236件中 31 - 40件表示
  • シトロエン・ヴィザ

    シトロエン・ヴィザから見た暖房暖房

    1978年に登場した当初のラインナップは、2CV以来伝統の空冷水平対向エンジン ( 652 cc まで拡大 ) 積む「スペシャル」と「クラブ」、プジョー製オールアルミ 1124 cc 水冷直列4気筒エンジン ( X型 ) を積む「シュペール」の3種であった。水冷モデルは設計年次の古い空冷 652 cc 版と同水準の経済性を保ちながら遥かにパワフルかつ静粛であり、なによりもヒーターの効きが良かったため、1219 cc、1360 cc、954 cc の各水冷モデルが次々に追加され、シリーズの中心となった。また、1984年にはプジョーが伝統的に得意とした 1769 cc ( XUD 型 ) ディーゼルエンジン搭載車も追加された。シトロエン・ヴィザ フレッシュアイペディアより)

  • ウォーム・ビズ

    ウォーム・ビズから見た暖房器具暖房

    ただ元々、クールビズが夏場の電力供給量対策及び間接的には火力発電の負担増加に伴う二酸化炭素排出量抑制として、また以前より冷房による電力不足の問題は広く認識されていたために熱心に推奨されてきたが、冬場は灯油や都市ガスなど化石化燃料を使う暖房器具などが利用できるなど電力需要に余裕があるため、電力会社を巻き込んで宣伝が成されたクールビズほどには積極的に推進されていない。このため広報も十分とはいえず、民間企業への浸透は今一つである。ウォーム・ビズ フレッシュアイペディアより)

  • 寒冷地

    寒冷地から見た暖房暖房

    寒冷地の店舗や住宅は、窓が二重窓で固定されていることで暖房能力の向上を図っている。また、自動車にも寒冷地向け仕様が販売されたり、寒冷地の鉄道車両にも暖房能力や風雪対策を図った車両がある(113系・115系・419系電車や、キハ47形気動車など)。しかしドアが半自動扱いの時は手で開けるタイプとボタン式の2種類がある(後者は、JR西日本の221系以降の新造車の多く・113系電車と103系電車の一部で見られるタイプ)。防風林も寒冷地でよく見られる。また、INAX・TOTOなどの衛生陶器の製造業では水洗便器の寒冷地仕様が販売されている。寒冷地 フレッシュアイペディアより)

  • 電気暖房 (鉄道)

    電気暖房 (鉄道)から見た暖房暖房

    電気暖房(でんきだんぼう)とは、電気エネルギーを用いて暖房を行う空調設備・手法・システムである。本稿では、鉄道車両における電気暖房について扱う。電気暖房 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

  • 地中熱

    地中熱から見た暖房暖房

    地下の温度は土壌の断熱機能により大気の温度変化の影響を受けにくく、一年を通してほぼ一定であることを利用し、古くから食品や氷の保存に利用されてきた。20世紀に入るとヒートポンプによる積極的な温度差利用が行われるようになる。冬場は、地中から熱をすくい上げる(暖房)、夏場は地上の熱を地中に放出する(冷房)という形で利用する。エアコンのようにコンプレッサを用いるものの他、地下水や不凍液等を循環させることにより熱運搬を行うものもある。ランニングコストは安いものの機器設置等のイニシャルコストが高い点はデメリットである。メリットについては地中熱 フレッシュアイペディアより)

  • M62形ディーゼル機関車

    M62形ディーゼル機関車から見た暖房暖房

    最初の修繕ですべてのST44形の前照灯は、小さいものからポーランド標準の大きいものへと取り替えられた。ポーランドがM62形を輸入するにはいくつかの理由があったわけだが、今日的視点からするとその決定は曖昧なものであった。この機関車は当時ポーランドで貨物輸送に従事していたどの機関車よりも強力であったが、客車への暖房関連装置が無いために客車列車を牽引することができず、大きな軌道破壊も引き起こした。M62形のもうひとつの弱点は燃料消費が多いことであった。この機関車の利点は、単純な構造と信頼性のある電気式動力伝達機構にあった。ポーランド国鉄の電化区間の延伸は、比較的新しいST44形を予備車へと追いやった。ポーランド国鉄で廃車となった多くのST44形が専用鉄道や私鉄にその活路を見いだしていった。M62形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 浴室暖房

    浴室暖房から見た暖房暖房

    浴室暖房(よくしつだんぼう)とは寒い浴室を快適に使うための暖房であり、各家庭に内湯のなかった時代には特別に設置をする必要のなかった設備である。浴室暖房 フレッシュアイペディアより)

  • 日本電子材料

    日本電子材料から見た暖房暖房

    1960年 - 兵庫県尼崎市口田中字野上(現:兵庫県尼崎市御園1丁目)に日本電子材料株式会社を設立し、ブラウン管用カソード・ヒーター等の電子管部品の製造販売を開始。日本電子材料 フレッシュアイペディアより)

  • 三角窓

    三角窓から見た暖房暖房

    原因としては、自動車スタイリングの流行の変化、コストダウンに伴う単純化などの影響もあったが、1960年代以降、カーヒーターとセットになった強制送風式の配管構造を持つ内蔵ベンチレーション・システムが普及し、敢えて三角窓を採用する必要性が薄れた点がある。また当時、安全対策への意識が向上する過程で、三角窓の窓枠が車内外に突出することによる事故時の乗員負傷、車外の歩行者に接触する事故の危険性が問題視されるようにもなった。さらに高速時には風切り音の発生源になることや、悪天候時の換気には使いにくいこと、駐車中に三角窓を割られ、車上狙いや自動車自体の盗難被害につながる短所もあり、1970年代までには市場の自動車における換気機構としてはほぼ廃れた。三角窓 フレッシュアイペディアより)

  • 車側表示灯

    車側表示灯から見た暖房暖房

    客車の暖房は当初電気機関車でも蒸気暖房を使用していたが、時代のニーズから電気暖房を使用することになり、半永久的に電気が供給可能な機関車から回線を通すことになった。ところが暖房用のジャンパー線(連結用の電気栓)に通電していた時に連結手が触れた際感電死する事故が発生したため(電気暖房にはAC1500Vを使用する)、通電の有無を連結手に知らせる安全対策が必要となった。車側表示灯 フレッシュアイペディアより)

236件中 31 - 40件表示

「暖房器具」のニューストピックワード