264件中 11 - 20件表示
  • 東京メトロ10000系電車

    東京メトロ10000系電車から見た暖房暖房

    このほか、床下の暖房配線分岐構造の変更や妻面の電線固定方法の変更など、細かな点で仕様変更が実施されている。東京メトロ10000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 営団05系電車

    営団05系電車から見た暖房暖房

    そのほか妻面は貫通扉の戸袋となっている個所へ妻面窓が設置された。また、座席の片持ち式化によりドアコックは座席下から側扉上部右側に移設した。合わせて暖房器も蹴込み内蔵の反射形から座席つり下げ式の輻射形に変更した。さらに側扉、連結面貫通扉について従来は化粧板を骨組みに強固に接着し、貼り替え不能式が不可能であったが、これを取り替え式に変更し、更新時にドア本体の再利用が可能なように変更した。営団05系電車 フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E231系電車

    JR東日本E231系電車から見た暖房暖房

    空調装置には集中式のAU725形(系列)の能力 48.84 kW (42,000 kcal/h) または能力向上を図ったAU726形(系列)の 58.14 kW (50,000 kcal/h) を各車に搭載している(近郊タイプのグリーン車を除く)。この空調装置は年間を通してTIMSによる全自動空調制御(暖房器・送風機の制御を含む)を採用した新開発のものである。これはTIMS内のカレンダー機能による季節認識機能や室内外の温度や湿度・乗車率等から判断して「冷房・暖房・除湿・送風モード」から自動選択し、ファジィ制御により各車両毎に最適制御するものである。JR東日本E231系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 再生可能エネルギー

    再生可能エネルギーから見た暖房暖房

    地熱により暖められた温水を直接間接的に利用。入浴や治療のほか調理や暖房にも利用できる。再生可能エネルギー フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ40系気動車 (2代)

    国鉄キハ40系気動車 (2代)から見た暖房暖房

    本系列は、1974年に開発されたキハ66系をベースにしており、車体や制御回路、変速機、ブレーキ方式などの基本構造は同系を踏襲しているが、搭載機関は同系搭載の12気筒から、基本設計を共通化しつつ6気筒として出力を半分に落とし、当時の国鉄の技術力・予算に見合った設計としている。また、国鉄時代には全国で大規模な車両の配置転換を行っていたことから、暖房やラジエーターなど酷寒地向けを基本として設計された箇所が多く、温暖地で寒地向け車両が使用される場合は過剰装備となる。国鉄キハ40系気動車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄205系電車

    国鉄205系電車から見た暖房暖房

    座席の構造上、暖房機器を従来のように座席下に設置できなくなるため、鉄道車両ではあまり例がない床暖房が採用されている。このほか、従来どおり座席下にも小形のシーズ式ヒーターが設置されている。これは補助的なもので、座席が使用されている場合のみこのヒーターは稼動する。国鉄205系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 火

    から見た暖房暖房

    人類は調理、暖房、合図として、また動力源としても火を利用してきた。(→) フレッシュアイペディアより)

  • ファンヒーター

    ファンヒーターから見た暖房器具暖房

    ファンヒーターとは暖房器具の一種である。ファンヒーター フレッシュアイペディアより)

  • 袷

    から見た暖房暖房

    衣替えの慣例としては10月から5月までの間に着るものだが、ウールなど暖かい素材の普及と暖房器具の発達により、真冬のみ着る人もいる。 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル国の医療

    モンゴル国の医療から見た暖房暖房

    モンゴルでは、赤ん坊でも火傷痕のある者が多い。寒い冬の暖房で火傷をする機会が多く、火傷をしても充分な治療が受けられないためである。モンゴル国の医療 フレッシュアイペディアより)

264件中 11 - 20件表示

「暖房器具」のニューストピックワード