264件中 101 - 110件表示
  • 漏電

    漏電から見た暖房器具暖房

    また、電流が流れる電気回路はジュール熱で熱を帯びるが、設計された耐熱温度を超えると、発火により火災を起こす。火災に至らないまでも絶縁皮膜が融け、漏電やショートを起こす場合も少なくない。いわゆるたこ足配線でテーブルタップなどの先に幾つもの消費電力が大きい家電(暖房器具や掃除機など)を接続して使うと、安価なテーブルタップや長いケーブルは熱を帯びる。接続して使用する機器の合計消費電力にも注意を払う必要がある。漏電 フレッシュアイペディアより)

  • 囲炉裏

    囲炉裏から見た暖房暖房

    囲炉裏(いろり:居炉裏とも表記)とは、屋内に恒久的に設けられる炉の一種。伝統的な日本の家屋において床を四角く切って開け灰を敷き詰め、薪や炭火などを熾すために設けられた一角のことである。主に暖房・調理目的に用いる。数える際には「基」を用いる。古くは、比多岐(ひたき)や地火炉(じかろ)とも言った。囲炉裏 フレッシュアイペディアより)

  • すす

    すすから見た暖房暖房

    概ね過去の生活様式となったが、室内の照明に油脂やロウソクを使用したり、暖房に囲炉裏や暖炉を使うことで、すすが室内に溜まるのが日常であった。今でもこうした照明を用いる寺院や教会では、すすが発生している。また、燃焼に伴う煙中の微粒子だけに限らず、室内に溜まる細かな粒子状の汚れを指してすすと呼ぶことがある。すす フレッシュアイペディアより)

  • あんか

    あんかから見た暖房器具暖房

    あんか(行火)は炭火、電気ヒーター、化学発熱体等を内蔵した一人用可搬型の採暖用保温具 。布団などに入れ直接手足に当てて暖をとる暖房器具である。地域や世代によっては「こたつ」「足炬燵」と呼ばれることもある。あんか フレッシュアイペディアより)

  • 松岡利勝

    松岡利勝から見た暖房暖房

    2007年3月5日の参議院予算委員会において、参議院議員小川敏夫(民主党)の質問により、松岡の資金管理団体「松岡利勝新世紀政経懇話会」が、水道代、冷暖房費が無料である衆議院第一議員会館に「主たる事務所」を設置しているにもかかわらず、2005年に500万円超の「光熱水費」を計上していたことが発覚した。小川は議員会館においては水道・電気・暖房等がすべて無償であると指摘した上で「どこで使用した光熱水費か?」と質問し、松岡は「当然のことながら、主たる事務所としてのその議員会館の関係について報告をしておる」「それはどういう金額でどうだということにつきましては、それは当然のことながら、こちらも承知をし了解をしたものとして報告をいたしております」「(光熱水費には)『何とか還元水』とかそういったようなものを付けております。光熱費につきましても、暖房なりなんなり、それは別途そういったものの分が含まれている」「(松岡利勝新世紀政経懇話会が使用しているのは)政治資金管理団体としては議員会館一つです」と答弁した。「(500万円という通常では考えられない金額について)還元水の装置や(議員会館常設の集中暖房以外に)電気暖房の機械か何かを100個も置いているのか?」と問われると「私は一々、これが幾ら、あれが幾らということは、今ここににわかには覚えておりませんが、それはまたきちんと確認してお答えしたい」と苦しい弁明を行った。小川は、使途が浄水装置や暖房装置であるとする松岡の主張を「そんなにかかるはずがない。明らかに虚偽記載だ」と批判した。松岡利勝 フレッシュアイペディアより)

  • フランス・ドイツ間の国際列車

    フランス・ドイツ間の国際列車から見た暖房暖房

    また同改正ではストラスブール - ザルツブルク間をシュトゥットガルト、ミュンヘン経由で結ぶ列車モーツァルト(Mozart)が登場した。この列車は西ドイツ国鉄のET11型電車が用いられたが、当時非電化であったストラスブール - ミュールアッカー(Mühlacker, カールスルーエとシュトゥットガルトの中間)間では蒸気機関車が電車を牽引した。ただしこの方法では暖房が使えないため、同年冬のダイヤ改正からは客車列車となった。その後モーツァルトは1961年にパリ - ザルツブルク間、1965年にはパリ - ウィーン間と延長されている。フランス・ドイツ間の国際列車 フレッシュアイペディアより)

  • 冬

    から見た暖房器具暖房

    生物にとって、冬は直接に命の危険にさらされる季節である。それにつれて生物は活動を控えたり、様々な方法で冬眠や越冬に入る。落葉樹は葉を落とし、宿根草は地上部を枯らす。人間は防寒を主目的とした冬服に着替え、さらに襟巻きなどの防寒具を着用するが、霜焼け・凍傷を起こす事や凍死する者もいる。暖房器具を使用するのも冬のことであり、こたつやストーブに体を寄せる楽しみもあるが、それに起因する一酸化炭素中毒も冬に度々発生している。 フレッシュアイペディアより)

  • スプレー

    スプレーから見た暖房暖房

    充填ガスの種類に関わらず、本質は高圧ガス容器であり、室温を越える高温(目安として40℃以上)が長時間続くとガスの膨張により破裂する可能性があり、可燃性ガス製品では引火、爆発する。よって夏場で直射日光が当たり続ける場所や、炎天下での自動車車内、加熱調理器具や暖房器具の近くに置くのは危険である。スプレー フレッシュアイペディアより)

  • シェルター

    シェルターから見た暖房暖房

    こういった設備を稼動させるためには電力の確保も必要だが、外部からの電力供給に頼っていては大規模な攻撃や災害の際には全く役に立たなくなる。このため、自家発電設備を備えるほか、それら発電機の燃料などの備蓄も必要である。例えばディーゼルエンジンなら、普段は家屋の暖房に使っている燃料をそのまま流用できるかもしれない。ただ最悪の場合では、これら電源用の動力源が切れた場合を想定し、空気の濾過器や外部に通じる扉などには人力で動作させられる安全装置が組み込まれる。シェルター フレッシュアイペディアより)

  • K3/4次列車

    K3/4次列車から見た暖房暖房

    K3/4次列車で現在使われている18系客車及び19系客車は1995年に社(、通称)の工場で製作された。車体の色は従来の塗装で、空調はついていない。そのため暖房設備は石炭ストーブで賄われているが、これはモンゴルやシベリアなどの寒冷地域を通るためで、冬期に?30℃から?50℃まで下がるモンゴルやシベリアでは、電気暖房であると故障するおそれがあり、石炭ストーブの方が信頼性が高いとされているためである。K3/4次列車 フレッシュアイペディアより)

264件中 101 - 110件表示

「暖房器具」のニューストピックワード