236件中 41 - 50件表示
  • 上田交通5000系電車

    上田交通5000系電車から見た暖房暖房

    1986年(昭和61年)10月1日の別所線架線電圧1500V昇圧のために、東京急行電鉄で余剰となっていた5000系を譲り受けた車両で、別所線の近代化・車種統一に貢献した。東急からの入線に際しては、鎌倉武士をイメージした塗装に変更したほか、車掌スイッチを増設、寒地対策のため暖房の強化を行った。また8両全てが制御電動車だったため、東急時代下り向きだった4両は電装解除して制御車化した。この5000系導入の際、夜間に電圧を一時的に1500V昇圧して運転士の訓練が行われた。上田交通5000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 温水暖房

    温水暖房から見た暖房暖房

    温水暖房(おんすいだんぼう)とは、60 - 80℃の温水を循環させる暖房方式である。温水暖房 フレッシュアイペディアより)

  • 消費接点

    消費接点から見た暖房暖房

    かつて、鋳鉄ストーブは調理と暖房の両方に用いられていたが、やがて暖房用ストーブが暖炉に置き換えられるなど、別々の器具として発展した。誰がいつ、いくらでストーブを売ったのか、卸売業者はいたのか、どのようにストーブが運ばれたのか、それらは家庭内で日常どのように使われたのか、といったことに着目すると、最終的に家庭でストーブが消費されるまで様々な関係者による多層的な消費構造が分かる。それを視覚的に表現するため、コーワンは小さいものから順に家庭・小売・卸売・製造・政府領域として同心円を配置した図中に、ストーブ製造・販売業者のほか、ガスや石炭の供給業者、住宅販売業者、建設業者などによる関係性を描き出し、一方が他方の消費者になっており、意思決定がなされている様子をネットワークとして示した。消費接点 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽鉄道線

    津軽鉄道線から見た暖房暖房

    津軽半島の中央部を南北に縦貫している。冬季には客車内の暖房に石炭焚きのダルマストーブを用いる「ストーブ列車」が運行される。タブレットによる閉塞が行われ、津軽五所川原駅・金木駅には腕木式信号機がある(ただし場内信号機のみで出発信号機はない)。津軽鉄道線 フレッシュアイペディアより)

  • 亜寒帯気候

    亜寒帯気候から見た暖房暖房

    冬の寒さに耐えられるよう住居の断熱や暖房などが発達した地域であるが、近代的な設備よりも伝統的な設備のほうが多用される。亜寒帯気候 フレッシュアイペディアより)

  • 床暖房

    床暖房から見た暖房暖房

    床暖房(ゆかだんぼう)とは、床を加温することで生じる熱伝導、対流および放射を利用した暖房方法である。床暖房 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF57形電気機関車

    国鉄EF57形電気機関車から見た暖房暖房

    EF56形は、日本で初めて客車の暖房用蒸気発生装置を車載した電気機関車であるが、本形式も基本仕様は踏襲し、煙管式のボイラーと水および重油タンクを車載している。これによって、暖房用ボイラーを搭載した「暖房車」を冬期に連結することを不要とした。国鉄EF57形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • リアエンジン

    リアエンジンから見た暖房暖房

    リアエンジンの場合、水冷エンジン車はエンジン冷却対策(ラジエーター配置とその冷却空気の流動)に問題を抱えていた。後部ラジエーターとすると走行風を有効活用できず、かといってフロントにラジエーターを置くと、冷却水の配管が長大になり過ぎることや、元々少ないトランク容積をさらに圧迫する難があった。リアエンジン車に多い空冷エンジン車は、冷却面の制約をクリアできたにしても、今度は騒音過大とヒーター性能不足(水冷エンジンに比して廃熱ヒーターの性能が遙かに劣る)という別の難があった。リアエンジン フレッシュアイペディアより)

  • 東急3000系電車 (2代)

    東急3000系電車 (2代)から見た暖房暖房

    冷房装置は東急の車両として初めて集中式を採用した。冷房能力は48.84kW(42,000kcal/h)であり、冬季の室内温度の立ち上がりのために温風暖房機能が付いている。装置は3001F - 3009Fが東芝製、3010F - 3012Fが日立製作所製をそれぞれ搭載している。3013Fは冷房能力向上目的として試験的に三菱電機・日立・東芝の58.14kW(50,000kcal/h)の装置を搭載した。なおその後三菱・東芝製のみの搭載に変更された。この編成での試験結果を基により能力向上させた冷房装置が5000系において採用されることとなった。東急3000系電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 横浜高速鉄道Y000系電車

    横浜高速鉄道Y000系電車から見た暖房暖房

    冷房装置は冷却能力48.9kW(42,000kcal/h)の集中式であり、冬季の室内温度の立ち上がりのために温風暖房機能が付いている。車内では補助送風機としてラインデリアが各車6台設けられている。横浜高速鉄道Y000系電車 フレッシュアイペディアより)

236件中 41 - 50件表示

「暖房器具」のニューストピックワード