264件中 51 - 60件表示
  • 震災復興再開発事業

    震災復興再開発事業から見た暖房暖房

    またアメリカからの義援金等国際的な応援もあり、鉄筋コンクリートの小学校校舎建設を進めた。校舎のデザインは時代の先端とされたドイツ表現主義の影響を受け、日本の分離派の影響が色濃い建築物が多く作られていく。建設にあたっては、復興院建築局長を務めた東京帝国大学教授佐野利器が、東京市長永田秀次郎(当時の後藤系官僚の筆頭)に請われて、教授兼任で東京市建築局長に就任する。早速佐野は建築局に古茂田甲午郎らを呼び寄せ、都市計画業務に従事していた石原憲治、田中希一、福田重義らと設計にとりかかる。佐野の主導で、将来を担う子供に衛生思想を根付かせる意味でのトイレの水洗化、暖房設備、理科教育や公民教育を重要視した教室など、合理主義に基いた設計思想が導入される。教育局はこうした施設は贅沢といって作法室の設置を望んだが(畳敷きの作法室は教師たちの一杯やる場所でもあったらしい)、佐野は作法室の設置を拒み、教育局との間で確執が生じる。教育局は教育関係者を総動員して反対運動を展開したが、佐野は復興前に計画し完成した小学校の作法室を現場監督に命じて破壊させるなど、最後までゆずらなかった。また設計および施工指針のハンドブックを作成、メートル法を徹底して採用し、骨組み・ディテールを標準化。スチールサッシュとスチーム暖房も採用していく。鉄骨コンクリート構造に関しては、アメリカから取り寄せた鉄骨の長さが予定より足りず、海軍技師の協力を得て溶接したほか、強度鑑定の証明書を内藤多仲に依頼した。震災復興再開発事業 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神3011形電車

    阪神3011形電車から見た暖房暖房

    車体は、高抗張力鋼を多用し、車体構造もモノコック構造に近づけるなど、軽量化に留意した設計となった。前面は非貫通形2枚窓のいわゆる湘南形の流れを汲んだ形状であるが、車端部や裾部にRが設けられているなど、丸みを帯びているのが特徴である。中央下部に車両番号が表記され、正面上部に前照灯、左右の前面窓上に標識灯・尾灯を装備し、前面中央窓下に種別表示板を取り付けた。側面窓配置は先頭車d1D7D1(d:乗務員扉、D:客用扉)、中間車1D7D1、端部に片引戸の幅1,200mmの客用ドアを設けた2扉車で、客用窓は扉間に幅1,150mmの大型の2段式側窓が設けられていたほか、妻側と運転台側に戸袋窓が1個取り付けられた。また、連結面の窓は車端部のRを生かして曲面ガラスを採用した、当時としては斬新なものであった。塗装は上半分がベージュ、下半分がアズキ色である。車内はセミクロスシートを採用、扉間には当時の国鉄の普通二等車の固定式クロスシート(シートピッチ1,910mm)に近いシートピッチ1,800mmの固定式クロスシートが5組設置された。通風装置も電動発電機 (MG) の風道を兼ねた強制通風式のもので、車体中央部に左右2箇所ずつ設けられた空気取り入れ口を活用して換気を行ったほか、冬季には抵抗器の廃熱を風道に送り込んで車内暖房にあてていた。この通風装置が登場時の新聞報道ではどう間違われたのか冷房装置として紹介されている。阪神3011形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 秩父鉄道1000系電車

    秩父鉄道1000系電車から見た暖房暖房

    入線時にパンタグラフのPS13形への変更、運行番号表示器の封鎖、保安機器の変更、先頭車車内への間仕切り用アコーディオンカーテンの設置、暖房容量の増大、外板塗装の変更、マスコンを800系で使用されていたデッドマン装置付きのものへの交換、主電動機出力のデチューン(100kW→85kW)が行われた以外、大きな改造はなかった。改造は1001・1004・1006・1007号編成が大宮工場(現・大宮総合車両センター)、1002号編成が大井工場(現・東京総合車両センター)、それ以外の編成が自社の熊谷工場でそれぞれ施工された。最初の2編成とそれ以降の編成とでは無線アンテナの形状が異なり、前者は棒形のものを、後者は逆L字形のものを装着する。ブレーキシューは入線当初は国鉄時代から引き続いてレジン製のものが使用されたが、後に鋳鉄製のものに取り替えられた。客用ドアはすべてステンレス製である。秩父鉄道1000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ホース

    ホースから見た暖房暖房

    一般の家庭ではガス用のものと、水用のものとが良く使われており、ガス用のホースはガスコンロや暖房器具などガス機器をガス栓に接続するために利用され、水用のホースは庭の水撒きや風呂場のシャワーなどで見掛けられる。また空気を通すものでは掃除機の吸い込み口と本体を繋ぐ、蛇腹構造を持ち負圧で潰れないよう工夫されたホースが取り付けられている。ホース フレッシュアイペディアより)

  • M62形ディーゼル機関車

    M62形ディーゼル機関車から見た暖房暖房

    最初の修繕ですべてのST44形の前照灯は、小さいものからポーランド標準の大きいものへと取り替えられた。ポーランドがM62形を輸入するにはいくつかの理由があったわけだが、今日的視点からするとその決定は曖昧なものであった。この機関車は当時ポーランドで貨物輸送に従事していたどの機関車よりも強力であったが、客車への暖房関連装置が無いために客車列車を牽引することができず、大きな軌道破壊も引き起こした。M62形のもうひとつの弱点は燃料消費が多いことであった。この機関車の利点は、単純な構造と信頼性のある電気式動力伝達機構にあった。ポーランド国鉄の電化区間の延伸は、比較的新しいST44形を予備車へと追いやった。ポーランド国鉄で廃車となった多くのST44形が専用鉄道や私鉄にその活路を見いだしていった。M62形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ジュール熱

    ジュール熱から見た暖房暖房

    制御が容易であるため、古くから暖房や調理器具などに利用されている。ジュール熱 フレッシュアイペディアより)

  • サイフォン

    サイフォンから見た暖房器具暖房

    身近な利用例として灯油ポンプが挙げられる。例えばポリタンクから暖房器具のタンクへ灯油を移すとき、ポリタンクの液面が暖房器具のタンクの液面より高くなる位置に置いて、始めにポンプを数回操作して管を灯油で満たせばサイフォンの原理によって灯油は流れ続ける。サイフォン フレッシュアイペディアより)

  • 日本電子材料

    日本電子材料から見た暖房暖房

    1960年 - 兵庫県尼崎市口田中字野上(現:兵庫県尼崎市御園1丁目)に日本電子材料株式会社を設立し、ブラウン管用カソード・ヒーター等の電子管部品の製造販売を開始。日本電子材料 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄DF41形ディーゼル機関車

    国鉄DF41形ディーゼル機関車から見た暖房暖房

    旅客列車暖房用のSG3形蒸気発生装置を搭載している。国鉄DF41形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • グレン・ディンプレックス

    グレン・ディンプレックスから見た暖房器具暖房

    グレン・ディンプレックス (Glen Dimplex) は、暖房器具製造会社の一つである。電気蓄熱暖房機・オイルヒーター・ファンヒーター・セラミックファンヒーター・電気ストーブなどを始めとする電気暖房器具をメインに、給湯器や温水器など住設機器の製造・販売を行っている。グレン・ディンプレックス フレッシュアイペディアより)

264件中 51 - 60件表示

「暖房器具」のニューストピックワード