147件中 81 - 90件表示
  • 牛久市

    牛久市から見た猛暑猛暑

    2010年9月22日には、ytv製作・日テレ系『情報ライブ ミヤネ屋』の猛暑特集が組まれた際に千葉県市原市「牛久」(同日、日本上位の猛暑を記録)と間違えられて当市が生中継される。牛久市 フレッシュアイペディアより)

  • 高知競馬場

    高知競馬場から見た猛暑猛暑

    現在では他の競馬場から移籍してきた馬が所属馬の大多数を占めており、2000年頃までは行われていた新馬戦は現在は行われていない。サラ系・アラブ系ともに共通していることとして、高齢馬の比率が他の競馬場に比べて高いことが挙げられる。体調さえ維持できれば出走回数も多くなり、結果として1着・2着・3着・着外の回数が全て2ケタという所属馬はザラで、出走回数が100回を超える馬も珍しくなく(着外だけで100回以上という馬も他場より多い)、平地競走の最多出走記録を更新したヒカルサザンクロスやダイナブロスといった馬も出現した。高知競馬のクラス分けの関係上、長期休養を取るとクラスが下がる(過去2シーズンの収得賞金で計算)ため、衰えた競走馬でも下級条件で勝利・入着できるのが大きな要素であるが、故障馬・高齢馬に対して、調教経験の豊富な調教師(廃止された地方競馬所属からの移籍者を含む)の在籍、休養専門厩舎(海浜における歩行など、独自のトレーニングを行う)の存在、ウマにとって「暑すぎず寒すぎず」という気候(夏季の猛暑日等は別として)など、比較的恵まれた条件が整っていることもその理由の一つである。高知競馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 1994年

    1994年から見た猛暑猛暑

    日本国内各地で1993年の記録的な冷夏から一転、記録的な猛暑となった。全国的に梅雨明けが早く、最高気温が39度を超える観測地点が続出し、全国3ヶ所のアメダスで最高気温40度を観測するなど、観測史上1位の猛暑となった。コメが豊作となった反面、空梅雨の影響により西日本各地で深刻な水不足となった(平成6年渇水)。この高温は9月以降も続き、この秋の気温も平年を上回った。1994年 フレッシュアイペディアより)

  • モスクワ

    モスクワから見た猛暑猛暑

    2010年8月10日、モスクワ市登録局は、7月のモスクワ市内の死亡者が1万4340人で、前年同月の死亡者9516人の1.5倍にあがったことを明らかにした。記録的な猛暑や森林・泥炭火災のスモッグによる健康被害が影響していると見られている。ドイツ・オーストラリア・カナダなどがモスクワにある大使館の外交官や家族を一時退去させるなどの影響が出た。非常事態省は、同国では500カ所以上で森林・泥炭火災が続き、火災面積は17万4000ヘクタールに拡大しているとしている。モスクワ フレッシュアイペディアより)

  • 藤原拓海

    藤原拓海から見た猛暑猛暑

    「負ける寸前だったが運で勝ちを拾った」といえるバトルも散見され、エンペラーの岩城清次戦では清次のテクニックに加え、ランサーエボリューションの性能の高さの前にかなりの苦戦を強いられ、勝負自体は清次の半ば自滅で勝利したものの、「勝った気がしない。これが(勝手知ったる)秋名以外の場所だったら負けてた」とその心境を吐露している。東堂塾の舘智幸戦では終始テクニックで圧倒され、ラインも完全にブロックされていたが、道路に飛び出してきたイタチらしき動物を舘が思わず避けてしまった瞬間を捉えてパスし、極めて僅差で勝利している。パープルシャドウの城島俊也戦でも、溝落としやブラインドアタックを駆使してもなお追いつけないほどの速さを見せ付けられ、終盤の溝落とし失敗でサスペンションを壊した拓海が離され始めた直後、持久戦の疲れと連日の猛暑で体調を崩した城島が路肩に車を止めて嘔吐・リタイアしてしまったことで得た勝利だった。藤原拓海 フレッシュアイペディアより)

  • かつらぎ町

    かつらぎ町から見た猛暑猛暑

    紀伊山地と和泉山脈に挟まれた地形である上、両者が直線的に並行せずに入り組んでおり、盆地に近い地形となっている。そのため、寒暖の差が大きい。特に夏季には猛暑になることがあり、1994年8月8日には観測史上歴代2位(当時)となる40.6℃を記録している。また、この寒暖差を利用し、様々な果物の栽培が行われている。かつらぎ町 フレッシュアイペディアより)

  • 日田市

    日田市から見た猛暑日猛暑

    周囲を山に囲まれた典型的な盆地であり、多くの河川が流れ込み「水郷(すいきょう)」を形成している。そのため、春から秋にかけては、朝夕に地元では「底霧」と呼ばれている深い霧が発生する。また、雷の発生数も全国有数である。盆地特有の内陸型気候であるため、夏は暑く、冬は寒い。夏は九州内でも有数の酷暑となり、最高気温が35℃を超える猛暑日となる日も多い一方、冬は寒さが厳しく、最低気温が氷点下になる日も多い。日田市は山間部にあるため、大分県内においては、積雪も多い地域である。市内中心部でも、多い時には10センチメートル程度の積雪が見られることもあり、より山間部に入っていけば、積雪が10センチメートルを超えることもある。また、山間部の地域では降水量が非常に多く、それが杉や檜の生育を早めるため、林業地域としての日田に寄与している部分もある一方で、土砂崩れのような自然災害を発生させる原因ともなっている。日田市 フレッシュアイペディアより)

  • 北部九州

    北部九州から見た猛暑猛暑

    夏は真夏日になる日も多く、熊本市、日田市などの盆地では最高気温が摂氏35度以上の猛暑日になることも少なくない。また、晩夏から秋にかけては南九州ほどではないが台風の影響を受けやすい。北部九州 フレッシュアイペディアより)

  • 南関東

    南関東から見た猛暑猛暑

    また都市地域に広く覆われていることから特に東京都内ではヒートアイランド現象がみられ、冬の冷え込みの弱さや夏の猛暑がもたらされ、その現象によって気候修飾を受ける。特に、晴れた冬の夜は郊外に行くにつれ気温が急激に下がり、多摩(特に青梅平野部、八王子)や神奈川県中部(海老名)、埼玉県中西部(鳩山など)、房総半島内陸部(牛久・坂畑)と都心では最低気温に7?10℃もの差がつく事もめずらしくない。南関東 フレッシュアイペディアより)

  • 茂原市

    茂原市から見た猛暑日猛暑

    年間平均気温は15℃前後、年間降水量は約1,500mm前後。夏場は県内の中では特に気温が上がり、猛暑日になる日も珍しくない。茂原市 フレッシュアイペディアより)

147件中 81 - 90件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード