264件中 131 - 140件表示
  • 電気蓄熱暖房機

    電気蓄熱暖房機から見た暖房暖房

    電気蓄熱暖房機は、内部の蓄熱体を加熱・放熱することで暖房に利用するものである。蓄熱体としては煉瓦が用いられ、これを加熱することで熱を貯えておき、その熱を必要により取り出して、室内空間を暖めるのに使う。電気蓄熱暖房機 フレッシュアイペディアより)

  • 笹子トンネル (中央本線)

    笹子トンネル (中央本線)から見た暖房暖房

    東京側で完成した区間から順次中央線電車の運転が延長され、残された浅川(現:高尾) - 甲府間でも1931年(昭和6年)4月1日にまず旅客列車から時刻をそのままで電気機関車牽引に切り替えた。7月1日からは貨物列車も電気機関車牽引に切り替えられた。7月20日のダイヤ改正により時間短縮を行い飯田町 - 甲府間は約4時間となり、また従来急行1往復、普通5往復であったのが急行1往復、普通8往復に増発された。これにより開業から28年を経て乗務員や利用客は蒸気機関車の煤煙から解放された。ただしこの当時の列車暖房は電化された東海道本線の一部区間などで電気機関車から給電された電力で各客車に設置された電気ヒーターを動作させる電気暖房が採用されていたが、それ以外の路線では、熱源となる蒸気を客車へ送って温める蒸気暖房を採用しており、電化された区間ではこの蒸気の供給源として暖房車という石炭ボイラーを搭載する車両が連結され、引き続き煤煙を排出していた。やがて蒸気発生装置 (SG) を電気機関車に搭載する方式が普及し、また電気暖房も普及していき、1972年(昭和47年)までに暖房車が全廃され、笹子トンネルを含む区間は国鉄暖房車が最後に使用された区間となった。笹子トンネルは、蒸気機関車が営業運行をおこなったトンネルとしては日本で歴代最長となる。笹子トンネル (中央本線) フレッシュアイペディアより)

  • スイス国鉄RAe TEE II形電車

    スイス国鉄RAe TEE II形電車から見た暖房暖房

    1等制御客車、1等車、食堂車は空調装置として車端部の天井上部に冷房装置を、床下に温風暖房装置と換気装置を搭載しており、車体側面窓間に左右1箇所ずつ設置された吸気口から吸入された外気は換気装置と温風暖房装置を経由して室内床上左右壁部のダクトから室内へ供給されるほか、室内床上左右壁部のダクトから側面窓間壁内のダクトを通り、室内からの還気と合流した上で天井裏左右のダクトを経由してクーラーに至り、クーラーの冷気は天井裏中央のダクトを経由して天井左右の穴開板から室内に供給される。スイス国鉄RAe TEE II形電車 フレッシュアイペディアより)

  • イタリア国鉄ALn556.1200/1300気動車

    イタリア国鉄ALn556.1200/1300気動車から見た暖房暖房

    ALn56.1200/1300の室内は前頭部側から運転室/主機室、乗降デッキ、定員40名(うち4名分は折畳席)の客室、トイレおよび手荷物置場、定員16名で端部に郵便搭載スペースを設置した客室、乗降デッキ、運転室/主機室の配置となっており、ALDUn220では運転室/主機室、乗降デッキ、荷物室、仕分棚等を設けた郵便室、トイレおよび手荷物置場、定員20名の客室、乗降デッキ、運転室/主機室の配置となっている。各形式とも各室には仕切壁は設けられておらず、車内は一室となっている。客室の座席は2+2列の4人掛け、シートピッチ1400mmの固定式クロスシートで、茶色の合皮貼りでヘッドレストのない背摺の低いものを各窓毎に1ボックスずつ配列している。室内灯は天井中央部に2列に白熱灯が設置され、天井は白色、側壁面はニス塗りの木製のものとなっているほか、客室暖房として機関冷却水を使用した温風暖房が設置されている。イタリア国鉄ALn556.1200/1300気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団3000系電車

    営団3000系電車から見た暖房暖房

    1993年度から1997年度にかけて2両編成15本、3両編成3本の計39両が長野電鉄へ譲渡され、3500系として導入された(このうち2両は予備部品確保用)。在姿状態での本形式の譲渡は同社のみである。譲渡にあたっては片側先頭車のパンタグラフ撤去、暖房装置の増強などが実施された。営団3000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ゆぅトピア

    ゆぅトピアから見た暖房暖房

    また、座席上の荷物棚については100系新幹線と同様のものに交換した。暖房装置は種車で窓下部分に温水式暖房装置が設置されていたものを撤去し、代わって座席下に電気式暖房装置を設置した。ゆぅトピア フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ01系気動車

    国鉄キハ01系気動車から見た暖房暖房

    暖房は、排気ガスの廃熱を用いていて熱量不足であった同時期の大型気動車より一歩進んでおり、当初はラジエーターからの冷却水廃熱による温風暖房を採用していた。さらに北海道用グループは改良型の大型気動車同様に軽油燃焼式の強力な温気暖房器(ウェバスト式温風暖房装置)を装備、この暖房装置を利用してフードで覆われたエンジン周りも温め、凍結を防ぐ配慮が加えられていた。国鉄キハ01系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 石油ファンヒーター

    石油ファンヒーターから見た暖房暖房

    石油ファンヒーター(せきゆファンヒーター)とは暖房器具の1つで、灯油を燃焼しそのエネルギーで得た熱を送風ファンによって排出し暖をとる電気製品である。他の暖房器具に比べランニングコストが安いことが利点。一方原油価格による影響を受けやすく、また灯油の扱いや燃焼(主に点火・消火)時の臭気がデメリットともされる。石油ファンヒーター フレッシュアイペディアより)

  • 京都市交通局10系電車

    京都市交通局10系電車から見た暖房暖房

    全車両の屋上に4基冷房能力12.2 kW(10,500 kcal/h)の三菱電機製CU194冷房装置が搭載された。車両中央の2基は一体に見えるカバーに納められた。3次車以降と増結付随車は電力消費低減を図ったロータリー形に変更されている。各車に3台換気装置が設けられ、3次車以降と増結付随車では冷房効率向上のためラインフローファンが追加された。換気装置には強制的に3台を運転するモードと、乗車率150 %未満の時は1台、それ以上の時は3台を運転するモードがある。暖房装置は1・2次車では反射式、3次車以降と増結付随車ではシーズ線式のものが座席下に設置された。京都市交通局10系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 建築学

    建築学から見た暖房暖房

    建築設備学という学問領域はなく、建築衛生や建築環境工学、建築音響工学の実学的側面を指す俗称あるいは大学でのカリキュラムのジャンルを示すに過ぎない。建築物に用いる設備、すなわち機械設備と電気設備を研究すると狭義に解釈されているが、本来建築環境学として、建築に関わる採光、換気、排煙、暖房と冷房、空気調和工学のほか建物の断熱性能、音響性能などさまざまな事象を数理的に探究する領域である。建築学 フレッシュアイペディアより)

264件中 131 - 140件表示

「暖房器具」のニューストピックワード