266件中 101 - 110件表示
  • 猛暑

    猛暑から見た雷雨

    猛暑が長期間継続した場合、少雨による渇水や旱魃が起こりやすく、森林火災が起こりやすくなる。また対流活動が活発化(地表付近が暑くなることによって、上空との温度差が大きくなる)して大気が不安定になりやすく雷雨や局地的な集中豪雨の発生が増え、強くなる傾向にある。例えば、2008年は局所的な豪雨が多く、ゲリラ豪雨と呼ばれた。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た気象庁

    6月は天候による気温差があったが東北南部以南では平年よりもやや暖かかった。7月は天候不順気味で全国的に梅雨明けが遅く広範囲で記録的大雨となったが、8月に入ると一転して各地で猛暑に見舞われた。関西・瀬戸内地方を中心に月平均気温が29℃を超えたほか大阪市では最高気温の月平均が35.0℃となった。北東気流や台風の影響でそれほど高温にならなかった東北地方太平洋側から関東・東海地方の沿岸部を除き、8月の平均気温は全国的に顕著な高温となり、寒暖差があったものの夏季の平均気温は全国的に高くなった。2006年夏の大雨、猛暑の要因は太平洋高気圧、オホーツク海高気圧とも勢力が強く偏西風が蛇行したことが挙げられる。なお、この年の7月の記録的大雨に対しては気象庁が平成18年7月豪雨と命名した。ただし8月の暑さが厳しかった割には、9月の残暑は厳しくなく、平均気温は平年並みかやや寒かった所が多かった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た区内観測所

    前年に続き、8月のみの猛暑となったが、6・7月が寒かったので、3ヶ月の平均気温は平年を下回った。8月3日には徳島県鳴門市撫養町(むやちょう)の区内観測所で42.5℃を記録した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た沖縄県

    日本では1913年頃までは夏の気温が著しく低く毎年のように冷夏が続いていた。特に1902年は平年を2.22℃、1913年は1.51℃も下回り、気象庁の統計史上最も寒い夏となっている。その後も、1983年までは2年以上連続で猛暑になることはなく、1993年までは冷夏の頻度も高かった。しかし、1994 - 2002年に当時の平年値では9年連続で猛暑になり(ただし、1995年の北陸および沖縄県、1996・1998年の北日本、1997年の南西諸島、1999年の西日本、2000年の奄美、2002年の北海道は冷夏になっている)1994年以降、猛暑となる年が急増している。特に1994年や1995年8月、1998年8月の西日本と南西諸島、1999年の北日本及び9月、2000年の北日本及び7月、2001年7月(特に東日本)が当時としては著しく暑かった。1996年と1997年は全国平均でも平年並みであるが、1996年は7月中・下旬が、翌年は7月上旬がかなりの高温になった。その後も東日本以北で冷夏となった2003年を挟み(但しこの年も南西諸島では猛暑であった。また九州南部以南を除き、7月は記録的に涼しかったが、6月はやや温暖、かつ8月下旬-9月は顕著な残暑に見舞われるなど冷夏の規模は小さかった)、2004 - 2008年も5年連続の猛暑となった。2004年は6月後半から7月、2005年は6・9月、2006年8月、2007年は8 - 9月、2008年7月 - 8月前半が著しかった。2004・2005年の南西諸島、2006年の東北および東日本、2008年の北日本は平年並みになったが、どの地域でも冷夏にはならなかった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た福井県

    6 - 7月は平年並みに経過したが、8月の暑さが厳しかった。福井県福井市では8月20日に38.5℃を記録した。なお、当時は極端に寒い夏が多かったため、現在の平年値をやや上回る程度でも、当時としては極端に高かったとみられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た千葉県

    6月が極端に寒かったので、3ヶ月平均では平年並みにとどまったが7月の暑さが厳しく、平均気温は+1.33℃と当時としては最も高かった。7月11日には北海道札幌市で35.5℃を記録し、観測史上初めて35℃を超えた。翌日は同帯広市で、道内では最も高い37.8℃を記録した。2013年現在でもこの記録は破られていない。同じ日に岩手県盛岡市でも37.2℃、8月23日にも千葉県勝浦市で34.9℃を記録した。また、札幌市の真夏日日数は31日に達し観測史上最も多い。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た静岡県

    フェーン現象が起きると、冬季ですら25℃を超えることがある。例えば2009年2月14日には静岡県静岡市で26.2℃、同熱海市網代で25.4℃、神奈川県小田原市で26.1℃、同海老名市で25.3℃などを記録したが、当日は南から暖かい空気が入っていたことや、西側にある山地を越える際にフェーン現象が起こったことが原因と考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た愛媛県

    フェーン現象が発生すると、山脈の風下部では山から吹き降りてきた乾燥した高温の風によって盛夏でなくても猛暑となりやすい。主な観測地点は東日本や東北の日本海側、夏季の関東平野(特に北部)などがある。関東平野は西側に山脈があるので、西風が吹いたときにこの現象が起こりやすい。一方、西日本には2000m以上の山が存在しない(西日本最高峰は愛媛県の石鎚山(いしづちさん)で1982m、中国地方では鳥取県の大山(だいせん)で1729m、九州本土では大分県の九重山中岳(くじゅうさんなかだけ)で1791m)ため、水分の放出が充分に行われず吹き下ろしの風に水分が含まれているので、気化熱が昇温を緩和するので、フェーン現象による気温の上昇は東日本ほど激しくない。東日本には富士山、北アルプス、南アルプスをはじめとする2000m以上の山や山脈が多いため、同現象による気温の上昇が大きくなる。気象官署での観測史上2番目の40.8℃が山形市で記録された1933年7月25日も日本海に台風があり、2000m級の飯豊連峰を南西の風が吹き下りたことによりフェーン現象が発生した。しかし、当日は風速が弱く、日射よる昇温も大きかったと考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た東京都

    また、三大都市圏を中心とする都市部での最低気温の高温記録が相次いだり、熱帯夜の増加や冬日が著しく減少しているのは、ヒートアイランド現象によって気温が底上げされていることが一因と考えられる。さらに東京都心で39.5℃など南関東周辺で観測史上最高の高温記録が相次いだ2004年7月下旬はヒートアイランド現象に加えて背の高い高気圧、フェーン現象が重なった例である。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た群馬県

    6月下旬はかなり暖かく、関東・甲信地方の梅雨明けは7月1日と、1951年以降で最も早かった。7月は太平洋高気圧が本格的に強まって東北南部から南西諸島の広範囲で猛暑となり、特に東日本で著しかった。東京都心、埼玉県熊谷市をはじめ関東地方の多くの地点では観測史上最も暑い7月になった。7月24日には群馬県前橋市で40.0℃、静岡県佐久間町(現在は浜松市天竜区)で40.2℃など、同天竜市(現在は同市同区)で39.9℃など記録を更新した。沖縄県那覇市でも35.6℃に達し、観測史上初めて35℃を越えた。この暑さが8月まで続き、残暑も厳しくなるかと思われたが、北日本太平洋側や関東地方では、8月以降発達したオホーツク海高気圧の影響で冷たい北東風が吹き込みやすかったため8月は一転して涼しく、曇りや雨の日が多くなった。ただし、この影響が少なかった西日本以南では8月前半まで記録的な暑さが続いた(西日本は東日本以北に比べてオホーツク海高気圧の影響を受けにくい)。西日本における8月上旬の平均気温は+1.4℃と1961年以降で2番目に高い。8月中旬に台風11号が上陸したあとは全国的に一気に涼しくなり猛暑、暖秋傾向が著しい2000年代以降としては盛夏期は比較的短く秋の訪れも早かった。なお北日本では7月に東北南部で猛暑となった以外は天候不順気味で、東北北部の梅雨明けは特定できなかった。この暑さは、ダイポールモード現象が原因と考えられている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

266件中 101 - 110件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード