184件中 21 - 30件表示
  • 猛暑

    猛暑から見たダイポールモード現象

    しかし、猛暑の原因となり得るものは他にもある。ダイポールモード現象が発生すると日本付近では降水量が減り猛暑になりやすいという考えや北極振動や北大西洋振動が負になるとオホーツク海高気圧が弱まり猛暑になりやすいという考えもあるし、近年日傘効果をもたらす大規模な火山噴火が起きていないため猛暑が何年も連続するとの指摘もある。また、猛暑の原因が揃っていても冷夏の要因となるような現象が起こって相殺されたりすることもあり確実に猛暑となるとは言えない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た2009年

    フェーン現象が起きると、冬季ですら25℃を超えることがある。例えば2009年2月14日には静岡県静岡市で26.2℃、同熱海市網代で25.4℃、神奈川県小田原市で26.1℃、同海老名市で25.3℃などを記録したが、当日は南から暖かい空気が入っていたことや、西側にある山地を越える際にフェーン現象が起こったことが原因と考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た福島市

    7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり名古屋市の39.9℃のほか福島市(39.1℃)、長野県松本市(38.5℃)、三重県上野市(38.8℃)滋賀県彦根市(37.5℃)、東京都八丈島(34.8℃)、同三宅島で32.5℃、高知県室戸岬で35.0℃、同土佐清水市で35.5℃、福岡県飯塚市で37.6℃、鹿児島市(37.0℃)、富士山山頂で17.8℃など多くの地点でこの年に観測された最高気温が現在でも史上1位の記録となっている。名古屋では7月の平均最高気温が35.2℃、京都市では35.0℃に達した。また、京都市では35℃以上の日数が36日を数え、観測史上最も多い。また区内観測所の記録では愛知県豊田市で41.8℃、瀬戸市と奈良県御所市(41.0℃)など東海地方から中国・四国地方の内陸部を中心に17地点で40℃以上を観測した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たデング熱

    冷房などの空調設備の稼動増により電力需要が急増する他、ビールや清涼飲料水、冷菓、氷菓、殺虫剤及び虫刺され用薬などの販売が大きく伸び外出先ではプール、海水浴場、また冷房の効いた屋内施設などの利用者が増えるなど経済活動によい影響(経済効果)がある。しかし電力需要が供給量を超えた場合は停電となり、多大な被害が出ることもある。例えば、1987年7月には東京大停電が起こった。熱中症や脱水症状の件数も増し、体力が奪われるので、抵抗力が弱まり、他の病気にもかかりやすくなる。また、短時間で飲食物が腐敗しやすくなり、雑菌の繁殖も早くなるので、食中毒の危険性が高まるなどの悪影響も多い。温暖化が進むことによってマラリアやデング熱などの熱帯性の感染症が日本で流行することも懸念されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た梅雨前線

    6月は梅雨寒が続いたが梅雨前線の活動は梅雨期間を通して不活発で少雨傾向が著しく、7月には全国的に平年よりかなり早い梅雨明けとなった。7 - 8月は太平洋高気圧に覆われ晴れて厳しい暑さが続いた。岡山県津山市では38.0℃を記録した。空梅雨の影響で水不足や干害も発生した。この年もラニーニャ現象が起こっていた。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た竜巻

    また、海水温も上昇するので竜巻が発生しやすくなるとの指摘もある。海水は一度暖まると、陸地に比べて冷めにくいので、涼しくなった後もしばらくは影響が残りやすい。実際に、2010年は被害を及ぼした竜巻の発生数が26個と平年の約2倍に上った。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た宮古市

    全国平均で+0.57℃と、1955年に更新されるまで最も暑い夏であった。特に、7月の平均気温が平年よりも1.36℃(観測史上6位)、8月も0.26℃高かった。前述の通り、7月25日に山形市で40.8℃を記録している。他にも岩手県宮古市で37.3℃を記録した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た津市

    「観測史上最も暑い夏」と呼ばれている。6月下旬、北海道各地では日最高気温が足寄町で37.1℃、北見市で37.0℃を観測するなど平年を15℃以上も上回り、釧路市では6月としての従前の最高気温を4℃以上も上回り観測史上最高気温を大幅に塗り替えた。東日本以西でも、同月28日に三重県津市で35.6℃を記録するなど平年よりも暖かい6月になった所が多かった。結果的に同月の平均気温は平年を1.07℃(当時使われていた平年値では1.24℃)上回り、観測史上5番目に暖かかった。7月17日とその翌日に、九州北部から東北北部までの全域が一斉に梅雨明けしたと同時に、急激に暑くなり、21日には群馬県館林市で38.9℃、翌日には岐阜県多治見市で39.4℃など38℃以上を記録する場所もあった。同月の平均気温は平年を1.29℃(同1.42℃)も上回った。特に東北では+2.3℃と1978年、1955年に次いで3番目に暑い7月になった。同月の終盤や8月の始めは曇りや雨の所が多く、暑さの峠は越えたのではないかという見方もあった。しかし、この解消は一時的なもので、8月5日頃から再び全国で猛烈な暑さとなり、同月の平均気温は大阪市と岡山市で国内歴代2位タイの30.5℃、高松市で30.4℃を観測するなど島しょ部を除く本土での観測記録を更新した。それ以外にも仙台で27.2℃、東京で29.6℃など多くの地点で観測史上最高になった。また最高気温の月平均は兵庫県豊岡市で35.7℃、大分県日田市で35.6℃に達した。熱帯夜の日数は仙台で10日、東京で56日、名古屋で87日、京都で42日など、多くの地点で観測史上最多を記録した。9月1日、気象庁は6月から8月の平均気温が平年比+1.46℃(当時使われていた平年値では+1.64℃)に達して、1994年を大きく上回る観測史上最高となるなど記録的な猛暑となったのでこの夏の猛暑を異常気象と認定した。特に8月の平均気温は平年を2.00℃(同+2.25℃)も上回り「観測史上最も暑い1ヶ月」と呼ばれている。また、9月中旬までの残暑も非常に厳しく、岐阜県八幡市で39.1℃、群馬県上里見と愛知県東海市で38.8℃など38℃以上を記録した地点も多かった。他にも、多数の地点で9月としての最高気温を更新した。同月22日には静岡県静岡市で36.3℃、山梨県甲府市で35.7℃など、非常に遅くまで激しい暑さが続き、盛夏期が極端に長かったこともこの夏の特徴として挙げられる。月平均では+1.45℃(同+1.79℃)に達し、当時としては観測史上4位になった。(2012年が1位になったので、現在は5位に落ちている)なお、この年は前年夏に始まったエルニーニョ現象が春に終わり、夏に差し掛かるころからラニーニャ現象が始まっていたことも原因と見られている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た夕張市

    夏平均では、平年よりも1.16℃高く、当時としては観測史上1位、2012年現在でも同3位を維持している(1994年と2010年がこの年を上回った)。記録的に梅雨明けが早く7月上旬から最高気温が35℃を超える猛暑となり北日本から関東地方、北陸地方にかけての多くの地点で夏(6月から8月)の平均気温が観測史上最も高く昭和時代では有数の猛暑年となった。北海道留萌市で35.0℃、同紋別市で36.3℃、同夕張市で34.2℃、青森県深浦で37.9℃、同八戸市で37.0℃、秋田県秋田市で38.2℃、山形県酒田市で40.1℃、同鶴岡市で39.9℃、同新庄市で37.4℃、富山県高岡市伏木で39.4℃、など北日本を中心とした多数の地点観測史上最高気温を観測した。この年は太平洋高気圧の勢力(特に北への張り出し)が非常に強く、快晴状態が続き猛暑に加え梅雨明け後の降水量が少なく水不足が深刻化した。しかし、その一方で南西諸島だけは冷夏となり、地域差が極端に大きかった。なお、この年は顕著な猛暑になったにも拘らず、大規模なラニーニャ現象は発生していない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た小田原市

    フェーン現象が起きると、冬季ですら25℃を超えることがある。例えば2009年2月14日には静岡県静岡市で26.2℃、同熱海市網代で25.4℃、神奈川県小田原市で26.1℃、同海老名市で25.3℃などを記録したが、当日は南から暖かい空気が入っていたことや、西側にある山地を越える際にフェーン現象が起こったことが原因と考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

184件中 21 - 30件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード