264件中 91 - 100件表示
  • 台所

    台所から見た暖房暖房

    世界的に見た場合、気温によって火と水の使い方に大きな違いがあり、それにより食空間の形態や調理法にも違いが生じている。気温が低く、日照時間の短い地域ほど、台所の火は暖房や住まいの照明として非常に重要となり、台所はリビングや寝室など、生活と密接した位置に設けられる。一方、年間を通じて気温の高い地域では、火から離れたほうが快適であるために、台所は生活から離れた場所に設けられる。台所 フレッシュアイペディアより)

  • 床暖房

    床暖房から見た暖房暖房

    床暖房(ゆかだんぼう)とは、床を加温することで生じる熱伝導、対流および放射を利用した暖房方法である。床暖房 フレッシュアイペディアより)

  • 寒冷地

    寒冷地から見た暖房暖房

    建築面では周囲の温度を氷点下にせず、配管等の設備面では装置が凍結しないように防止する対策である。寒冷地の店舗や住宅は、窓が二重窓で固定されていることで暖房能力の向上を図っている。また、INAX・TOTOなどの衛生陶器の製造業では水洗便器の寒冷地仕様が販売されている。寒冷地 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神3301形・3501形電車

    阪神3301形・3501形電車から見た暖房暖房

    車体は、3011形は前面非貫通で2扉(片引戸)であったのに対し、ラッシュ対策として片引戸ながらも3扉とした側面窓配置(3301形 d1D22D22D1d、3501形 d1D22D22D2 dは乗務員扉、Dは客用扉を表す)の車体に、前面は貫通式の3面折妻として窓上にはシールドビーム式の前照灯を設置し、1段奥に引っ込んだ貫通扉には連結時に使用する幌が装備され、その後8000系先行車まで多少形を変えながらも引き継がれた阪神車両の「顔」となる前面スタイルを確立した。屋根上には運転台側にパンタグラフを搭載したほか、3011形の強制通風装置とは異なり、箱型の通風器を搭載した。このため、両運転台式の3301形はパンタグラフのある側の前面には高圧配管が通り、独特の面構えをしていた。車内は3011形がセミクロスシートだったのに対し、ロングシートとなったほか、3301形および3501 - 3508の車内暖房に抵抗器の廃熱を利用する方式が採用された。車体の塗装も上半分がクリーム、下半分が朱色という明るいイメージとなり、同時期に人気を集めていた漫画『赤胴鈴之助』に因んで、「赤胴車」の名前で呼ばれるようになった。阪神3301形・3501形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 停電

    停電から見た暖房暖房

    停電では、一般市民の生活に於いて照明の他にも冷蔵庫・エアコン・電磁調理器・暖房・洗濯機などの生活家電が使えなくなる。テレビ(携帯用など乾電池・あらかじめ充電していたバッテリーで使用できるものは除く)・パソコンも使えなくなるため、情報が入手できないという事態に陥りやすい。また、高層ビルでは突然の停電の場合にはエレベーターに閉じこめられるなどの被害もある。停電 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED70形電気機関車

    国鉄ED70形電気機関車から見た暖房暖房

    また製造当初は列車暖房用供給装置が搭載されておらず、冬期の客車列車牽引に支障をきたしたため1960年代初頭に総括制御用ジャンパ連結器を撤去し、主変圧器に暖房電源供給用の4次巻線を新設したうえで電気暖房装置(EG)を松任工場(現・金沢総合車両所)で搭載する改造を施工した。国鉄ED70形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 山梨交通モハ7形電車

    山梨交通モハ7形電車から見た暖房暖房

    元々山岳線向け車両であったため江ノ電内では出力過多であり、そのため1両あたり4台あった主電動機(モーター)を2台外して就役させた。また、この800形は山梨県、長野県と寒冷地を走行していた関係で暖房器を装備しており、江ノ電初の暖房付き車両となった。塗色は当初は緑とクリームの江ノ電標準塗装であったが、日中合作映画『未完の対局』撮影のため幕板と下回りが青、窓周りが黄色の「青電」塗装となったり、1984年(昭和59年)に下が茶色、上がクリームのツートンカラーになり、「チョコ電」の愛称で親しまれた。山梨交通モハ7形電車 フレッシュアイペディアより)

  • オイルシェール

    オイルシェールから見た暖房暖房

    油母を熱分解することで、合成石油にすることができる。すなわちオイルシェールを加熱すると、油の蒸気や可燃性のガス(オイルシェールガス。シェールガスとは異なる)が発生するので、これを回収して使用する。オイルシェールを発電や暖房目的で直接燃やすこともあり、化学産業の原料として使うこともある。オイルシェール フレッシュアイペディアより)

  • モンパルナス

    モンパルナスから見た暖房暖房

    モンパルナスは1900年代までは、北隣の大学地区、カルチェ・ラタンに通う学生の下宿や荒地が広がっていた場所で、家賃や物価はじめ、何もかもが安いさびれた郊外であり、区画整理が進んで市街地化した1900年代後半になっても基本的な変化はなかった。世界中から集まった金のない画家、彫刻家、小説家、詩人、作曲家たちは、安い家賃や物価のため、また創造的な環境に身を置いて成功のチャンスを掴むため、「ラ・リューシュ(La Ruche)」のような集合住宅に住み、芸術家のコミューンを作り上げた。ラ・リューシュではマルク・シャガール、アメデオ・モディリアーニ、シャイム・スーティンらが水道や暖房のないアトリエで、ネズミやシラミに苦しみながら、食べるために作品をわずかな金で売っていた。ジャン・コクトーはかつて、モンパルナスでは貧困すら贅沢だと言った。キュビスムやフォーヴィスムを支援したヘンリー・カーンワイラーなどの画商に見出され、売り出されたこれらの芸術家の作品は、今日では数億円の値で取引されるほどになっている。モンパルナス フレッシュアイペディアより)

  • 燃料

    燃料から見た暖房暖房

    暖房と調理のための熱源として火が求められ、そのために燃料が使用された。おそらく当初はたき火がその両方に用いられた。その後調理のためには竈などが開発されるが、暖房にも利用された。暖房のためにはストーブなどが発明された。ストーブは調理に使用することもある。燃料 フレッシュアイペディアより)

264件中 91 - 100件表示

「暖房器具」のニューストピックワード