236件中 21 - 30件表示
  • エアサーキュレーター

    エアサーキュレーターから見た暖房暖房

    室内でのエアコン等による冷暖房では、暖気は上昇、冷気は下降し、室内の上下(天井付近と床面付近)の温度差が大きくなりやすい。このような場合に、エアサーキュレーターを用いて天井へ向けて強い風を送り出すことにより、室内の空気が循環し攪拌され、この温度差をある程度解消することができる。冷房や暖房の補助として効率を上げる(省エネ)効果の他、足元の冷えや頭のほてりなどの不快症状の軽減にも効果がある。また、換気や冷房(扇風機の代用)の用途にも使用できる。エアサーキュレーター フレッシュアイペディアより)

  • 電気蓄熱暖房機

    電気蓄熱暖房機から見た暖房器具暖房

    電気蓄熱暖房機(でんきちくねつだんぼうき)は電気を利用した暖房器具電気蓄熱暖房機 フレッシュアイペディアより)

  • 震災復興再開発事業

    震災復興再開発事業から見た暖房暖房

    またアメリカからの義援金等国際的な応援もあり、鉄筋コンクリートの小学校校舎建設を進めた。校舎のデザインは時代の先端とされたドイツ表現主義の影響を受け、日本の分離派の影響が色濃い建築物が多く作られていく。建設にあたっては、耐震構造の研究を進めていた佐野利器が東京市の当時の市長永田秀次郎に請われて、東京帝国大学教授兼務のまま東京市建築局長に就任する。早速佐野は建築局に古繁田甲午郎らを呼び寄せ、都市計画業務に従事していた石原憲治、田中希一、福田重義らと設計にとりかかる。佐野の主導で、将来を担う子供に衛生思想を根付かせる意味でのトイレの水洗化、暖房設備、理科教育や公民教育を重要視した教室など、合理主義に基いた設計思想が導入される。教育局はこうした施設は贅沢といって作法室の設置を望んだが(畳敷きの作法室は教師たちの一杯やる場所でもあったらしい)、佐野は作法室の設置を拒み、教育局との間で確執が生じる。教育局は教育関係者を総動員して反対運動を展開したが、佐野は復興前に計画し完成した小学校の作法室を現場監督に命じて破壊させるなど、最後までゆずらなかった。また設計および施工指針のハンドブックを作成、メートル法を徹底して採用し、骨組み・ディテールを標準化。スチールサッシュとスチーム暖房も採用していく。鉄骨コンクリート構造に関しては、アメリカから取り寄せた鉄骨の長さが予定より足りず、海軍技師の協力を得て溶接したほか、強度鑑定の証明書を内藤多仲に依頼した。震災復興再開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • シャワー室

    シャワー室から見た暖房暖房

    湯水を使って体の清潔さを求める設備ではあるが、湯を浴びることで体を温めることもできる。ただしシャワーは入浴に比べると湯の触れる面積が狭いため、あまり体を温める用途には向かない側面もあり、シャワーを浴びた後は体を良く拭かないとすぐに冷える。気温が高い夏場では行水など簡略化された入浴の代用として体をすばやく清潔にできるが、気温の低い冬場では暖房などで室温をあげておかないと体を冷やし過ぎてしまいがちである。シャワー室 フレッシュアイペディアより)

  • モンゴル国の医療

    モンゴル国の医療から見た暖房暖房

    モンゴルでは、赤ん坊でも火傷痕のある者が多い。寒い冬の暖房で火傷をする機会が多く、火傷をしても充分な治療が受けられないためである。モンゴル国の医療 フレッシュアイペディアより)

  • イソ (自動車)

    イソ (自動車)から見た暖房暖房

    1939年、ジェノヴァにおいて創業。イソサーモス(Isothermos )という社名で冷蔵庫や暖房器具などを製造していた。これを実業家のレンツォ・リヴォルタが買収し、第二次世界大戦中の1942年に空襲を避けてブレッソへ疎開した。イソ (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • フランス・ドイツ間の国際列車

    フランス・ドイツ間の国際列車から見た暖房暖房

    また同改正ではストラスブール - ザルツブルク間をシュトゥットガルト、ミュンヘン経由で結ぶ列車モーツァルト(Mozart)が登場した。この列車は西ドイツ国鉄のET11型電車が用いられたが、当時非電化であったストラスブール - ミュールアッカー(Mühlacker, カールスルーエとシュトゥットガルトの中間)間では蒸気機関車が電車を牽引した。ただしこの方法では暖房が使えないため、同年冬のダイヤ改正からは客車列車となった。その後モーツァルトは1961年にパリ - ザルツブルク間、1965年にはパリ - ウィーン間と延長されている。フランス・ドイツ間の国際列車 フレッシュアイペディアより)

  • グレン・ディンプレックス

    グレン・ディンプレックスから見た暖房器具暖房

    グレン・ディンプレックス (Glen Dimplex) は、暖房器具製造会社の一つである。電気蓄熱暖房機・オイルヒーター・ファンヒーター・セラミックファンヒーター・電気ストーブなどを始めとする電気暖房器具をメインに、給湯器や温水器など住設機器の製造・販売を行っている。グレン・ディンプレックス フレッシュアイペディアより)

  • ゆぅトピア

    ゆぅトピアから見た暖房暖房

    また、座席上の荷物棚については100系新幹線と同様のものに交換した。暖房装置は種車で窓下部分に温水式暖房装置が設置されていたものを撤去し、代わって座席下に電気式暖房装置を設置した。ゆぅトピア フレッシュアイペディアより)

  • 熱源設備

    熱源設備から見た暖房暖房

    コジェネレーション : 燃料による発電を行いその排熱を有効利用して給湯・暖房・冷房などを行うシステム。熱源設備 フレッシュアイペディアより)

236件中 21 - 30件表示

「暖房器具」のニューストピックワード