264件中 41 - 50件表示
  • セラミックファンヒーター

    セラミックファンヒーターから見た暖房暖房

    セラミックファンヒーターとは非燃焼系暖房器具の1つで、アルミに電圧をかけた上で風を通し、特殊加工されたセラミックスが発熱し温風を出す「セラミックヒーター」を熱源とした電気製品である。電気ファンヒーターとも呼ぶ。暖房器具のセラミックヒーターと言えば、通常はセラミックファンヒーターのことを指す。国内メーカーの上位機種には、加湿機能、人感センサー、消臭機能、ナノイー、プラズマクラスターなどが搭載されている。セラミックファンヒーター フレッシュアイペディアより)

  • コークス

    コークスから見た暖房暖房

    燃料用としては、寒地での暖房、高圧ボイラー、また特に強い火力が好まれる中華料理やまる鍋(すっぽん鍋)の店舗で使われることでも知られる。中華料理店では屋内の厨房ではガスに取って代わられてしまったが、屋台・店頭などでは今でもコークス燃料のコンロが見受けられる。コークス フレッシュアイペディアより)

  • 洋ラン

    洋ランから見た暖房暖房

    その後メリクロン法などの大量増殖の開発、密閉性がよく家庭内暖房の効いた住宅の普及、無菌播種法による交配、品種改良の効率化などによって一般にも広まり、庶民にも普及した一つの園芸のジャンルとして定着している。洋ラン趣味は、元来は栽培をして花を咲かせて楽しむ、と言うものであったが、栽培と繁殖の技術の向上によって安定的な供給が可能となり、開花株や、あるいは切り花の生産販売が産業として成立するようになった。洋ラン フレッシュアイペディアより)

  • 化石燃料

    化石燃料から見た暖房暖房

    それまでも東欧などで比較的浅く埋蔵されていた石油が地域住民により灯油として使われていたが、後に機械掘りやボーリングの技術が開発され、これが普及すると各地で地中深くから石油を掘り出す油井が造られ、大量生産されるようになると価格も下がり、また燃料として使われる成分は常温で液体のため(気化しやすい成分については圧縮すると液化し LPG として使われる)使い勝手が良いことなどもあって、特に輸送機器や発電、従来は薪や木炭などが主に使われていた暖房・給湯など、様々な用途の燃料として大量消費されるようになった。石油は世界を動かすまさしく根幹となり、石油を産出する産油国は経済的に大きな力を持つようになった。1973年には第四次中東戦争が勃発するが、このときアラブ石油輸出国機構が石油戦略を行い原油価格を大きく引き上げたことで世界経済が大混乱に陥ったいわゆるオイルショックは、このことを端的に示している。化石燃料 フレッシュアイペディアより)

  • 地熱

    地熱から見た暖房暖房

    暖房:鉄輪温泉などの古くからの湯治場では部屋暖房に温泉蒸気が利用されている。地熱 フレッシュアイペディアより)

  • チェコスロバキア国鉄810形ディーゼル動車

    チェコスロバキア国鉄810形ディーゼル動車から見た暖房暖房

    暖房はエンジンの廃熱を利用した温風式で、側面に沿って温風ダクトが設置されており、運転台窓のデフロスタにも使用されている。車内照明は蛍光灯で非常用白熱灯も装備している。側面ドアはハニカム構造のアルミ合金鋳物を芯にしたプラグ式ドアである。チェコスロバキア国鉄810形ディーゼル動車 フレッシュアイペディアより)

  • シャワー室

    シャワー室から見た暖房暖房

    湯水を使って体の清潔さを求める設備ではあるが、湯を浴びることで体を温めることもできる。ただしシャワーは入浴に比べると湯の触れる面積が狭いため、あまり体を温める用途には向かない側面もあり、シャワーを浴びた後は体を良く拭かないとすぐに冷える。気温が高い夏場では行水など簡略化された入浴の代用として体をすばやく清潔にできるが、気温の低い冬場では暖房などで室温をあげておかないと体を冷やし過ぎてしまいがちである。シャワー室 フレッシュアイペディアより)

  • レーティッシュ鉄道Te2/2 71-73形/マッターホルン・ゴッタルド鉄道Te2/2形電気機関車

    レーティッシュ鉄道Te2/2 71-73形/マッターホルン・ゴッタルド鉄道Te2/2形電気機関車から見た暖房暖房

    レーティッシュ鉄道の73号機は1969年に客車用の暖房引通しを追加している。レーティッシュ鉄道Te2/2 71-73形/マッターホルン・ゴッタルド鉄道Te2/2形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 旅客車

    旅客車から見た暖房暖房

    電源車は、空調、照明、調理など、車内で消費する電力を供給するための電源装置、発電装置が搭載された車両である。架線から取り入れた電力を電動発電機やインバータで変換して車内に供給する場合もあれば、ディーゼル発電機で発電する場合もある。後者は非電化区間へも直通することができる。大容量の発電セット(原動機+発電機)を電源車に搭載する集中電源方式と、中容量の発電セットを数両に一台の割合で搭載する分散電源方式とがある。また、交流電化区間では、電気機関車の変圧器から冷暖房用電力の供給を受けるものもある。旅客車 フレッシュアイペディアより)

  • 湯たんぽ

    湯たんぽから見た暖房器具暖房

    湯たんぽ(ゆたんぽ、湯湯婆)は、体を温めるために湯を入れて使用される容器で、古くから用いられている暖房器具の一つ。容器は金属や陶器、樹脂製などで作られる。湯たんぽ フレッシュアイペディアより)

264件中 41 - 50件表示

「暖房器具」のニューストピックワード