184件中 81 - 90件表示
  • 猛暑

    猛暑から見た富山県

    夏平均では、平年よりも1.16℃高く、当時としては観測史上1位、2012年現在でも同3位を維持している(1994年と2010年がこの年を上回った)。記録的に梅雨明けが早く7月上旬から最高気温が35℃を超える猛暑となり北日本から関東地方、北陸地方にかけての多くの地点で夏(6月から8月)の平均気温が観測史上最も高く昭和時代では有数の猛暑年となった。北海道留萌市で35.0℃、同紋別市で36.3℃、同夕張市で34.2℃、青森県深浦で37.9℃、同八戸市で37.0℃、秋田県秋田市で38.2℃、山形県酒田市で40.1℃、同鶴岡市で39.9℃、同新庄市で37.4℃、富山県高岡市伏木で39.4℃、など北日本を中心とした多数の地点観測史上最高気温を観測した。この年は太平洋高気圧の勢力(特に北への張り出し)が非常に強く、快晴状態が続き猛暑に加え梅雨明け後の降水量が少なく水不足が深刻化した。しかし、その一方で南西諸島だけは冷夏となり、地域差が極端に大きかった。なお、この年は顕著な猛暑になったにも拘らず、大規模なラニーニャ現象は発生していない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た東京都

    また、三大都市圏を中心とする都市部での最低気温の高温記録が相次いだり、熱帯夜の増加や冬日の減少が起こったりするのは、ヒートアイランド現象によって気温が底上げされていることが一因と考えられる。さらに山梨県甲府市で40.4℃、東京都心で39.5℃など南関東で観測史上最高の高温記録が相次いだ2004年7月はヒートアイランド現象に加えて背の高い高気圧、フェーン現象が重なった例である。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た長野県

    7月下旬から8月中旬にかけては全国的に顕著な高温となり名古屋市の39.9℃のほか福島市(39.1℃)、長野県松本市(38.5℃)、三重県上野市(38.8℃)滋賀県彦根市(37.5℃)、東京都八丈島(34.8℃)、同三宅島で32.5℃、高知県室戸岬で35.0℃、同土佐清水市で35.5℃、福岡県飯塚市で37.6℃、鹿児島市(37.0℃)、富士山山頂で17.8℃など多くの地点でこの年に観測された最高気温が現在でも史上1位の記録となっている。名古屋では7月の平均最高気温が35.2℃、京都市では35.0℃に達した。また、京都市では35℃以上の日数が36日を数え、観測史上最も多い。また区内観測所の記録では愛知県豊田市で41.8℃、瀬戸市と奈良県御所市(41.0℃)など東海地方から中国・四国地方の内陸部を中心に17地点で40℃以上を観測した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た北海道

    6月はかなり寒かったが、7月の平均気温が+1.33℃と当時としては最も高かった。北海道帯広市では7月12日に、道内で最も高い37.8℃を記録した。同じ日に岩手県盛岡市でも37.2℃、他には、8月23日に千葉県勝浦市で34.9℃を記録した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た兵庫県

    梅雨明け後は全国的に晴れて厳しい暑さとなった。兵庫県洲本市では36.7℃を記録した。盛夏期は降水量がほぼ全国的にかなり少なく、西日本では干害の被害が発生した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た火山噴火

    しかし、猛暑の原因となり得るものは他にもある。ダイポールモード現象が発生すると日本付近では降水量が減り猛暑になりやすいという考えや北極振動や北大西洋振動が負になるとオホーツク海高気圧が弱まり猛暑になりやすいという考えもあるし、近年日傘効果をもたらす大規模な火山噴火が起きていないため猛暑が何年も連続するとの指摘もある。また、猛暑の原因が揃っていても冷夏の要因となるような現象が起こって相殺されたりすることもあり確実に猛暑となるとは言えない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た寒春

    なお、1982年、1983年、2003年、2009年のように暖春の年でも冷夏になったこともあれば、1978年、2010年、2011年のように寒春の年でも記録的な猛暑になったこともあるので、春が涼しかったからといって必ず猛暑にはならないとはいえない。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た小出町

    6月はオホーツク海高気圧が発達して梅雨寒が続いたが7月には解消して暑い日が多くなり、8月は多くの台風が接近したためフェーン現象が頻発し、最高気温の月平均は兵庫県豊岡市で35.2℃、新潟県小出町で34.7℃、年最高気温は富山県高岡市伏木で38.5℃など、上位11地点のうち9地点が北日本および北陸地方から山陰地方の日本海側であった。北海道広尾町では観測史上1位となる35.0℃を記録している。この年は猛暑が起きやすいといわれるラニーニャ現象が前年から継続していた。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た森林火災

    猛暑が長期間継続した場合、少雨による渇水や旱魃が起こりやすく、森林火災が起こりやすくなる。また対流活動が活発化するなどして大気が不安定になりやすく雷雨や局地的な集中豪雨の発生が増え、強くなる傾向にある。例えば、2008年は局所的な豪雨が多く、ゲリラ豪雨と呼ばれた。猛暑 フレッシュアイペディアより)

  • 猛暑

    猛暑から見た奥日光

    北・東日本で猛暑となった。7月16日には長野県軽井沢で最高気温34.2℃、栃木県奥日光で最高気温30.2℃、山梨県河口湖で35.4℃を観測した。北海道稚内市でも8月22日に最高気温31.3℃を記録した。猛暑 フレッシュアイペディアより)

184件中 81 - 90件表示

「暑さ対策」のニューストピックワード