266件中 21 - 30件表示
  • 猛暑

    猛暑から見た熊本市

    6月は記録的に暖かく、全国的に梅雨明けは早かった。7月は各地で1994年や2001年に匹敵するような猛暑となった。7月20日には東京都心で39.5℃、翌21日には山梨県甲府市で40.4℃など観測史上1位の最高気温を記録した。1994年や2010年とは異なり、8月は平年並みか、やや涼しい地域が多かった。しかし、9月に入って再び高温に転じた。梅雨期も高温で経過したため真夏日の日数が非常に多く熊本市が105日、京都市と大阪市で94日、東京都心で70日となり観測記録を更新した。しかし相次いで台風が接近、上陸し風水害・塩害が頻発したため1994年とは違い米の出来は平年並みにとどまった(地域別でみると天候が安定した東北地方太平洋側や関東地方、甲信(東山)地方で豊作、台風の影響を受けやすかった九州地方では不作となるなど地域差が大きい)。この猛暑の要因は太平洋高気圧が例年より北に偏って張り出したため、日本列島が高気圧の圏内になったものとされている。その他にも都市部ではヒートアイランド現象も要因のひとつに挙げられる。この年は、台風の上陸数が10個に達し、観測史上最も多いことも特徴として挙げられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た富士山

    フェーン現象が発生すると、山脈の風下部では山から吹き降りてきた乾燥した高温の風によって盛夏でなくても猛暑となりやすい。主な観測地点は東日本や東北の日本海側、夏季の関東平野(特に北部)などがある。関東平野は西側に山脈があるので、西風が吹いたときにこの現象が起こりやすい。一方、西日本には2000m以上の山が存在しない(西日本最高峰は愛媛県の石鎚山(いしづちさん)で1982m、中国地方では鳥取県の大山(だいせん)で1729m、九州本土では大分県の九重山中岳(くじゅうさんなかだけ)で1791m)ため、水分の放出が充分に行われず吹き下ろしの風に水分が含まれているので、気化熱が昇温を緩和するので、フェーン現象による気温の上昇は東日本ほど激しくない。東日本には富士山、北アルプス、南アルプスをはじめとする2000m以上の山や山脈が多いため、同現象による気温の上昇が大きくなる。気象官署での観測史上2番目の40.8℃が山形市で記録された1933年7月25日も日本海に台風があり、2000m級の飯豊連峰を南西の風が吹き下りたことによりフェーン現象が発生した。しかし、当日は風速が弱く、日射よる昇温も大きかったと考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た地球温暖化

    1994 - 2013年の20年間のうち猛暑年は18年に達し(2003年と2009年を除く全ての年が当てはまる)、猛暑が恒常化している。これに関しては地球温暖化も影響していると考えられるが、それだけが全ての原因とは考えにくく、様々な気象要因が考えられている。特に、2010年はラニーニャ現象により太平洋高気圧が強められたこと、オホーツク海高気圧がほとんど形成されなかったこと、寒気の影響を受けにくかったこと、偏西風が日本付近で北に大きく蛇行していたため、南からの暖気が入りやすい上、ブロッキング現象により太平洋高気圧が長期間居座りやすかったこと、上空のチベット高気圧が強かったこと、北半球の対流圏全体の気温自体が記録的に高かったことが日本付近の高温をかさ上げしたなど、猛暑になりやすい要因がそろっていたことが原因とみられている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た2009年

    フェーン現象が起きると、冬季ですら25℃を超えることがある。例えば2009年2月14日には静岡県静岡市で26.2℃、同熱海市網代で25.4℃、神奈川県小田原市で26.1℃、同海老名市で25.3℃などを記録したが、当日は南から暖かい空気が入っていたことや、西側にある山地を越える際にフェーン現象が起こったことが原因と考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た九重山

    フェーン現象が発生すると、山脈の風下部では山から吹き降りてきた乾燥した高温の風によって盛夏でなくても猛暑となりやすい。主な観測地点は東日本や東北の日本海側、夏季の関東平野(特に北部)などがある。関東平野は西側に山脈があるので、西風が吹いたときにこの現象が起こりやすい。一方、西日本には2000m以上の山が存在しない(西日本最高峰は愛媛県の石鎚山(いしづちさん)で1982m、中国地方では鳥取県の大山(だいせん)で1729m、九州本土では大分県の九重山中岳(くじゅうさんなかだけ)で1791m)ため、水分の放出が充分に行われず吹き下ろしの風に水分が含まれているので、気化熱が昇温を緩和するので、フェーン現象による気温の上昇は東日本ほど激しくない。東日本には富士山、北アルプス、南アルプスをはじめとする2000m以上の山や山脈が多いため、同現象による気温の上昇が大きくなる。気象官署での観測史上2番目の40.8℃が山形市で記録された1933年7月25日も日本海に台風があり、2000m級の飯豊連峰を南西の風が吹き下りたことによりフェーン現象が発生した。しかし、当日は風速が弱く、日射よる昇温も大きかったと考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た埼玉市

    北・東日本を中心に、梅雨の合間となる6月下旬はかなり暖かくなり、7月上旬に顕著な猛暑に見舞われた。特に関東地方の7月上旬は記録的猛暑となった。7月5日には、埼玉県越谷市で40.2℃、同埼玉市で38.7℃、同熊谷市と同鳩山町、群馬県館林市で39.9℃、茨城県水戸市で38.4℃、栃木県宇都宮市で38.7℃などを記録した。しかし、8月は北日本でかなり涼しくなり、その他の地域でも平年を下回ったところが多く気温の変化が大きかった。また、9月も平年を下回り残暑は厳しくなかった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た熱帯夜

    また、三大都市圏を中心とする都市部での最低気温の高温記録が相次いだり、熱帯夜の増加や冬日が著しく減少しているのは、ヒートアイランド現象によって気温が底上げされていることが一因と考えられる。さらに東京都心で39.5℃など南関東周辺で観測史上最高の高温記録が相次いだ2004年7月下旬はヒートアイランド現象に加えて背の高い高気圧、フェーン現象が重なった例である。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たマラリア

    熱中症や脱水症状の件数も増し、体力が奪われるので免疫力が弱まり、他の病気にもかかりやすくなる。外気温が高いときは、冷房が効いた室内との温度差が大きくなるため、体温調節も難しくなり、体への悪影響もある。それだけではなく夏風邪のウイルスは高温多湿を好むので、その状態が長く続いたときはより多く繁殖する。実際に2010年8月は、夏風邪が例年の2倍程度流行した。また、短時間で飲食物が腐敗しやすくなり、雑菌の繁殖も早くなるので、食中毒の危険性が高まるなどの悪影響も多い。温暖化が進むことによってマラリアやデング熱などの熱帯性の感染症が日本で流行することも懸念されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た青森市

    北日本では平年よりも1.5℃も暑く、1994年を上回る観測史上3番目に暑い夏、東日本でも8月を中心に暑さが厳しかった。特に、北海道では平年を1.7℃も上回った。太平洋高気圧が例年より北へ張り出しやすかったため、北海道でも多くの地域で連日最高気温が30℃以上の真夏日となった。北海道函館市では33.6℃を記録した。札幌市、青森市、秋田市などでは夏の平均気温が観測史上最も高かった。一方、太平洋高気圧の西への張り出しは弱く、さらに前線、熱帯低気圧、暖湿気流などの影響を受けやすかった西日本と南西諸島では曇りや雨の日が多く、気温は平年並かやや涼しかった。9月以降も全国的に残暑が極めて厳しく10月の本州でも連日真夏日になるなどかなり暖かい日が続き、顕著な暖秋となった。この年の猛暑、残暑はラニーニャ現象による影響とみられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た梅雨明け十日

    6月は全国的に、7月は東日本以西で高温が持続した。特に6月は全国平均で2013年現在でも観測史上第1位の平均気温となっている。夏季の平均気温も東北地方を除き1971-2000年の平年を上回った(東北地方は当時の平年値でも平年並みで、現在は平年値が上昇したので、中国地方、九州北部、東海北陸でも平年並みになっている)。また東京では梅雨明け後の7月下旬の平均気温は29.6℃、平均最高気温は33.7℃となるなど、全国的に顕著な梅雨明け十日となった。但し8月に入ると発達したオホーツク海高気圧の影響を受けて南西諸島を除き低温となり、東北地方を中心に冷害も発生した。さらに梅雨後半の前線の活発化などもあって、不順な夏という印象も大きい。南西諸島では夏期間を通じて高温が持続し、観測史上1位となる記録的な猛暑年となった。この年は冷夏になりやすいとされるエルニーニョ現象が起きていたにも拘らず、猛暑になった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

266件中 21 - 30件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード