168件中 51 - 60件表示
  • イネ

    イネから見た猛暑猛暑

    なお、温帯原産である温帯日本型は本来熱帯気候には適しておらず、温帯に属する日本でも、夏期に猛暑が続くと登熟障害を起こす。近年は地球温暖化に伴い西日本を中心に猛暑日が増え、登熟障害や食味の低下が問題になっており栽培技術による対応だけで無く、耐高温品種の作出も行われている。イネ フレッシュアイペディアより)

  • イネ

    イネから見た猛暑日猛暑

    なお、温帯原産である温帯日本型は本来熱帯気候には適しておらず、温帯に属する日本でも、夏期に猛暑が続くと登熟障害を起こす。近年は地球温暖化に伴い西日本を中心に猛暑日が増え、登熟障害や食味の低下が問題になっており栽培技術による対応だけで無く、耐高温品種の作出も行われている。イネ フレッシュアイペディアより)

  • ビルマでの降伏日本軍人の抑留

    ビルマでの降伏日本軍人の抑留から見た酷暑猛暑

    酷暑の地ビルマで裸同然の姿で、毎日毎日、強制労働(労役・労苦)の作業が行われたという。作業は炎天下であっても行われた。昼休み以外は休憩は無かった。ビルマでの降伏日本軍人の抑留 フレッシュアイペディアより)

  • 兵庫県

    兵庫県から見た猛暑日猛暑

    太平洋高気圧に覆われる夏季には、北部や内陸部を中心にフェーン現象による猛暑日が発生することがしばしばあり、また、南部の沿岸部では熱帯夜になることが多くなる。兵庫県 フレッシュアイペディアより)

  • 新之助 (米)

    新之助 (米)から見た猛暑猛暑

    新潟県全体の高温障害・気象災害のリスクと収穫作業の分散で、晩生品種として「新之助」が開発された。中生品種は「コシヒカリBL」、早生品種は「こしいぶき」(2000年に品種開発)である。開発途中の2010年(平成22年)の猛暑では、高温に強い性質が実証された。コシヒカリBLよりも茎が太く、10センチほど短く、風で倒れにくい。日本穀物検定協会の食味官能試験では、新潟コシヒカリと同レベルでタンパク質が低く適度なアミロース含有である。表層は硬めで、しっかりした粒感と「粘り」が両立している。長期貯蔵でも脂肪酸度が低く古米化の品質劣化がしにくいのが特徴である。新之助 (米) フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄本島

    沖縄本島から見た猛暑日猛暑

    沖縄本島の気候は亜熱帯(ケッペンの気候区分では、温暖湿潤気候 (Cfa) )で、夏は台風銀座と呼ばれるほど台風の通過数または接近数が非常に多い。しかし、冬は霜や氷が観測されたことはない。極稀にあられが降るのみである。とはいえ、それなりに寒くはなる(最低気温は約9°Cで、また冬は強い風も吹く)ため、中にはこたつを使う住民もいる。5月頃に梅雨入りをし、6月後半には梅雨明けする。夏の最高気温は 32 - 33°C程度で、35°Cを超える猛暑日になることはほとんどなく、本州(東北を除く)よりも低い。これは、沖縄本島は陸地面積が狭く、周りを海に囲まれていて、また、東京や大阪のような大都市が無く、ヒートアイランド現象が起こらないためである。沖縄本島 フレッシュアイペディアより)

  • 高知競馬場

    高知競馬場から見た猛暑猛暑

    現在では他の競馬場から移籍してきた馬が所属馬の大多数を占めており、1998年度まで行われていたサラ系新馬戦および2003年度まで行われていたアラ系新馬戦は長らく行われていなかったが、2015年度に17年ぶりにサラ系新馬戦が行われた。サラ系・アラブ系ともに共通していることとして、高齢馬の比率が他の競馬場に比べて高いことが挙げられる。体調さえ維持できれば出走回数も多くなり、結果として1着・2着・3着2017年・着外の回数が全て2ケタという所属馬はザラで、出走回数が100回を超える馬も珍しくなく(着外だけで100回以上という馬も他場より多い)、平地競走の最多出走記録を更新したヒカルサザンクロスやダイナブロスといった馬も出現した。高知競馬のクラス分けの関係上、長期休養を取るとクラスが下がる(過去2シーズンの収得賞金で計算)ため、衰えた競走馬でも下級条件で勝利・入着できるのが大きな要素であるが、故障馬・高齢馬に対して、調教経験の豊富な調教師(廃止された地方競馬所属からの移籍者を含む)の在籍、休養専門厩舎(海浜における歩行など、独自のトレーニングを行う)の存在、ウマにとって「暑すぎず寒すぎず」という気候(夏季の猛暑日等は別として)など、比較的恵まれた条件が整っていることもその理由の一つである。高知競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 広辞苑

    広辞苑から見た猛暑猛暑

    『広辞苑』は、時事用語を多く扱う百科事典である『現代用語の基礎知識』・『イミダス』・『知恵蔵』のように、新語が毎年追加される性質の書籍でないことから、改版時に採用される新語にあっては、若者言葉が一般的に日本語として定着しているかどうかの目安とされることがある(例:フリーター、着メロ等)。1980年代初頭に流行した「ナウい」は2008年改訂の第六版において収録され、2000年代半ばに流行した「萌え」は2008年改訂の第六版では採用を見送られたが、2018年改訂の第七版において収録された。逆に、「猛暑日」は2007年4月1日より気象庁が使用を開始したかなり新しい用語だが、「今後は頻繁に使われるであろうと判断したため」、2008年の第六版で収録された。広辞苑 フレッシュアイペディアより)

  • ガリガリ君

    ガリガリ君から見た猛暑猛暑

    2010年夏、猛暑の影響でガリガリ君の販売数量は通常を大きく上回る状況が続き、品薄状態となったため同社公式サイトで『「ガリガリ君」(各種)品薄状態についてのお詫び』を同年8月3日発表した。その後、増産体制が整い各種品薄状態が徐々に解消し、最後に残ったソーダについても品薄状態を解消し安定供給の目処がたったため、2010年9月28日より積極的な販売を再開した。ガリガリ君 フレッシュアイペディアより)

  • 花巻市

    花巻市から見た猛暑日猛暑

    気候は寒冷で太平洋側気候の特色を有し、北上盆地にあるため内陸性気候の特色も有する。その地勢から夏季はフェーン現象の影響などで30度を超え、近年では猛暑日になる事もある。冬季は放射冷却が効きやすく、零下20度近くまで下がることもある。近年でも、2006年2月4日には-18.2度を記録している。花巻市 フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード