264件中 111 - 120件表示
  • 熱供給事業

    熱供給事業から見た暖房暖房

    熱供給事業(ねつきょうきゅうじぎょう、英: Heat Supply Business)とは、エネルギー供給事業のひとつで公益事業として扱われ「登録制」である。一か所または数の熱発生所(プラント)から複数の建物(需要家)等に、導管(熱導管)で結んで、冷房・暖房・製造などに使用するために、冷水・温水・蒸気を送る事業をいう。熱供給事業は、「地域熱供給」や「地域冷暖房」とも呼ばれているが、法的には「熱供給事業」という名称で整理される。熱供給事業 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽鉄道線

    津軽鉄道線から見た暖房暖房

    津軽半島の中央部を南北に縦貫している。冬季には客車内の暖房に石炭焚きのダルマストーブを用いる「ストーブ列車」が運行される。タブレットによる閉塞が行われ、津軽五所川原駅・金木駅には腕木式信号機がある(ただし場内信号機のみで出発信号機はない)。津軽鉄道線 フレッシュアイペディアより)

  • JR北海道キハ150形気動車

    JR北海道キハ150形気動車から見た暖房暖房

    従来の北海道向け車両では客室と出入台との間に仕切り扉を設けていたが、本形式ではこれに代わる寒冷対策として、座席の客用扉隣接部に樹脂製の袖仕切りを設け、客用扉は押ボタン式の半自動ドアとして、開放時間を最小限にできるようにしている。他の酷寒地対応として、機関始動および暖房用の機関予熱器(容量30000kcal/h)を装備するほか、燃料タンクは500Lを2個装備として大容量化している。JR北海道キハ150形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 電気毛布

    電気毛布から見た暖房暖房

    電気毛布(でんきもうふ)は、電気によって加温できる毛布。主に寒冷期に用いられ、冷えた布団や身体を温めることで睡眠を助ける寝具であり、暖房器具である。電気毛布 フレッシュアイペディアより)

  • 南阿蘇鉄道MT-2100形気動車

    南阿蘇鉄道MT-2100形気動車から見た暖房暖房

    暖房装置は軽油を燃料とする独立式である。冷房装置は設けられていない。南阿蘇鉄道MT-2100形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ陸軍基礎訓練

    アメリカ陸軍基礎訓練から見た暖房暖房

    ファイヤー・ガードの由来は木造の兵舎と薪ストーブの時代までさかのぼる。ファイヤー・ガードは兵舎の火災を防ぐため、火の番をしていた。気温が低い日に部隊によっては野外で夜間に訓練を行うことはあり、その際に灯油ストーブからの失火を防ぐための監視は必要ではあるが、現在では火は宿泊施設の暖房に用いられないため、ファイヤー・ガードの存在は防火よりもむしろ規律の訓練である。アメリカ陸軍基礎訓練 フレッシュアイペディアより)

  • 生ごみ処理機

    生ごみ処理機から見た暖房暖房

    ヒーターなどの熱源や温風で、生ごみの水分を蒸発させて乾燥、攪拌、破砕して減量、衛生化を行う。生ごみ処理機 フレッシュアイペディアより)

  • ドライブインシアター

    ドライブインシアターから見た暖房暖房

    また上映環境の改善も図られた。冬の駐車場は寒く客足が伸びないため、プロパンヒーターなど暖房機の貸出しを行ったり、中には各区画に配管を行い観客の車に冷気や暖気を送り込めるようにした劇場もあったが、こうした配管がネズミの巣となり車内にネズミが侵入する場合もあった。ドライブインシアター フレッシュアイペディアより)

  • デラウェア・アンド・ハドソン鉄道

    デラウェア・アンド・ハドソン鉄道から見た暖房暖房

    「デラウェア・アンド・ハドソン運河会社」は、1823年にニューヨーク州とペンシルベニア州のそれぞれで法律によって認可され、ウィリアム・ワーツとその兄弟であるモーリス(Maurice)にデラウェア・アンド・ハドソン運河の建設が許可された。1825年1月、ウォール街の喫茶店で実施された無煙炭による暖房のデモンストレーションを受けて、公募増資に100万ドルが集まり、時価総額が100万ドルに達した初めてのアメリカ企業となった。デラウェア・アンド・ハドソン鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 熱源設備

    熱源設備から見た暖房暖房

    コージェネレーション : 燃料による発電を行い、その排熱を有効利用して給湯・暖房・冷房などを行うシステム。熱源設備 フレッシュアイペディアより)

264件中 111 - 120件表示

「暖房器具」のニューストピックワード