236件中 81 - 90件表示
  • トヨトミ

    トヨトミから見た暖房暖房

    株式会社トヨトミ()は、日本の大手暖房器具・空調機器メーカーである。本社は愛知県名古屋市瑞穂区。冬季放映のCMで有名な「トヨストーブ」で知られる。トヨトミ フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄ED70形電気機関車

    国鉄ED70形電気機関車から見た暖房暖房

    また製造当初は列車暖房用供給装置が設置されておらず、冬期の客車列車牽引に支障をきたしたため、早期に電気暖房装置(EG)が松任工場(現・金沢総合車両所)で搭載された。国鉄ED70形電気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • スプリング・クリーニング

    スプリング・クリーニングから見た暖房暖房

    スプリング・クリーニング(Spring-cleaning)とは、冬の間に暖房を目的に石炭などを利用したことによって、すすなどで汚れた家を大掃除するという、欧米の習慣である。暖房に関係することからも判るように、比較的寒い地域において、春に大掃除を行う習慣だったと言うこともできる。スプリング・クリーニング フレッシュアイペディアより)

  • スプリング・クリーニング

    スプリング・クリーニングから見た暖房器具暖房

    たとえ、スプリング・クリーニングで暖房器具に溜まったススや埃を取り除いたとしても、晩秋になって再び暖房器具を使用する際は、再点検を行うことが、安全のためには重要である。また、例えば夏の間に鳥などが巣を作っていて煙筒を塞いでいることなどもあり得るので、特に、その場で燃料を燃やすタイプの暖房器具を使用する前には、煙筒の中も含めて点検することが望ましい。スプリング・クリーニング フレッシュアイペディアより)

  • 熱効率

    熱効率から見た暖房暖房

    空調暖房機器の場合、建材試験センター規格(JSTM)/建材試験センターの定める試験方法で算出する。熱効率 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ01系気動車

    国鉄キハ01系気動車から見た暖房暖房

    暖房は、排気ガスの廃熱を用いていて熱量不足であった同時期の大型気動車より一歩進んでおり、当初はラジエーターからの冷却水廃熱による温風暖房を採用していた。さらに北海道用グループは改良型の大型気動車同様に軽油燃焼式の強力な温気暖房器(ウェバスト式温風暖房装置)を装備、この暖房装置を利用してフードで覆われたエンジン周りも温め、凍結を防ぐ配慮が加えられていた。国鉄キハ01系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急8200系電車

    阪急8200系電車から見た暖房暖房

    冷房装置はラッシュ時の快適性を改善すべく冷凍能力10,500kcal/hの集約分散式を1基増やして4基搭載(他系列の多くは3基搭載)とし、座席下部のヒーターと併用して冬期の暖房能力を向上させるため、冷房機本体を冷暖房兼用のヒートポンプ式としている。阪急8200系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ダルマストーブ

    ダルマストーブから見た暖房暖房

    ダルマストーブとは明治から昭和中後期にかけて日本で使用された鋳鉄製の暖房器具である。その形体(膨らんだ寸胴形、寸胴形、球形など)がだるまを想起させダルマストーブと呼ばれる。ダルマストーブ フレッシュアイペディアより)

  • 電気毛布

    電気毛布から見た暖房暖房

    電気毛布(でんきもうふ)は、電気によって加温できる毛布。主に寒冷期に用いられ、冷えた布団や身体を温めることで睡眠を助ける寝具であり、暖房器具である。電気毛布 フレッシュアイペディアより)

  • 頬

    から見た暖房暖房

    ヒトの頬は外気に直接触れる部位であるから、寒気に晒されて霜焼けになることがある。とりわけ子供ではそのような症状が多く見られ、暖房設備が整っていない社会環境下では顕著である。 フレッシュアイペディアより)

236件中 81 - 90件表示

「暖房器具」のニューストピックワード