264件中 71 - 80件表示
  • 薪ストーブ

    薪ストーブから見た暖房器具暖房

    薪ストーブ(Wood-burning stove)は、薪を燃料とする暖房器具。主に輻射式、対流式の2つの暖房方式がありほとんどの製品はその両方の機能を併せ持っている。材質は鋳鉄製と鋼板製が多い。燃料の薪は石油、石炭のように枯渇してしまう地下資源ではないこと、燃焼時に放出されるCO2は木の成長によって回収されるため、カーボンニュートラルな暖房であるという利点がある。薪ストーブ フレッシュアイペディアより)

  • 西ドイツ国鉄V160形ディーゼル機関車

    西ドイツ国鉄V160形ディーゼル機関車から見た暖房暖房

    第二次世界大戦後、西ドイツではV200形を1953年より製造していた。V200形は出力1000PS〜1350PSのエンジンを2基搭載する液体式ディーゼル機関車だが、エンジンとトルクコンバータを2組搭載しているために保守コストが高くついた。その解決策として、大出力の1900PSエンジンを1基搭載した機関車が本形式である。幹線・亜幹線向けとされた。旅客・貨物列車兼用で使用され、旅客列車での最高速度は時速120km。貨物列車では低速段を使い、最高速度時速80kmとされた。旅客列車の暖房用に蒸気発生装置が搭載された。西ドイツ国鉄V160形ディーゼル機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 給油

    給油から見た暖房暖房

    暖房機の中には、石油ストーブや石油ファンヒーターなど、石油(灯油)を燃料とするものがある。これらは一般家庭の屋内に設置されることが多いため、資格を必要とする国は少ない。日本でも暖房機への給油は特に制限がない。消費生活用製品安全法により平成21年4月からカートリッジ給油式ストーブへの給油時消火装置等の義務付けがされた。給油 フレッシュアイペディアより)

  • Sweet Home 3D

    Sweet Home 3Dから見た暖房暖房

    配置できる家具は、キッチン、寝室、リビング、バスルームなど部屋の用途毎カテゴリーに分類されている。そして、ベッドや机、テレビ受像機といった一般的な家具に加え、ドアや窓といった建具、さらには暖房器具やブラインド等の特殊な器具もライブラリに用意されている。家具の位置関係だけでなく、壁紙や塗装等テクスチャーの色調をシミュレーションすることも可能である。Sweet Home 3D フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄EF57形電気機関車

    国鉄EF57形電気機関車から見た暖房暖房

    EF56形は、日本で初めて客車の暖房用蒸気発生装置を車載した電気機関車であるが、本形式も基本仕様は踏襲し、煙管式のボイラーと水および重油タンクを車載している。これによって、暖房用ボイラーを搭載した「暖房車」を冬期に連結することを不要とした。国鉄EF57形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • ヒートアイランド

    ヒートアイランドから見た暖房暖房

    なお、冬季は気温が高くなるほど、暖房需要が減少する。いくつかの研究報告によれば、気温上昇がエネルギーの年間消費量を減少させる都市もあれば増加させる都市もある。特に緯度が高い寒冷な都市ほど暖房需要の比率が高いため減少傾向が強まるほか、小さなスケールでは建物の用途による差も大きい。一般的には、冷房よりも暖房の方がエネルギー消費量は大きい一方で、都心部には気温上昇に対するエネルギー消費増加率が高い商業地や業務建物が多いため、都心部に限ると気温上昇はエネルギー消費を増加させる傾向にある。こうした研究はヒートアイランドよりも規模が大きな地球温暖化を念頭に置いたものが多い点に留意する必要がある。ヒートアイランド フレッシュアイペディアより)

  • 節電

    節電から見た暖房暖房

    冷房は設定温度を高めにし、暖房は設定温度を低めにする。(例えば冷房ならば28度とか29度、暖房ならば17度とか18度に設定する。「夏は暑さで汗まみれにならない程度に冷やせば十分だ」「冬は厚着をしてしのげる程度に暖めれば十分だ」といった姿勢で温度設定する)節電 フレッシュアイペディアより)

  • トレーラーバス

    トレーラーバスから見た暖房暖房

    多くの場合、「親」と「子」の車体は共通設計である。「子」となるトレーラーは2軸以上で、前輪にはトウバーに連動した操向機構を持つ。その構造上、後退時にトレーラーの向きをコントロールすることは非常に難しい。ブレーキ用の圧縮空気と、室内照明やクーラー、灯火類の電源は「親」から供給される。暖房の熱源となるエンジンを持たない「子」は、燃焼式ヒーターなどを装備する必要がある。トレーラーバス フレッシュアイペディアより)

  • ポータブルストーブ

    ポータブルストーブから見た暖房暖房

    ポータブルストーブ(Portable Stove )とは、特別に軽量コンパクトに製作された調理用ストーブ(焜炉)であり、主にキャンプやピクニック、登山や軍隊の行軍等において携行され、住居から遠く離れた場所での調理や暖房等の目的で使用される。時に野外病院(野戦病院)における湯沸かしや、野外でのケータリングサービスにおいても使用される重要な備品ともなる。ポータブルストーブ フレッシュアイペディアより)

  • 蒸気暖房 (鉄道)

    蒸気暖房 (鉄道)から見た暖房暖房

    蒸気暖房(じょうきだんぼう)とは、水蒸気を用いて暖房を行う空調設備・手法・システムである。本稿では、鉄道車両における蒸気暖房について扱う。蒸気暖房 (鉄道) フレッシュアイペディアより)

264件中 71 - 80件表示

「暖房器具」のニューストピックワード