184件中 41 - 50件表示
  • 猛暑

    猛暑から見た広島市

    3ヶ月平均で平年を1.18℃上回り、当時としては観測史上最高の猛暑となった(2010年に記録が破られた)。梅雨明けが早く、全国各地で最高気温が35℃を超える暑さとなり、40℃を越えた地域も3ヶ所(アメダス)あった。8月の月平均気温が大阪市で30.2℃、広島市で30.1℃となり沖縄県石垣市以外の国内では観測史上初めて月平均気温が30℃を突破し(特に7月中旬から8月上旬の1ヶ月間では、大阪市の30.8℃を筆頭に東海地方以西の19ヶ所で平均気温が30℃以上となる)名古屋市と大阪市では最高気温の月平均が35℃を超えた。京都市では最高気温が4日間連続して39℃を超え、最高気温の旬平均が37.9℃(任意の5日間では39.2℃)に達した。大分県日田市では22日間連続を含む計45日間猛暑日を観測した。東京都心でも8月3日に東北地方に上陸した台風11号に南風が吹き込んだため最高気温39.1℃を観測した。米は豊作であったが空梅雨で降水量が少なかったことが災いし、全国的な水不足に見舞われた。なおこの年は9月以降も残暑が厳しく、10月以降も季節の進行がかなり遅く顕著な暖秋だった。この猛暑や残暑の要因として、ラニーニャ現象は起きていなかったが、インド洋の西側の海水温の上昇によってエルニーニョ・ラニーニャ同様に世界的異常気象を引き起こすダイポールモード現象が指摘されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た彦根市

    7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり名古屋市の39.9℃のほか福島市(39.1℃)、長野県松本市(38.5℃)、三重県上野市(38.8℃)滋賀県彦根市(37.5℃)、東京都八丈島(34.8℃)、同三宅島で32.5℃、高知県室戸岬で35.0℃、同土佐清水市で35.5℃、福岡県飯塚市で37.6℃、鹿児島市(37.0℃)、富士山山頂で17.8℃など多くの地点でこの年に観測された最高気温が現在でも史上1位の記録となっている。名古屋では7月の平均最高気温が35.2℃、京都市では35.0℃に達した。また、京都市では35℃以上の日数が36日を数え、観測史上最も多い。また区内観測所の記録では愛知県豊田市で41.8℃、瀬戸市と奈良県御所市(41.0℃)など東海地方から中国・四国地方の内陸部を中心に17地点で40℃以上を観測した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たアメダス

    3ヶ月平均で平年を1.18℃上回り、当時としては観測史上最高の猛暑となった(2010年に記録が破られた)。梅雨明けが早く、全国各地で最高気温が35℃を超える暑さとなり、40℃を越えた地域も3ヶ所(アメダス)あった。8月の月平均気温が大阪市で30.2℃、広島市で30.1℃となり沖縄県石垣市以外の国内では観測史上初めて月平均気温が30℃を突破し(特に7月中旬から8月上旬の1ヶ月間では、大阪市の30.8℃を筆頭に東海地方以西の19ヶ所で平均気温が30℃以上となる)名古屋市と大阪市では最高気温の月平均が35℃を超えた。京都市では最高気温が4日間連続して39℃を超え、最高気温の旬平均が37.9℃(任意の5日間では39.2℃)に達した。大分県日田市では22日間連続を含む計45日間猛暑日を観測した。東京都心でも8月3日に東北地方に上陸した台風11号に南風が吹き込んだため最高気温39.1℃を観測した。米は豊作であったが空梅雨で降水量が少なかったことが災いし、全国的な水不足に見舞われた。なおこの年は9月以降も残暑が厳しく、10月以降も季節の進行がかなり遅く顕著な暖秋だった。この猛暑や残暑の要因として、ラニーニャ現象は起きていなかったが、インド洋の西側の海水温の上昇によってエルニーニョ・ラニーニャ同様に世界的異常気象を引き起こすダイポールモード現象が指摘されている。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た熱帯低気圧

    北・東日本で厳しい暑さが続いた。特に、北海道では平年を1.7℃も上回った。太平洋高気圧が例年より北へ張り出しやすかったため、北海道でも多くの地域で連日最高気温が30℃以上の真夏日となった。北海道函館市では33.6℃を記録した。北日本では平均気温が平年を1.6℃上回る著しい高温となり札幌市、青森市、秋田市などでは夏の平均気温が観測史上最も高かった。一方、太平洋高気圧の西への張り出しは弱く、さらに前線、熱帯低気圧、暖湿気流などの影響を受けやすかった西日本と南西諸島では曇りや雨の日が多く気温も平年並かやや涼しかった。9月以降も全国的に残暑が極めて厳しく10月の本州でも連日真夏日になるなどかなり暖かい日が続き、顕著な暖秋となった。この年の猛暑、残暑はラニーニャ現象による影響とみられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た北日本

    夏平均では、平年よりも1.16℃高く、当時としては観測史上1位、2012年現在でも同3位を維持している(1994年と2010年がこの年を上回った)。記録的に梅雨明けが早く7月上旬から最高気温が35℃を超える猛暑となり北日本から関東地方、北陸地方にかけての多くの地点で夏(6月から8月)の平均気温が観測史上最も高く昭和時代では有数の猛暑年となった。北海道留萌市で35.0℃、同紋別市で36.3℃、同夕張市で34.2℃、青森県深浦で37.9℃、同八戸市で37.0℃、秋田県秋田市で38.2℃、山形県酒田市で40.1℃、同鶴岡市で39.9℃、同新庄市で37.4℃、富山県高岡市伏木で39.4℃、など北日本を中心とした多数の地点観測史上最高気温を観測した。この年は太平洋高気圧の勢力(特に北への張り出し)が非常に強く、快晴状態が続き猛暑に加え梅雨明け後の降水量が少なく水不足が深刻化した。しかし、その一方で南西諸島だけは冷夏となり、地域差が極端に大きかった。なお、この年は顕著な猛暑になったにも拘らず、大規模なラニーニャ現象は発生していない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た豊岡市

    6月はオホーツク海高気圧が発達して梅雨寒が続いたが7月には解消して暑い日が多くなり、8月は多くの台風が接近したためフェーン現象が頻発し、最高気温の月平均は兵庫県豊岡市で35.2℃、新潟県小出町で34.7℃、年最高気温は富山県高岡市伏木で38.5℃など、上位11地点のうち9地点が北日本および北陸地方から山陰地方の日本海側であった。北海道広尾町では観測史上1位となる35.0℃を記録している。この年は猛暑が起きやすいといわれるラニーニャ現象が前年から継続していた。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た浜松市

    6月下旬はかなり暖かく、7月は太平洋高気圧が本格的に強まって東北南部から南西諸島の広範囲で猛暑となり、特に東日本で著しかった。東京都心、埼玉県熊谷市をはじめ関東地方の多くの地点では7月の月平均気温が観測史上最高となった。7月24日には群馬県前橋市で40.0℃、静岡県佐久間町(現在は浜松市天竜区)では40.2℃と観測記録を更新した。また関東・甲信地方の梅雨明けは7月1日と、1951年以降で最も早い梅雨明けとなった。但し北日本太平洋側や関東地方では8月以降発達したオホーツク海高気圧の影響で冷たい北東風が吹き込みやすかったため8月は一転して気温が低く、曇りや雨の日が多くなった。また8月中旬に台風11号が上陸したあとは全国的に一気に涼しくなり猛暑、暖秋傾向が著しい2000年代以降としては盛夏期は比較的短く秋の訪れも早かった。なお北日本では7月に東北南部で猛暑となった以外は天候不順気味で、東北北部の梅雨明けは特定できなかった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た真夏日

    6月は全国的に平年よりもやや寒かったが7月に入ると全国的に平年を大きく上回る高温に転じ東日本、西日本を中心に厳しい暑さが続いた。愛知県東海市で7月25日から27日に3日間連続で日最高気温が38℃以上を記録し、また27日には大阪市で日最低気温が29℃以上となるなど前年8月に匹敵する高温を各地で記録した。7月中旬 - 8月中旬の最高気温平均値は名古屋市で35.4℃、京都市で35.1℃など1994年、1995年などの年に匹敵する猛暑となった。東海以西では真夏日や猛暑日の日数が軒並み平年を大きく上回り、観測史上有数の記録となった地点が多かった。この高温・少雨・多照傾向は8月中旬までの長期間に亘って持続し、8月上旬に気象庁の異常気象分析検討会として検討された。8月下旬になるとオホーツク海高気圧の影響などによりようやく全国的に低温傾向となり厳しい猛暑から解放されたものの7月から8月中旬までの顕著な高温傾向が反映され、夏の平均気温は東日本から沖縄・奄美地方にかけて高かった。高温傾向は東海?西日本で顕著であったが、7月から8月の高温傾向が比較的小さく8月下旬の低温が顕著となった東北・北海道では夏平均気温は平年並みかやや涼しかった。また特に8月下旬は大気の状態が不安定であったため広い範囲でにわか雨や雷雨が起こりやすく前線を伴った低気圧の影響で東海地方や関東地方で豪雨となり、大きな被害が発生した(詳しくは平成20年8月末豪雨および2008年夏の局地的荒天続発を参照)。前年ほどではなかったが、この年も残暑は厳しく一時的に涼しくなった8月下旬から一転して9月は再び全国的な高温に転じた。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た白浜町

    空梅雨で降水量は少なく梅雨明け後は各地で最高気温が35℃を越す記録的な猛暑となり、各地で水不足となった。特に西日本で猛暑が著しく猛暑日の日数は大分県日田市で43日、京都市で28日、大阪市で20日に達した。秋以降も太平洋高気圧の勢力が例年以上に強かったため、9月も高温担ったが降水量は多かった。また台風の上陸が多く11月30日には台風28号が和歌山県白浜町に上陸し、観測史上最も遅い日本への上陸記録となった。また、この年はかなりの猛暑であったにも拘らず、ラニーニャ現象は起こっていない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た九州

    6月は空梅雨気味で温暖な日が多く、北日本で記録的高温となった地点があった。梅雨明けが関東・甲信・北陸地方以北では8月にずれ込むなど、7月は北日本から九州北部の広範囲で低温となった。しかし8月中旬は本州付近で太平洋高気圧に覆われ晴天が続き、関東・東海地方を中心に顕著な猛暑となった。最高気温が40℃以上を観測した地点が5ヶ所・のべ7日間(内アメダスが4ヶ所・6日間)にものぼり8月16日には岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で40.9℃を観測し、1933年に山形市で記録した国内最高気温40.8℃を74年ぶりに更新した。7月涼しかったものの6月は温暖、8月が顕著な高温であったため結果的に夏の平均気温は北陸、近畿を除き平年を0.0-0.4℃前後上回る高温となった。北海道は0.8℃も上回った。9月は台風9号が東日本を縦断した以後に太平洋高気圧の勢力が強まり、特に西日本では平年を3℃前後上回る残暑が続いた。西日本を中心に全国の気象台・観測所153地点のうち64地点で9月の月平均気温の最高記録を更新し真夏日日数は熊本市が99日、鹿児島市が96日など九州各地で85日以上を記録した。また札幌市で現地の観測史上最も遅い真夏日を、大阪市で全国歴代2番目に遅い猛暑日を観測した。なお2007年の記録的な猛暑や残暑は地球温暖化が原因という指摘もあるが、その他には2007年春から発生しているラニーニャ現象が原因の一つと考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

184件中 41 - 50件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード