264件中 121 - 130件表示
  • 国鉄キハ32形気動車

    国鉄キハ32形気動車から見た暖房暖房

    冷房装置はエンジン直結式を装備している。暖房はエンジンの廃熱を利用するもので、ヒーター本体には「バスヒーター」と表記されたプレートが貼付されている。国鉄キハ32形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ37形気動車

    国鉄キハ37形気動車から見た暖房暖房

    ベンチレーターは押し込み形で天井扇風機も装備されている。キハ40系に引き続き温風式暖房装置が採用されているが、吸気口は室内天井付近となり、4位側戸袋部にはそのダクトが立ち上がっている。床下でエンジン冷却水と熱交換された温風は、座席下のダクトから室内へ排出される。国鉄キハ37形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • ダルマストーブ

    ダルマストーブから見た暖房暖房

    ダルマストーブとは明治から昭和中後期にかけて日本で使用された鋳鉄製の暖房器具である。その形体(膨らんだ寸胴形、寸胴形、球形など)がだるまを想起させダルマストーブと呼???????????????????????????ダルマストーブ フレッシュアイペディアより)

  • 土山サービスエリア

    土山サービスエリアから見た暖房暖房

    2009年7月8日にNEXCO中日本が駐車中のトラックに冷暖房向けの電気を供給する「外部電源式アイドリングストップ給電スタンド」を当SAの上り線駐車場2マス、下り線駐車場2マスの計4マス(この他、中央自動車道談合坂SA上り線駐車場6マス)に高速道路で初めて設置し、7月17日15時より使用を開始すると発表した。これにより、アイドリング駐車を抑制しCO2の削減や燃料コストの削減となる。電気使用料金は1時間当たり72円で、2010年3月31日までは58円で利用できる。ただし、当サービスを利用するにはトラック側にスタンド対応の冷暖房装置等を別途取り付ける必要がある。土山サービスエリア フレッシュアイペディアより)

  • 水熱源ヒートポンプパッケージ方式

    水熱源ヒートポンプパッケージ方式から見た暖房暖房

    冷房・暖房が混在する場合、熱回収運転となり省エネルギーである。水熱源ヒートポンプパッケージ方式 フレッシュアイペディアより)

  • 雪

    から見た暖房暖房

    建物では積雪により建物の開口部が閉塞がされると建物からの出入りなどに支障が出る。また、建物では避難路などが積雪で閉塞されることがあるほか、エネルギー搬入路(LPG庫や給油口など)が積雪で閉塞されると建物内のエネルギー供給に支障が出る。なお、寒さを防ぐために家屋を密閉したり、厚い積雪により空気より重い排気が滞留する環境にあると、暖房や炊事などの火気使用に伴う排気が充満し、健康被害をもたらすことがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 新冠ダム

    新冠ダムから見た暖房器具暖房

    沙流川の河水も利用する奥新冠発電所から放流された水は新冠湖に貯えられる。そして下流に1969年(昭和44年)に完成した下新冠ダムの貯水池・下新冠調整池との間で揚水発電を行う。ピーク時発電であり、エアコンが頻繁に使用され、工場の操業も多くなる夏季や暖房器具が頻繁に使用される冬季において電力需要がピークとなる際に下新冠ダムと相互に水を運用することで最大20万キロワットの発電を行う。また、発電後放流される水が下流の新冠町に影響を及ぼさないようにするため、貯水池で放流量を平均化し下流への水量を一定にさせる「逆調整池」として岩清水ダムが利用される。岩清水ダムでは新冠町と北海道電力との間における取り決めにより、灌漑や漁業への影響を抑制するため新冠川の正常な流量を維持する目的で河川維持放流が常時実施されている。新冠ダム フレッシュアイペディアより)

  • 火鉢

    火鉢から見た暖房暖房

    火鉢(ひばち)は、陶磁器や金属や木材などでできた器具で、入れた灰の上で炭を燃焼させ、暖房や湯沸かしや簡単な調理を行うもの。火櫃(ひびつ)や火桶(ひおけ)などともいい、冬の季語。火鉢 フレッシュアイペディアより)

  • 営団01系電車

    営団01系電車から見た暖房暖房

    暖房装置は冷房搭載後も設置されていない(試作車も同様)。営団01系電車 フレッシュアイペディアより)

  • オイルヒーター

    オイルヒーターから見た暖房暖房

    オイルヒーターとは暖房器具の一種である。オイルヒーター フレッシュアイペディアより)

264件中 121 - 130件表示

「暖房器具」のニューストピックワード