184件中 31 - 40件表示
  • 猛暑

    猛暑から見た旱魃

    猛暑が長期間継続した場合、少雨による渇水や旱魃が起こりやすく、森林火災が起こりやすくなる。また対流活動が活発化するなどして大気が不安定になりやすく雷雨や局地的な集中豪雨の発生が増え、強くなる傾向にある。例えば、2008年は局所的な豪雨が多く、ゲリラ豪雨と呼ばれた。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た寒波

    猛暑、酷暑、炎暑、灼熱などは夏の天候に対して使う言葉であり類似の表現として気象庁が定義した「暑夏」がある。これはひと夏の天候について言う気象用語で、6月から8月の平均気温が3階級表現で「高い」に該当した夏のこと。冷夏の対義語である。また「熱波」というのは英語のHeat waveに対応する言葉で気象庁ではとくに定義を設けていないが、一般には夏に著しい気温の上昇をもたらす暖気が到来すること。寒波の対義語である。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た函館市

    北・東日本で厳しい暑さが続いた。特に、北海道では平年を1.7℃も上回った。太平洋高気圧が例年より北へ張り出しやすかったため、北海道でも多くの地域で連日最高気温が30℃以上の真夏日となった。北海道函館市では33.6℃を記録した。北日本では平均気温が平年を1.6℃上回る著しい高温となり札幌市、青森市、秋田市などでは夏の平均気温が観測史上最も高かった。一方、太平洋高気圧の西への張り出しは弱く、さらに前線、熱帯低気圧、暖湿気流などの影響を受けやすかった西日本と南西諸島では曇りや雨の日が多く気温も平年並かやや涼しかった。9月以降も全国的に残暑が極めて厳しく10月の本州でも連日真夏日になるなどかなり暖かい日が続き、顕著な暖秋となった。この年の猛暑、残暑はラニーニャ現象による影響とみられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た盛岡市

    6月はかなり寒かったが、7月の平均気温が+1.33℃と当時としては最も高かった。北海道帯広市では7月12日に、道内で最も高い37.8℃を記録した。同じ日に岩手県盛岡市でも37.2℃、他には、8月23日に千葉県勝浦市で34.9℃を記録した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た食中毒

    冷房などの空調設備の稼動増により電力需要が急増する他、ビールや清涼飲料水、冷菓、氷菓、殺虫剤及び虫刺され用薬などの販売が大きく伸び外出先ではプール、海水浴場、また冷房の効いた屋内施設などの利用者が増えるなど経済活動によい影響(経済効果)がある。しかし電力需要が供給量を超えた場合は停電となり、多大な被害が出ることもある。例えば、1987年7月には東京大停電が起こった。熱中症や脱水症状の件数も増し、体力が奪われるので、抵抗力が弱まり、他の病気にもかかりやすくなる。また、短時間で飲食物が腐敗しやすくなり、雑菌の繁殖も早くなるので、食中毒の危険性が高まるなどの悪影響も多い。温暖化が進むことによってマラリアやデング熱などの熱帯性の感染症が日本で流行することも懸念されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た富士山

    7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり名古屋市の39.9℃のほか福島市(39.1℃)、長野県松本市(38.5℃)、三重県上野市(38.8℃)滋賀県彦根市(37.5℃)、東京都八丈島(34.8℃)、同三宅島で32.5℃、高知県室戸岬で35.0℃、同土佐清水市で35.5℃、福岡県飯塚市で37.6℃、鹿児島市(37.0℃)、富士山山頂で17.8℃など多くの地点でこの年に観測された最高気温が現在でも史上1位の記録となっている。名古屋では7月の平均最高気温が35.2℃、京都市では35.0℃に達した。また、京都市では35℃以上の日数が36日を数え、観測史上最も多い。また区内観測所の記録では愛知県豊田市で41.8℃、瀬戸市と奈良県御所市(41.0℃)など東海地方から中国・四国地方の内陸部を中心に17地点で40℃以上を観測した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た八丈島

    7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり名古屋市の39.9℃のほか福島市(39.1℃)、長野県松本市(38.5℃)、三重県上野市(38.8℃)滋賀県彦根市(37.5℃)、東京都八丈島(34.8℃)、同三宅島で32.5℃、高知県室戸岬で35.0℃、同土佐清水市で35.5℃、福岡県飯塚市で37.6℃、鹿児島市(37.0℃)、富士山山頂で17.8℃など多くの地点でこの年に観測された最高気温が現在でも史上1位の記録となっている。名古屋では7月の平均最高気温が35.2℃、京都市では35.0℃に達した。また、京都市では35℃以上の日数が36日を数え、観測史上最も多い。また区内観測所の記録では愛知県豊田市で41.8℃、瀬戸市と奈良県御所市(41.0℃)など東海地方から中国・四国地方の内陸部を中心に17地点で40℃以上を観測した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た熱帯夜

    また、三大都市圏を中心とする都市部での最低気温の高温記録が相次いだり、熱帯夜の増加や冬日の減少が起こったりするのは、ヒートアイランド現象によって気温が底上げされていることが一因と考えられる。さらに山梨県甲府市で40.4℃、東京都心で39.5℃など南関東で観測史上最高の高温記録が相次いだ2004年7月はヒートアイランド現象に加えて背の高い高気圧、フェーン現象が重なった例である。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たマラリア

    冷房などの空調設備の稼動増により電力需要が急増する他、ビールや清涼飲料水、冷菓、氷菓、殺虫剤及び虫刺され用薬などの販売が大きく伸び外出先ではプール、海水浴場、また冷房の効いた屋内施設などの利用者が増えるなど経済活動によい影響(経済効果)がある。しかし電力需要が供給量を超えた場合は停電となり、多大な被害が出ることもある。例えば、1987年7月には東京大停電が起こった。熱中症や脱水症状の件数も増し、体力が奪われるので、抵抗力が弱まり、他の病気にもかかりやすくなる。また、短時間で飲食物が腐敗しやすくなり、雑菌の繁殖も早くなるので、食中毒の危険性が高まるなどの悪影響も多い。温暖化が進むことによってマラリアやデング熱などの熱帯性の感染症が日本で流行することも懸念されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た青森市

    北・東日本で厳しい暑さが続いた。特に、北海道では平年を1.7℃も上回った。太平洋高気圧が例年より北へ張り出しやすかったため、北海道でも多くの地域で連日最高気温が30℃以上の真夏日となった。北海道函館市では33.6℃を記録した。北日本では平均気温が平年を1.6℃上回る著しい高温となり札幌市、青森市、秋田市などでは夏の平均気温が観測史上最も高かった。一方、太平洋高気圧の西への張り出しは弱く、さらに前線、熱帯低気圧、暖湿気流などの影響を受けやすかった西日本と南西諸島では曇りや雨の日が多く気温も平年並かやや涼しかった。9月以降も全国的に残暑が極めて厳しく10月の本州でも連日真夏日になるなどかなり暖かい日が続き、顕著な暖秋となった。この年の猛暑、残暑はラニーニャ現象による影響とみられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

184件中 31 - 40件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード