暗殺 ニュース&Wiki etc.

暗殺(あんさつ)は、主に政治的、宗教的または実利的な理由により、要人殺害を密かに計画・立案し、不意打ちを狙って実行する殺人行為(謀殺)のこと。 (出典:Wikipedia)

「暗殺」Q&A

  • Q&A

    「上皇との連携をはかっていた将軍実朝が公暁に暗殺される事件が起こると朝幕関係が悪化し…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月4日 23:27

  • Q&A

    今度暗殺教室365日の時間とう言う映画を見たいんですけど、HPを見ても公開日しか書い…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月4日 21:48

  • Q&A

    アニメが大好きです。とくにラブライブ。 あ、あ、あ、あと私がモテてどうすんだとご注文…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年12月4日 02:34

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「暗殺」のつながり調べ

  • ジャン1世 (ブルゴーニュ公)

    ジャン1世 (ブルゴーニュ公)から見た暗殺

    1404年に父の跡を継いでブルゴーニュ公となると、フランスで王妃イザボーと結んで政権を支配するオルレアン公ルイと本格的に対立し、1407年にルイを暗殺した。ルイの息子シャルルは復讐を誓い、舅であるアルマニャック伯ベルナール7世を頼り、ブルゴーニュ派とアルマニャック派の対立が激化した。共にパリの支配と王シャルル6世、王妃イザボーを奪い合ったが、1415年にこれを好機と見たイングランド王ヘンリー5世が侵攻してくると、アルマニャック派を中心とするフランス軍はアジャンクールの戦いで大敗し、一層混乱に陥った。(ジャン1世 (ブルゴーニュ公) フレッシュアイペディアより)

  • ラオスの歴史

    ラオスの歴史から見た暗殺

    タイのサリット首相はNLHSの伸張を阻止すべくSEATOへ派兵要請をしたが、実現しなかったためSEATOを激しく批判した。1961年5月16日からのジュネーヴ国際会議で、チューリッヒにラオス諸派の会談を設ける事が決定された。翌1962年6月12日、この三派会談で、プーマ首相による新連立政権樹立が合意された。これを受けジュネーヴ国際会議は「ラオス王国の中立に関する宣言」を7月23日に採択した。ラオス王国内に駐在するアメリカ軍及びベトナム軍は撤退し、ようやく平和が訪れたかに見えたが、1963年中立派のケッサナ大佐と左派の外相が暗殺され、以後右派の政治勢力が台頭した。同年4月には将軍によるクーデター未遂が起こった。連立政権への不信を増したNLHSは閣僚を引き揚げ、以後政権は中立派がプーマ首相のみで閣僚は全て右派となり、発足当初の三派連合政権としての機能を完全に失った。(ラオスの歴史 フレッシュアイペディアより)

「暗殺」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「暗殺」のニューストピックワード