184件中 61 - 70件表示
  • 猛暑

    猛暑から見たラニーニャ現象

    2007年春以降、「2007年の夏はラニーニャ現象の影響で日本各地で猛暑になる」と大きく報道された。研究や過去の統計からラニーニャ現象が発生するとフィリピン近海の海水温が上昇するため、上昇気流が発生する。その北に位置する日本付近では下降気流が発生し、そこに勢力の強い太平洋高気圧が形成される。そのため、日本付近が猛暑となりやすいと考えられている。また地球温暖化が進むと同様にフィリピン付近の海水温上昇により太平洋高気圧の勢力が強大化して、日本付近は他の地域よりも猛暑になりやすいという予測もある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た山梨県

    一般に夏季において背の高い(空の高いところから低いところまで鉛直に長い構造の)高気圧に覆われて全層に渡って風が弱く、周囲の比較的冷たい空気や湿気の流入が弱く快晴状態の場合に起こりやすい。内陸の盆地や山間部では周囲の山岳により外部の大気との混合が妨げられ、熱い空気がその場にとどまりやすいやすいことや、どの方向から風が吹いても、フェーン現象が起こりやすいので、他の地域よりも暑くなりやすい。主な観測地点は山形県山形市、山梨県甲府市、京都市、大分県日田市などがある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た埼玉県

    6月下旬はかなり暖かく、7月は太平洋高気圧が本格的に強まって東北南部から南西諸島の広範囲で猛暑となり、特に東日本で著しかった。東京都心、埼玉県熊谷市をはじめ関東地方の多くの地点では7月の月平均気温が観測史上最高となった。7月24日には群馬県前橋市で40.0℃、静岡県佐久間町(現在は浜松市天竜区)では40.2℃と観測記録を更新した。また関東・甲信地方の梅雨明けは7月1日と、1951年以降で最も早い梅雨明けとなった。但し北日本太平洋側や関東地方では8月以降発達したオホーツク海高気圧の影響で冷たい北東風が吹き込みやすかったため8月は一転して気温が低く、曇りや雨の日が多くなった。また8月中旬に台風11号が上陸したあとは全国的に一気に涼しくなり猛暑、暖秋傾向が著しい2000年代以降としては盛夏期は比較的短く秋の訪れも早かった。なお北日本では7月に東北南部で猛暑となった以外は天候不順気味で、東北北部の梅雨明けは特定できなかった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た熊谷市

    6月下旬はかなり暖かく、7月は太平洋高気圧が本格的に強まって東北南部から南西諸島の広範囲で猛暑となり、特に東日本で著しかった。東京都心、埼玉県熊谷市をはじめ関東地方の多くの地点では7月の月平均気温が観測史上最高となった。7月24日には群馬県前橋市で40.0℃、静岡県佐久間町(現在は浜松市天竜区)では40.2℃と観測記録を更新した。また関東・甲信地方の梅雨明けは7月1日と、1951年以降で最も早い梅雨明けとなった。但し北日本太平洋側や関東地方では8月以降発達したオホーツク海高気圧の影響で冷たい北東風が吹き込みやすかったため8月は一転して気温が低く、曇りや雨の日が多くなった。また8月中旬に台風11号が上陸したあとは全国的に一気に涼しくなり猛暑、暖秋傾向が著しい2000年代以降としては盛夏期は比較的短く秋の訪れも早かった。なお北日本では7月に東北南部で猛暑となった以外は天候不順気味で、東北北部の梅雨明けは特定できなかった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た日田市

    一般に夏季において背の高い(空の高いところから低いところまで鉛直に長い構造の)高気圧に覆われて全層に渡って風が弱く、周囲の比較的冷たい空気や湿気の流入が弱く快晴状態の場合に起こりやすい。内陸の盆地や山間部では周囲の山岳により外部の大気との混合が妨げられ、熱い空気がその場にとどまりやすいやすいことや、どの方向から風が吹いても、フェーン現象が起こりやすいので、他の地域よりも暑くなりやすい。主な観測地点は山形県山形市、山梨県甲府市、京都市、大分県日田市などがある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た大分県

    一般に夏季において背の高い(空の高いところから低いところまで鉛直に長い構造の)高気圧に覆われて全層に渡って風が弱く、周囲の比較的冷たい空気や湿気の流入が弱く快晴状態の場合に起こりやすい。内陸の盆地や山間部では周囲の山岳により外部の大気との混合が妨げられ、熱い空気がその場にとどまりやすいやすいことや、どの方向から風が吹いても、フェーン現象が起こりやすいので、他の地域よりも暑くなりやすい。主な観測地点は山形県山形市、山梨県甲府市、京都市、大分県日田市などがある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た太平洋高気圧

    2007年春以降、「2007年の夏はラニーニャ現象の影響で日本各地で猛暑になる」と大きく報道された。研究や過去の統計からラニーニャ現象が発生するとフィリピン近海の海水温が上昇するため、上昇気流が発生する。その北に位置する日本付近では下降気流が発生し、そこに勢力の強い太平洋高気圧が形成される。そのため、日本付近が猛暑となりやすいと考えられている。また地球温暖化が進むと同様にフィリピン付近の海水温上昇により太平洋高気圧の勢力が強大化して、日本付近は他の地域よりも猛暑になりやすいという予測もある。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見たオホーツク海高気圧

    しかし、猛暑の原因となり得るものは他にもある。ダイポールモード現象が発生すると日本付近では降水量が減り猛暑になりやすいという考えや北極振動や北大西洋振動が負になるとオホーツク海高気圧が弱まり猛暑になりやすいという考えもあるし、近年日傘効果をもたらす大規模な火山噴火が起きていないため猛暑が何年も連続するとの指摘もある。また、猛暑の原因が揃っていても冷夏の要因となるような現象が起こって相殺されたりすることもあり確実に猛暑となるとは言えない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た気象庁

    6月は天候による気温差があったが東北南部以南では平年よりもやや暖かかった。7月は天候不順気味で全国的に梅雨明けが遅く広範囲で記録的大雨となったが、8月に入ると一転して各地で猛暑に見舞われた。関西・瀬戸内地方を中心に月平均気温が29℃を超えたほか大阪市では最高気温の月平均が35.0℃となった。北東気流や台風の影響でそれほど高温にならなかった東北地方太平洋側から関東地方の沿岸部や東海地方の沿岸部を除き、8月の平均気温は全国的に顕著な高温となり、寒暖差があったものの夏季の平均気温は全国的に高くなった。2006年夏の大雨、猛暑の要因は太平洋高気圧、オホーツク海高気圧とも勢力が強く偏西風が蛇行したことが挙げられる。なお、この年の7月の記録的大雨に対しては気象庁が平成18年7月豪雨と命名した。また、9月は平年並みかやや涼しかった所が多かった。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た岐阜県

    6月は空梅雨気味で温暖な日が多く、北日本で記録的高温となった地点があった。梅雨明けが関東・甲信・北陸地方以北では8月にずれ込むなど、7月は北日本から九州北部の広範囲で低温となった。しかし8月中旬は本州付近で太平洋高気圧に覆われ晴天が続き、関東・東海地方を中心に顕著な猛暑となった。最高気温が40℃以上を観測した地点が5ヶ所・のべ7日間(内アメダスが4ヶ所・6日間)にものぼり8月16日には岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で40.9℃を観測し、1933年に山形市で記録した国内最高気温40.8℃を74年ぶりに更新した。7月涼しかったものの6月は温暖、8月が顕著な高温であったため結果的に夏の平均気温は北陸、近畿を除き平年を0.0-0.4℃前後上回る高温となった。北海道は0.8℃も上回った。9月は台風9号が東日本を縦断した以後に太平洋高気圧の勢力が強まり、特に西日本では平年を3℃前後上回る残暑が続いた。西日本を中心に全国の気象台・観測所153地点のうち64地点で9月の月平均気温の最高記録を更新し真夏日日数は熊本市が99日、鹿児島市が96日など九州各地で85日以上を記録した。また札幌市で現地の観測史上最も遅い真夏日を、大阪市で全国歴代2番目に遅い猛暑日を観測した。なお2007年の記録的な猛暑や残暑は地球温暖化が原因という指摘もあるが、その他には2007年春から発生しているラニーニャ現象が原因の一つと考えられる。猛暑 フレッシュアイペディアより)

184件中 61 - 70件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード