168件中 71 - 80件表示
  • 1990年の日本

    1990年の日本から見た猛暑猛暑

    盛夏期記録的な猛暑。空梅雨傾向であったため、各地で水不足深刻化。秋以降も太平洋高気圧の勢力が強く、残暑が続いた。9月以降、台風上陸が相次ぎ台風19号、台風20号、台風21号が同じようなコースで立て続けに上陸した。そして、12月間近の11月30日に台風28号が最も遅い上陸記録を出した。この年の日本への台風上陸数は6つで当時の最多記録となった。1990年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 魚沼コシヒカリ

    魚沼コシヒカリから見た猛暑猛暑

    越後平野は、対馬海流の影響で冷害がなく日本海側気候のため、夏季に晴天日が多く日照時間が長いため登熟は良いがフェーン現象が出穂期にあると、登熟障害になる。魚沼は、盆地のため気温の日較差が大きくイネの消耗が少ないため澱粉の蓄積条件が良く大粒の良質米ができる。登熟期間の平均気温はコシヒカリの最適登熟気温(24)に近い地域のため、食味に関係する澱粉のアミロース含有率が低くなり粘りが増す。最近は猛暑と温暖化の影響で標高300 m - 400 m地域(南魚沼市上田地区南部・湯沢町・津南町)の品質向上が注目されている。魚沼コシヒカリ フレッシュアイペディアより)

  • 暖春

    暖春から見た猛暑猛暑

    3月は月を通して寒気の影響を受けやすく平成時代でも数少ない低温の3月となったが4月以降は一転して顕著な高温となり、春の平均気温は北日本から西日本で暖春となった。期間を通して前線や低気圧の影響は弱くほぼ全国的に少雨・多照となり、その後は空梅雨や夏の記録的な猛暑も相まって全国的に水不足・渇水が深刻化した(詳しくは平成6年渇水を参照)。暖春 フレッシュアイペディアより)

  • 伊那谷

    伊那谷から見た猛暑日猛暑

    夏と冬の気温差は非常に激しく、夏はフェーン現象で最高気温が摂氏35度以上の猛暑日になることが珍しくなく、また冬は放射冷却現象で朝の最低気温は摂氏マイナス15度に達することもある。伊那谷 フレッシュアイペディアより)

  • 平成18年豪雪

    平成18年豪雪から見た猛暑猛暑

    原因については北極振動の発生により北極と日本付近との気圧の差が小さくなり、北極付近の寒気が南下しやすくなったことが考えられている。この北極振動は2005年(平成17年)11月中旬頃から突如として、バイカル湖およびシベリア付近に蓄積していた非常に強い寒気を放出した(シベリア気団を参照)。さらに偏西風が蛇行し日本列島付近に寒気が流れ込みやすくなっていたことが寒気の供給に拍車をかける結果となり、この年の猛暑と暖秋で日本海の海水温が平年より2度近くも上昇したことが日本海側に多量の雪をもたらす結果となった。日本の豪雪と同時にヨーロッパ北部でも大雪が降ったが、そのヨーロッパ北部も日本と同様に北極との気圧の差が小さくなっていた。さらに北アメリカ大陸西部やユーラシア大陸中部では逆に北極との気圧の差が大きくなり、気温が上昇し降水量が少なくなった。しかしこれら一連の異常は2006年(平成18年)1月半ばから弱まり北極との気圧の差が小さい地域が移動して、モスクワなどヨーロッパ北東部が寒波に襲われたり北アメリカ西部で大雪・大雨が降るなどした。またこの冬は上記のとおり日本海の海水温が平年よりも2度近くも上昇したほか、フィリピンの東海上の海水温が上がり南米ペルー沖の海水温が例年より低くなるラニーニャ現象やバレンツ海の海氷の量の減少、更にはメキシコ湾流の流軸の変動などが原因で気圧配置が変化し日本列島に寒気が流れ込みやすい状態になっていたことも一因として挙げられる。平成18年豪雪 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のオーストラリア

    2009年のオーストラリアから見た猛暑猛暑

    2月7日-3月14日 - ビクトリア州森林火災(暗黒の土曜日)。被害は、死者210人、焼失家屋2,000棟以上、焼失面積421,000ヘクタールに達し、1983年の大規模山林火災「灰の水曜日」を大きく上回る、オーストラリア史上最悪の惨事となった。1月末以来の記録的な猛暑と旱魃、強風が被害に拍車をかけたほか、一部の火災には放火によるものもあった 。2009年のオーストラリア フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本

    2012年の日本から見た猛暑猛暑

    夏季(6-8月)は北日本から西日本にかけて猛暑となる所も多かった。東日本では少雨であった一方、西日本や九州地方では多雨傾向となり平成24年7月九州北部豪雨が発生、また沖縄・奄美地方でも多雨(降水量は1946年以降最多)となり日照時間が少なかった。2012年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の日本

    2013年の日本から見た猛暑猛暑

    夏季(6月-8月)は高知県四万十市でこれまでの国内最高気温を更新し41.0を記録、また気象庁の927観測点のうち143箇所でもこれまでの最高気温を更新するなど、各地で記録的な猛暑となった。一方、オホーツク海高気圧の影響により東北地方では梅雨明けが遅れ、また関東地方では早期に梅雨が明けたものの7月後半には一時的に低温傾向(戻り梅雨)となるなど時期により気温の差が激しくなった。また、多雨や少雨といった地域の差が見られたり、局地的な豪雨が発生するなど地域による偏りも大きくなる傾向となった。気象庁では今夏の特徴として、東南アジア周辺の海面水温が高かったことによる「異常気象」であったとの見解を示している。2013年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年の日本

    2000年の日本から見た猛暑猛暑

    夏季(6月 - 8月)は全国的に猛暑となり、特に北日本では前年に続き著しい高温になった。また、少雨傾向であった。2000年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽地方

    山陽地方から見た猛暑日猛暑

    平野部は瀬戸内海式気候である。夏は都市部を中心に猛暑日や熱帯夜になる日も少なくない。温暖なイメージとは異なり、冬は呉市や竹原市など沿岸の港町を除けば最寒月平均気温も2℃〜4℃台と比較的寒く、東広島市や福山市などの都市部や瀬戸内市虫明など湾奥の港町でも冬日が多くなる。積雪は一冬に1〜2回程度は起こるが、20cm以上の大雪になることは少ない。山陽地方 フレッシュアイペディアより)

168件中 71 - 80件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード