定していることになる。実際には、猛暑が両方の原因であろう。猛暑は見えない潜在変数の例である。擬似相関 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートアイランド

    ヒートアイランドから見た猛暑日猛暑

    ふつう、都市化の前後を含めた長期のデータにより、都市部と郊外部の気温変化を比較することで、ヒートアイランドの進行状況をみる。平均気温、月平均の最高および最低気温のほか、夏日、真夏日、猛暑日、熱帯夜、冬日などの日数の変化も、間接的に気温の変化を表すデータであり有効とされている。なおヒートアイランドの評価においては、「N年前よりもX℃上昇した」のように絶対的な気温変化ではなく、「N年前との比較で地点Aよりも気温上昇がX℃大きかった」のような郊外部との比較を行うのが適切であるが、これは地球温暖化などによる広域的な気温変化の影響を取り除くためである。ヒートアイランド フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア電力危機

    カリフォルニア電力危機から見た猛暑猛暑

    2000年の夏に天然ガス価格の上昇、猛暑など様々な要因も重なって電力卸売価格が上昇を始め、州外からの電力調達設備が不十分だったために、ピーク時の料金が最高で7,500ドル/メガワット時にまでなった。この価格は消費電力1,200ワットのエアコン1時間分の電力の卸売価格が10ドル近い状態になる事を意味するが、電力会社は規制のためにこの卸売価格上昇を消費者に転嫁することができず逆ざや状態が発生した。発電会社は利益増加のために供給を抑えるとともに、長期契約より高値で売買できる短期の卸売に契約をシフトするなどの動きをみせた。2000年冬のオレゴン、ワシントンでの降雪量は例年に比して少なく、この為、2001年は、両州からカリフォルニアに回せる余剰電力も減少した。カリフォルニア電力危機 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父地方

    秩父地方から見た猛暑日猛暑

    秩父地方は中央高地式気候の特徴を持つ。盆地及び山地であるため、一日のうちの寒暖の差、冬と夏の気温差が非常に大きく、他の埼玉県の地域とは異なる気候である。冬の寒さは埼玉県の他の地域と比較しても厳しくしばしば雪となり、秩父市にある気象台で10cm以上の積雪を記録することもある。また、夏の気温はかなり高く埼玉県の他地域と同様猛暑日も見られるが、湿度が低く、熱帯夜になることもほとんどないためすごしやすい。天気予報においても「埼玉県南部、埼玉県北部、秩父地方」として独立で紹介されることが多い。秩父地方 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見た猛暑猛暑

    5月27日 - 大分県豊後大野市犬飼町でこの年初めて36.1℃の猛暑を観測。3月に気象庁が制定した「猛暑日」を初めて観測した。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見た猛暑日猛暑

    5月27日 - 大分県豊後大野市犬飼町でこの年初めて36.1℃の猛暑を観測。3月に気象庁が制定した「猛暑日」を初めて観測した。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • チベット高気圧

    チベット高気圧から見た猛暑猛暑

    日本付近では、夏季には対流圏下層を太平洋高気圧が広く覆っている。太平洋高気圧が平年よりも北西に偏り、その上、チベット高気圧が平年より東に張り出す年の夏は、猛暑になりやすいことが知られている。チベット高気圧 フレッシュアイペディアより)

  • 祓川 (福岡県)

    祓川 (福岡県)から見た猛暑猛暑

    現在、みやこ町犀川伊良原地区には県営伊良原ダムが建設されており、2017年までに竣工する予定である。この伊良原ダムは祓川の洪水調整、周辺の農業用水の確保、猛暑の影響で水不足に陥りやすい田川地区および北九州地方へ水道水を確保することを目的とする多目的ダムであり、1974年から建設が始まった。当初は2000年までに竣工する予定であったが用地買収などの遅れにより工事が進まず、竣工時期が二度に渡り変更され最終的には2017年となった。ダムの建設により犀川伊良原地区の集落がダム底に水没することになっており、住民への補償や付替道路の建設が進んでいる。祓川 (福岡県) フレッシュアイペディアより)

  • 油木ダム

    油木ダムから見た猛暑猛暑

    このような目的から、油木ダムは力丸ダム、ます淵ダム、頓田第一・第二貯水池、畑ダム、松ヶ江ダムと共に「北九州市の水がめ」となっている。この後遠賀川河口堰(遠賀川)や平成大堰(山国川)・耶馬溪ダム(山移川)といった北九州市に水道を供給する国直轄の特定多目的ダムも完成し、これらのダム群によって北九州市・北九州工業地帯は安定した水道供給が行われた。しかし、近年の猛暑・空梅雨の影響で元来瀬戸内海気候で降水量の少ないこの地域は深刻な水不足が頻発。油木ダムも取水制限に踏み切ることが多い。このため水供給の強化を図る目的で、今川の東隣を流れる祓川の上流部に現在伊良原ダム(いらはらダム)が建設されている。油木ダム フレッシュアイペディアより)

  • 平成28年台風第7号

    平成28年台風第7号から見た猛暑日猛暑

    16日夜から17日明け方にかけて千葉県と茨城県を中心に大雨が降った。茨城県土浦では1時間降水量65.5ミリを観測し、観測史上1位の記録を更新。その後17日朝以降は台風一過で晴れ、台風による暖かい空気の影響で群馬県館林市で39.6度を観測するなど、内陸部を中心に猛暑日となった。平成28年台風第7号 フレッシュアイペディアより)

168件中 31 - 40件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード