前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
184件中 1 - 10件表示
  • 猛暑

    猛暑から見た京都市

    一般に夏季において背の高い(空の高いところから低いところまで鉛直に長い構造の)高気圧に覆われて全層に渡って風が弱く、周囲の比較的冷たい空気や湿気の流入が弱く快晴状態の場合に起こりやすい。内陸の盆地や山間部では周囲の山岳により外部の大気との混合が妨げられ、熱い空気がその場にとどまりやすいやすいことや、どの方向から風が吹いても、フェーン現象が起こりやすいので、他の地域よりも暑くなりやすい。主な観測地点は山形県山形市、山梨県甲府市、京都市、大分県日田市などがある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た山形市

    一般に夏季において背の高い(空の高いところから低いところまで鉛直に長い構造の)高気圧に覆われて全層に渡って風が弱く、周囲の比較的冷たい空気や湿気の流入が弱く快晴状態の場合に起こりやすい。内陸の盆地や山間部では周囲の山岳により外部の大気との混合が妨げられ、熱い空気がその場にとどまりやすいやすいことや、どの方向から風が吹いても、フェーン現象が起こりやすいので、他の地域よりも暑くなりやすい。主な観測地点は山形県山形市、山梨県甲府市、京都市、大分県日田市などがある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た甲府市

    一般に夏季において背の高い(空の高いところから低いところまで鉛直に長い構造の)高気圧に覆われて全層に渡って風が弱く、周囲の比較的冷たい空気や湿気の流入が弱く快晴状態の場合に起こりやすい。内陸の盆地や山間部では周囲の山岳により外部の大気との混合が妨げられ、熱い空気がその場にとどまりやすいやすいことや、どの方向から風が吹いても、フェーン現象が起こりやすいので、他の地域よりも暑くなりやすい。主な観測地点は山形県山形市、山梨県甲府市、京都市、大分県日田市などがある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た名古屋市

    7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり名古屋市の39.9℃のほか福島市(39.1℃)、長野県松本市(38.5℃)、三重県上野市(38.8℃)滋賀県彦根市(37.5℃)、東京都八丈島(34.8℃)、同三宅島で32.5℃、高知県室戸岬で35.0℃、同土佐清水市で35.5℃、福岡県飯塚市で37.6℃、鹿児島市(37.0℃)、富士山山頂で17.8℃など多くの地点でこの年に観測された最高気温が現在でも史上1位の記録となっている。名古屋では7月の平均最高気温が35.2℃、京都市では35.0℃に達した。また、京都市では35℃以上の日数が36日を数え、観測史上最も多い。また区内観測所の記録では愛知県豊田市で41.8℃、瀬戸市と奈良県御所市(41.0℃)など東海地方から中国・四国地方の内陸部を中心に17地点で40℃以上を観測した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た大阪市

    空梅雨で降水量は少なく梅雨明け後は各地で最高気温が35℃を越す記録的な猛暑となり、各地で水不足となった。特に西日本で猛暑が著しく猛暑日の日数は大分県日田市で43日、京都市で28日、大阪市で20日に達した。秋以降も太平洋高気圧の勢力が例年以上に強かったため、9月も高温担ったが降水量は多かった。また台風の上陸が多く11月30日には台風28号が和歌山県白浜町に上陸し、観測史上最も遅い日本への上陸記録となった。また、この年はかなりの猛暑であったにも拘らず、ラニーニャ現象は起こっていない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た札幌市

    北・東日本で厳しい暑さが続いた。特に、北海道では平年を1.7℃も上回った。太平洋高気圧が例年より北へ張り出しやすかったため、北海道でも多くの地域で連日最高気温が30℃以上の真夏日となった。北海道函館市では33.6℃を記録した。北日本では平均気温が平年を1.6℃上回る著しい高温となり札幌市、青森市、秋田市などでは夏の平均気温が観測史上最も高かった。一方、太平洋高気圧の西への張り出しは弱く、さらに前線、熱帯低気圧、暖湿気流などの影響を受けやすかった西日本と南西諸島では曇りや雨の日が多く気温も平年並かやや涼しかった。9月以降も全国的に残暑が極めて厳しく10月の本州でも連日真夏日になるなどかなり暖かい日が続き、顕著な暖秋となった。この年の猛暑、残暑はラニーニャ現象による影響とみられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た干害

    梅雨明け後は全国的に晴れて厳しい暑さとなった。兵庫県洲本市では36.7℃を記録した。盛夏期は降水量がほぼ全国的にかなり少なく、西日本では干害の被害が発生した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たフェーン現象

    またフェーン現象が発生すると、山脈の風下部では山から吹き降りてきた乾燥した高温の風によって盛夏でなくても猛暑となりやすい。主な観測地点は東日本や東北の日本海側、夏季の関東平野北部などがある。関東平野は西側に山脈があるので、西風が吹いたときにこの現象が起こりやすい。一方西日本では標高の高い山が少ないので水分の放出が充分に行われず吹き下ろしの風に水分が含まれているので、気化熱の影響で極端な高温風にはなりにくい。気象官署での観測史上2番目の40.8℃が山形市で記録された1933年7月25日も日本海に台風があり、2000m級の飯豊連峰を南西の強風が吹き下りたことによりこのフェーン現象(風炎現象)が発生した。しかし、当日は風も弱く、日射よる昇温も大きかったと考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た岐阜市

    梅雨入りの6月は寒かったが、7月下旬以降は太平洋高気圧に覆われ晴れた日が続き、北日本を除いて前年に引き続き猛暑となった。大阪市(30.3℃)、名古屋市(30.1℃)、岐阜市(30.3℃)で月平均気温が30℃を超え、名古屋市と岐阜市では最高気温の月平均も36℃を超えた。この年は猛暑の原因となるラニーニャ現象が発生していた。このように8月は記録的高温に見舞われたものの9月に入ると南西諸島を除き一転して平年並みからやや低い気温で推移し、1990年代以降では珍しく残暑は一時的であった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た台風

    全国的に猛暑となり、干害が発生した。また、豪雨や台風の接近も多かった。この年は9月以降も高温傾向が著しく、当時としては極めて稀に見る顕著な残暑、暖秋となった。なお、この年は猛暑になりやすいとされるラニーニャ現象は発生していなかった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
184件中 1 - 10件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード