147件中 71 - 80件表示
  • 埼玉県

    埼玉県から見た猛暑日猛暑

    西部山間部・秩父地方 ・・・秩父盆地は典型的な内陸性の気候で冬寒く、夏暑くなる。一年を通して日較差が大きく、冬は秩父市内でも氷点下5度を下回る気温も珍しくないほどに冷え込み、1954年の1月27日には-15.8℃の低温を記録した。しかし、近年は温暖化が著しく、1月平均最低気温は旧平年値の-4.8度から-4.2℃と大幅に上昇した。夏は日中はかなり暑くなり、埼玉県の他地域と同様猛暑日も見られるが、朝晩は涼しく熱帯夜も非常に稀で、1926年の観測開始以来6日しかない。さらに湿度も低いために過ごしやすい地域である。冬季は南岸低気圧の接近により、他地域が雨の場合も秩父地方は雪となることがほとんどであり、30?以上の積雪を記録することもあり、2001年と2005年には秩父市の年間降雪量が200?を超えているなど関東地方の都市部では最も積雪が多い。秩父山地ではしばしば大雪となることもある。秋、春においても朝晩の気温はかなり下がるのが特徴である。埼玉県 フレッシュアイペディアより)

  • ガソリン

    ガソリンから見た猛暑猛暑

    最も多く消費されるタイプのガソリンである。JIS K2202によって規格化されている。冬の低温の中でもエンジンが始動し、夏の暑さでもパーコレーションを起こさず、また、腐食性などがないことが要求される。日本のガソリンの中で最も多く消費されているのはレギュラーガソリンで、単に「ガソリン」または「レギュラー」、「ノーマルガソリン」などと呼ばれる。ガソリン フレッシュアイペディアより)

  • 湯沢町

    湯沢町から見た猛暑猛暑

    2011年(平成23年)に発生した東日本大震災でも被害は少なく、町が積極的に被災者の受け入れをしたことが高く評価された。その後、交通インフラの充実や苗場地域などでの夏季の冷涼な気候、町内に大規模ダムを抱え、自然エネルギー電源地でもある立地性の良さから、被災地や首都圏からの避難移住も増えてきている。魚沼コシヒカリについては、猛暑と温暖化の影響で標高300m - 400m地域の品質向上が注目されている。湯沢町 フレッシュアイペディアより)

  • バター

    バターから見た猛暑猛暑

    日本では2007年末からバターの原材料である生乳(酪農家が牛から搾る乳)生産量の減少によりバター不足が業界各メーカーで発生している。これは以前の牛乳余剰を原因とする2006年度からの生産調整で乳牛が削減されているのに加え、猛暑で生産が減少したためである。各メーカーでは出荷数量の制限や価格の改定を実施している。バター フレッシュアイペディアより)

  • 那覇市

    那覇市から見た猛暑日猛暑

    平均気温が約23度、年間降水量は2000mm以上と高温多湿な亜熱帯性の気候(ケッペンの気候区分では、温帯湿潤気候(Cfa))を示す。冬でも最低気温が10度を下回ることは極稀で、また海洋性気候のため、真夏の最高気温が30度を超える日(真夏日)は多いものの35°Cを超える日(猛暑日)は殆ど観測されない(2001年8月9日の最高気温が35.6°Cと、2011年8月時点で全国都道府県庁所在地の最高気温記録の中で最も低い記録である。)。那覇市 フレッシュアイペディアより)

  • 沖縄本島

    沖縄本島から見た猛暑日猛暑

    沖縄本島の気候は亜熱帯(ケッペンの気候区分では、温暖湿潤気候 (Cfa) )で、夏は台風銀座と呼ばれるほど台風の通過数または接近数が非常に多い。しかし、冬は霜や氷が観測されたことはない。極稀にあられが降るのみである。とはいえ、それなりに寒くはなる(最低気温は約9°Cで、また冬は強い風も吹く)ため、中にはこたつを使う住民もいる。5月頃に梅雨入りをし、6月後半には梅雨明けする。夏の最高気温は 32 - 33°C程度で、35°Cを超える猛暑日になることはほとんどなく、本州(東北を除く)よりも低い。これは、沖縄本島は陸地面積が狭く、周りを海に囲まれていて、また、東京や大阪のような大都市が無く、ヒートアイランド現象が起こらないためである。沖縄本島 フレッシュアイペディアより)

  • 高松市

    高松市から見た猛暑日猛暑

    冬から春にかけて、中国大陸から流入する黄砂がよく観測される。冬は小雨や小雪(みぞれ)の降る日もあり、すっきりとした快晴(雲量1.5未満)になる日は意外と少ないものの、冬の晴天日数そのものは多い。積雪も一冬に1?2回程度は起こるが、関東地方に比べると南岸低気圧による大雪は少ない。また、夏は瀬戸内海沿岸特有の「凪」や讃岐山脈越えのフェーン現象などの影響で、しばしば猛暑日や熱帯夜になることがある。高松市 フレッシュアイペディアより)

  • 御殿場市

    御殿場市から見た猛暑日猛暑

    御殿場市は富士山のふもとにあり市街地の標高は250m - 700m(市役所は450m)ぐらいである。気候は冷涼多雨で年平均気温は12.9℃、年平均降水量は2819mmとなっており湿度が高く霧が発生することも多い。冬は静岡県内の都市としては寒さが厳しく雪が降ることが多い一方、夏は涼しく熱帯夜、猛暑日が観測されたことはない。なだらかに傾斜した土地は主に水田などに利用され、のどかな景観をつくっている。御殿場市 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年

    2002年から見た猛暑猛暑

    夏(6月 - 8月)は太平洋高気圧、オホーツク海高気圧とも勢力が強く、東・西日本中心に猛暑となった(4年連続で猛暑)。一方、オホーツク海高気圧が優勢だった北日本では北海道など一部地区で冷害が発生した他、前線が停滞した東北地方で集中豪雨が頻発した。対照的に猛暑となった西日本では水不足に陥った地域もあった。2002年 フレッシュアイペディアより)

  • 広辞苑

    広辞苑から見た猛暑猛暑

    『広辞苑』は、時事用語を多く扱う事典である『現代用語の基礎知識』・『イミダス』・『知恵蔵』のように、新語が毎年追加される性質の書籍でないことから、改版時に採用される新語にあっては、その言葉が一般的に日本語として定着しているかどうかの目安とされることがある(例:フリーター、着メロ等)。1980年代初頭に流行した「ナウい」は2008年改訂の第六版においてやっと収録された。逆に、「猛暑日」は2007年4月1日より気象庁が使用を開始した、かなり新しい用語だが、「今後は頻繁に使われるであろうと判断したため」、2008年の第六版で早くも収録された。広辞苑 フレッシュアイペディアより)

147件中 71 - 80件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード