147件中 41 - 50件表示
  • 神奈川県

    神奈川県から見た猛暑日猛暑

    多摩丘陵・内陸平野部 ・・・東京の多摩地域とほぼ同じ気候であり、相模原市や厚木市の他、横浜市や川崎市の内陸地域なども該当する。冬は寒く、冬日の数もかなり多くなる。海老名市は1月の平均気温が県内のアメダス地点では最も低くなっており、平均最低気温が-0.7℃と氷点下であり、時に氷点下5度以下まで下がる。しばしば南岸低気圧による大雪をもたらし、1980年代以降でも30?40?前後の積雪を記録したこともある。夏は日中かなり暑くなり猛暑日も多い。人口枢密であるにも関わらず、この地域のアメダス気温観測地点は海老名しか存在しない。神奈川県 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た猛暑猛暑

    7月から8月中旬までのを中心とした顕著な高温傾向2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 鎌倉ものがたり

    鎌倉ものがたりから見た猛暑猛暑

    冷房が嫌いで、夫婦ともども猛暑には悩まされている。亜紀子が欲しがると、必ず止める。鎌倉ものがたり フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化

    地球温暖化から見た酷暑猛暑

    地球温暖化は、気温や水温を変化させ、海面上昇、降水量(あるいは降雪量)の変化やそのパターン変化を引き起こすと考えられている。洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性や、生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されている。大局的には地球温暖化は地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されている。ただし、個々の特定の現象を温暖化と直接結びつけるのは現在のところ非常に難しい。地球温暖化 フレッシュアイペディアより)

  • ガリガリ君

    ガリガリ君から見た猛暑猛暑

    2010年夏、猛暑の影響でガリガリ君の販売数量は通常を大きく上回る状況が続き、品薄状態となったため同社公式サイトで『「ガリガリ君」(各種)品薄状態についてのお詫び』を同年8月3日発表した。その後、増産体制が整い各種品薄状態が徐々に解消し、最後に残ったソーダについても品薄状態を解消し安定供給の目処がたったため、2010年9月28日より積極的な販売を再開した。ガリガリ君 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の猛暑 (日本)

    2007年の猛暑 (日本)から見た猛暑猛暑

    2007年の猛暑(2007ねんのもうしょ)とは、2007年の夏に日本の広範囲を襲った猛暑である。7月に南西諸島、8月に本州内陸部を中心とした北海道から九州までの地域、9月には瀬戸内海沿岸部と九州北部を中心とした日本全域で、暑さに見舞われた。当時としては記録的な猛暑であったが、3年後の2010年はこの年を大幅に上回る観測史上1位の高温を記録したので、それ以降はあまり目立たず風化してしまった。更に2011年も夏平均で第4位、翌年の8月は第3位、9月は第1位の高温を記録している。2007年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の猛暑 (日本)

    2007年の猛暑 (日本)から見た猛暑日猛暑

    梅雨が遅くなった影響で、7月は九州南部や南西諸島を除いて低温・多雨となり、本州と北海道では平均気温が平年より0.8-1.7℃程低かった。しかし、梅雨が明けて8月に入ると太平洋高気圧の張り出しが強まって安定した晴天が続き、低温傾向から一転して高温傾向に入った。8月中旬に入ると、関東地方から九州地方で最高気温35℃以上の猛暑日を観測する地点が急増する。そして、8月15日には群馬県館林市で40.2℃を観測しこの年初めて40℃以上を観測した。翌8月16日には埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で40.9℃を観測し、これまで日本の観測史上最高気温だった1933年7月25日の山形県山形市の40.8℃を74年ぶりに更新した。この後、北から順に気温は低下し始めるが、8月下旬まではたびたび高温となった。8月の月平均気温は、北海道から九州にかけての広範囲で平年より0.6-1.3℃程高く、南西諸島でも0.3℃程高かった。夏全体(6-8月)の平均気温でも全国的に平年を0-0.8℃程上回った。2007年の猛暑 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • さくら剛

    さくら剛から見た猛暑猛暑

    2010年の猛暑にしばらく気付かなかった。さくら剛 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た猛暑猛暑

    原因については北極振動の発生により北極と日本付近との気圧の差が小さくなり、北極付近の寒気が南下しやすくなったことが考えられている。この北極振動は2005年(平成17年)11月中旬頃から突如として、バイカル湖およびシベリア付近に蓄積していた非常に強い寒気を放出した(シベリア気団を参照)。さらに偏西風が蛇行し日本列島付近に寒気が流れ込みやすくなっていたことが寒気の供給に拍車をかける結果となり、この年の猛暑と暖秋で日本海の海水温が平年より2度近くも上昇したことが日本海側に多量の雪をもたらす結果となった。日本の豪雪と同時にヨーロッパ北部でも大雪が降ったが、そのヨーロッパ北部も日本と同様に北極との気圧の差が小さくなっていた。さらに北アメリカ大陸西部やユーラシア大陸中部では逆に北極との気圧の差が大きくなり、気温が上昇し降水量が少なくなった。しかしこれら一連の異常は2006年(平成18年)1月半ばから弱まり北極との気圧の差が小さい地域が移動して、モスクワなどヨーロッパ北東部が寒波に襲われたり北アメリカ西部で大雪・大雨が降るなどした。またこの冬は上記のとおり日本海の海水温が平年よりも2度近くも上昇したほか、フィリピンの東海上の海水温が上がり南米ペルー沖の海水温が例年より低くなるラニーニャ現象やバレンツ海の海氷の量の減少などの影響で気圧配置が変化し日本列島に寒気が流れ込みやすい状態になっていたことも一因として挙げられる。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 吉満ひろゆき

    吉満ひろゆきから見た猛暑猛暑

    埼玉県川越市が記録的な猛暑に見舞われた2007年夏、川越近辺にある笹倉慎介のスタジオで、「lake」ファースト・アルバムを制作中に、熱中症で倒れた。吉満ひろゆき フレッシュアイペディアより)

147件中 41 - 50件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード