147件中 61 - 70件表示
  • イネ

    イネから見た猛暑日猛暑

    なお、温帯原産である温帯日本型は本来熱帯気候には適しておらず、温帯に属する日本でも、夏期に猛暑が続くと登熟障害を起こしうる。近年は地球温暖化に伴い西日本を中心に猛暑日が増え、登熟障害や食味の低下が問題になっており、耐高温品種の育成が課題になっている。イネ フレッシュアイペディアより)

  • イネ

    イネから見た猛暑猛暑

    なお、温帯原産である温帯日本型は本来熱帯気候には適しておらず、温帯に属する日本でも、夏期に猛暑が続くと登熟障害を起こしうる。近年は地球温暖化に伴い西日本を中心に猛暑日が増え、登熟障害や食味の低下が問題になっており、耐高温品種の育成が課題になっている。イネ フレッシュアイペディアより)

  • 国際花と緑の博覧会

    国際花と緑の博覧会から見た猛暑猛暑

    1990年の夏は記録的な猛暑となった。特にアスファルトが敷き詰められた博覧会会場の暑さは尋常ではなく、まさに灼熱地獄と化していた。会場内の最高気温は38度近く。博覧会協会は、人工雪を降らせたり、会場内のあちこちに氷柱やクーラー付きのテーブルを設置したりと、「暑さ対策」に追われることになる。その「暑さ対策」に投じられた金額は3億円。国際花と緑の博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 気温

    気温から見た猛暑猛暑

    猛暑日(もうしょび):日最高気温が35℃以上の日。気温 フレッシュアイペディアより)

  • 災害

    災害から見た猛暑猛暑

    高温(熱波、猛暑、暖冬)、低温(厳冬、冷夏) - 異常な高温・低温による動植物・人間への影響、農・海産物への被害災害 フレッシュアイペディアより)

  • 地球温暖化の影響

    地球温暖化の影響から見た酷暑猛暑

    AR4 WG IIによれば、地球温暖化は、気温や水温を変化させ、海水面上昇、降水量の変化やそのパターン変化を引き起こすとされる。また、洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性がある。また生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されている。大局的には地球温暖化は地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されている。ただし、個々の特定の現象を温暖化と直接結びつけるのは現在のところ非常に難しい。地球温暖化の影響 フレッシュアイペディアより)

  • 夏

    から見た猛暑日猛暑

    気象庁では最高気温が25℃以上の日を夏日(なつび)、30℃以上の日を真夏日(まなつび)と呼んでいる。気象庁は地球温暖化やヒートアイランドなどの影響で最高気温が35℃以上になる日が増えているという背景から、2007年(平成19年)より新たに35℃以上の日を猛暑日(もうしょび)という呼称を使う事に決めた。比較的寒冷である北海道・東北北部以外では、このような日は毎年7・8月を中心に6月から9月頃にかけて生じる(年や地域によっては、5月・10月でも生じる場合もある)から、この時期のあたりが夏の範囲に入ることになろう。 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父市

    秩父市から見た猛暑日猛暑

    気候は、盆地で内陸型気候である。夏は暑く、時には猛暑日になることもあるが、他の関東地方の主要都市と比べると湿度が低く、熱帯夜になることも少ないためすごしやすい。冬は埼玉県の中でも寒さが厳しく、氷点下5を下回ることもしばしばある。秩父市 フレッシュアイペディアより)

  • 西宮市

    西宮市から見た猛暑日猛暑

    冬は積雪も一冬に1?2回程度は起こり、北部の山間部では氷点下まで下がることも多いが、基本的には晴天が多い。夏は猛暑日や熱帯夜になる日もある。西宮市 フレッシュアイペディアより)

  • 網走市

    網走市から見た猛暑日猛暑

    春は寒暖差が非常に激しく、5月の連休の頃には雪が降ることもあれば、その数日後にはフェーン現象によって道内で最も早い真夏日を観測することさえある。夏季はオホーツク海高気圧に覆われると、涼しい日々が続くが、太平洋高気圧の勢力が強くなると太平洋側に比べて気温が上がりやすい。南や南東からの風が吹いたときにはフェーン現象により、しばしば真夏日になり、猛暑日さえ観測されることもあるなど気温差は激しい。最高気温記録は1994年8月7日に観測された37.6℃と帯広の37.8℃(1924年7月12日に記録)についで道内官署では2番目に高い記録である。秋は短く、春と同様気温の変動が大きい。台風の影響を受け、大雨となることもあり、10月になると紅葉が始まり、10月下旬?11月始めには雪が降り始める。冬季はオホーツク地方では雄武に次いで、冬の平均気温が高くなっており、過去最低気温の記録は1902年1月25日に観測された-29.2度であるものの、1987年2月20日の-20.6度を最後に過去25年以上も-20度以下の気温は観測されず、近年は下がっても-17度前後のことが多い。流氷が接岸し、内陸性の気候の特色が加味される2月が年間でもっとも寒く、流氷が消える3月半ばまで冬は続く。降雪量はそれほど多くないが、冬の終わりの2月下旬から3月にかけては低気圧の通過により、ドカ雪をもたらすことがあり、2004年2月23日には過去最深積雪の143cmを記録している。一般に、暖冬年ほど年間降雪量が多くなる傾向にある。網走市 フレッシュアイペディアより)

147件中 61 - 70件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード