前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示
  • 光熱費

    光熱費から見た暖房暖房

    ガス…調理、給湯、暖房等に使用。供給は都市ガス、プロパンガスなど。調理については今まで代替手段がなかったが、最近では電気を利用する電磁調理器も出回っており、ガスを一切使わないオール電化マンション(後述)なども多い。ガスエンジンやガスタービン、燃料電池といったコジェネレーションシステムを用い、ガスから電気、熱(温水・蒸気)を生み出す総合エネルギーとして注目されている。光熱費 フレッシュアイペディアより)

  • ラジエーター

    ラジエーターから見た暖房暖房

    ラジエーター()は液体や気体の熱を放熱する装置あるいは機械要素である。冷却水や潤滑油の冷却に用いられる場合や、熱源として暖房などに用いられる場合がある。ラジエータ、ラジエターとも読書きする。なお、「ジ」を「ヂ」、「エ」を「ヱ」と記述することもある(例:ラヂエーター、ラヂヱター)。ラジエーター フレッシュアイペディアより)

  • ヒートポンプ

    ヒートポンプから見た暖房暖房

    加熱(暖房・給湯)の場合、発熱現象そのもの(燃焼など)を利用する従来の方法に徐々に取って代わりつつある。大気・地中熱・水(地下水・河川・下水道)・排熱等から、投入エネルギー(電気が多いがその他の動力・熱のものもある)よりも多い熱エネルギーを回収して利用する。適切な条件下で利用すれば省エネルギーや温暖化ガスの排出量削減が可能であり、地球温暖化への対策技術の一つにも挙げられている。ヒートポンプ フレッシュアイペディアより)

  • 東葉高速鉄道2000系電車

    東葉高速鉄道2000系電車から見た暖房暖房

    この結果から暖房能力の向上や自動放送装置の設置、純電気ブレーキ方式の採用や車両情報装置(TIS)を使用した検修作業の効率化などを要望され、これらの提案を反映することとなった。東葉高速鉄道2000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E231系電車

    JR東日本E231系電車から見た暖房暖房

    空調装置には集中式のAU725形(系列)の能力 48.84 kW (42,000 kcal/h) または能力向上を図ったAU726形(系列)の 58.14 kW (50,000 kcal/h) を各車に搭載している(近郊タイプのグリーン車を除く)。この空調装置は年間を通してTIMSによる全自動空調制御(暖房器・送風機の制御を含む)を採用した新開発のものである。これはTIMS内のカレンダー機能による季節認識機能や室内外の温度や湿度・乗車率等から判断して「冷房・暖房・除湿・送風モード」から自動選択し、ファジィ制御により各車両毎に最適制御するものである。JR東日本E231系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 灯油

    灯油から見た暖房暖房

    灯油(とうゆ。古くは燈油とも書かれる)とは、石油の分留成分の一つであるケロシンから作られる石油製品。言い換えると、ケロシンを暖房やランプなどの日用品に利用するために調整した製品が灯油である。広義には灯油の成分はほぼケロシンであるため、「ケロシン」の言い換えで「灯油」と呼ぶことがあるが、ここでは石油製品としての灯油について述べる。灯油 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本キハ100系気動車

    JR東日本キハ100系気動車から見た暖房暖房

    冷房はコンプレッサを機関で駆動する機械式のAU26J-B×1台(キハ100形)・AU26J-A×2台(キハ110形)で、除湿機能付き、暖房は機関の廃熱を利用する温水・温風方式であるが、始動性のよい直噴エンジンの採用により機関予熱器を装備しないため、下り勾配での暖房能力低下対策としてコンバータブレーキでの変速機油の廃熱を暖房に利用している。JR東日本キハ100系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道車両

    鉄道車両から見た暖房暖房

    機関車は、動力集中方式の客車や貨車を推進・牽引して走行するための動力車である。機関車自体には動力装置とそれを運転するための運転台のみがあるのが普通で、旅客や貨物を搭載するための設備は備えていない。また動力装置以外に、客車に対する暖房用の蒸気発生装置を搭載していたり、客車の照明・空調用の電源装置を搭載していたりする。鉄道車両 フレッシュアイペディアより)

  • 火

    から見た暖房暖房

    人類は調理、暖房、合図として、また動力源としても火を利用してきた。(→) フレッシュアイペディアより)

  • 営団05系電車

    営団05系電車から見た暖房暖房

    そのほか妻面は貫通扉の戸袋となっている個所へ妻面窓が設置された。また、座席の片持ち式化によりドアコックは座席下から側扉上部右側に移設した。合わせて暖房器も蹴込み内蔵の反射形から座席つり下げ式の輻射形に変更した。さらに側扉、連結面貫通扉の化粧板を強固に接着し、貼り替え不能式から取り替え式に変更し、更新時にドア本体の再利用が可能なように変更した。営団05系電車 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示

「暖房器具」のニューストピックワード