前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1385件中 1 - 10件表示
  • パレスチナ問題

    パレスチナ問題から見た暗殺暗殺

    現在のパレスチナの地へのユダヤ人帰還運動は長い歴史を持っており、ユダヤ人と共に平和な世俗国家を築こうとするアラブ人も多かった。ユダヤ人はヘブライ語を口語として復活させ、アラブ人とともに嘆きの壁事件など衝突がありながらも、安定した社会を築き上げていた。しかし、1947年の段階で、ユダヤ人入植者の増大とそれに反発するアラブ民族主義者によるユダヤ人移住・建国反対の運動の結果として、ヨルダンのフセイン国王、アミール・ファイサル・フサイニー(1933年アラブ過激派により暗殺)、ファウズィー・ダルウィーシュ・フサイニー(1946年暗殺)、マルティン・ブーバーらの推進していたイフード運動(民族性・宗教性を表に出さない、平和統合国家案)は非現実的な様相を呈する。パレスチナ問題 フレッシュアイペディアより)

  • 狙撃手

    狙撃手から見た暗殺暗殺

    ベトナム戦争時、アメリカ軍の狙撃手カルロス・ハスコックが敵司令官を追って長時間匍匐で移動し、発見されることなく暗殺に成功したが、この際、ハスコックは屎尿を全てズボンの中に垂れ流しにしていた。生物として回避できない排泄であっても、痕跡を抹消することを優先したこの行為は、狙撃兵の任務を表す一例として引用されている。狙撃手 フレッシュアイペディアより)

  • オーストリア=ハンガリー帝国

    オーストリア=ハンガリー帝国から見た暗殺暗殺

    民族問題もさることながら、ハプスブルク家にとってもこの帝国の末期は悲劇の連続だった。まず1863年、ナポレオン3世の誘いに乗って、フランツ・ヨーゼフ1世の弟マクシミリアンがメキシコ皇帝に即位するも、フランス軍がメキシコ大統領ベニート・フアレスの徹底抗戦によって撤退を余儀なくされたため、マクシミリアン皇帝はそのまま取り残され、二重帝国成立と同じ1867年に銃殺刑に処された。1889年には、皇太子ルドルフがマイヤーリンクで謎の情死事件により落命した(暗殺の疑惑も残る)。皇后エリーザベトはこの事件以来いっそう頻繁に旅行するようになるが、1898年に旅行先のスイスで無政府主義者により暗殺された。皇帝は激しく落胆し、以後それまで以上に政務に没頭するようになる。そして1914年のサラエヴォ事件で、皇位継承者フランツ・フェルディナント大公が暗殺された。オーストリア=ハンガリー帝国 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの歴史

    ロシアの歴史から見た暗殺暗殺

    1606年ドミトリイはモスクワで暗殺された。後任にはシューイスキイ家のヴァシーリー4世が戴冠するが、これに反対するロシア人地方貴族が反乱を起こす。ヴァシーリー4世は1年がかりで反乱を鎮圧するが、これはロシアの大動乱の始まりに過ぎなかった。1608年偽ツァーリ・ドミトリイ2世がツァーリを自称し、モスクワに迫った。偽ツァーリは貴族の支持を集め、対立皇帝としての地位を獲得する。窮したヴァシーリー4世は、スウェーデンに救援を要請。スウェーデンは王太子グスタフ・アドルフを派遣、ドミトリイを撤退させた。これを口実にポーランド軍は国王の親征を開始(ロシア・ポーランド戦争)、対決したロシアは大敗する。このような時にモスクワでは大貴族のクーデターが起こされ、ヴァシーリー4世は廃位された。勢いを買い、ポーランド軍はモスクワを占領した。その後、帝位を巡りポーランドと対立し、ロシアの皇帝位は2年に渡り空位となる。その間に偽ドミトリイ2世は暗殺され、スウェーデンはノヴゴロドを占領し、対立ツァーリとして、ヴァーサ家の王子がドミトリイ3世を自称する。スウェーデン王となったグスタフ・アドルフは帝位を狙っていたが、ロシア側はカレリア、イングリアなどの領土を割譲することで、ツァーリ戴冠の野心を放棄させた。ロシアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 反革命十字軍

    反革命十字軍から見た暗殺暗殺

    反革命十字軍とは、1791年6月にスウェーデンのグスタフ3世が提唱したフランス革命への軍事干渉の呼びかけである。しかし結果的には、十字軍結成は失敗し、1792年3月にはグスタフ3世も暗殺されて実現することはなかった。反革命十字軍 フレッシュアイペディアより)

  • 上杉房定

    上杉房定から見た暗殺暗殺

    宝徳元年(1449年)2月、従兄の越後守護上杉房朝が急死し、房朝の側近である長尾頼景らに後継として擁立された。翌宝徳2年(1450年)12月に房定は京都から越後へ下向し頼景の伯父の守護代長尾邦景・実景父子を攻め、邦景は自害し、実景は信濃へ逃れた。この事件を揚北の国人中条氏は「一国之動揺」と記している。邦景父子は室町幕府と鎌倉府の政治的・軍事的緊張の中で力を伸ばしたが、鎌倉府の滅亡、次いで嘉吉の乱の6代将軍足利義教暗殺によって政治的地位を低下させ、京都で力を盛り返した守護に対抗できなかった。上杉房定 フレッシュアイペディアより)

  • 浅井寿篤

    浅井寿篤から見た暗殺暗殺

    大久保利通暗殺(紀尾井坂の変)の実行犯のひとり。浅井寿篤 フレッシュアイペディアより)

  • 森山崩れ

    森山崩れから見た暗殺暗殺

    森山崩れ(もりやまくずれ)とは、天文4年(1535年)12月5日早朝に、三河国岡崎城主・松平清康が、尾張国春日井郡森山(現在の愛知県名古屋市守山区)の陣中において、家臣の阿部正豊に暗殺された事件をいう。「守山崩れ」と書かれることもある。『信長公記』では、守山。『三河物語』では、森山と記載されている。森山崩れ フレッシュアイペディアより)

  • 陰謀の惑星 シャンカラ

    陰謀の惑星 シャンカラから見た暗殺暗殺

    パレスガード:女性兵士のみで編成された王宮警備隊。保有戦力「パレスガード」は内乱で使用できるほか、暗殺も無料で行うことが出来る。陰謀の惑星 シャンカラ フレッシュアイペディアより)

  • 真田十勇士 (本宮ひろ志)

    真田十勇士 (本宮ひろ志)から見た暗殺暗殺

    大坂の陣が始まり、幸村らも大阪入りするが、豊臣秀頼の脆弱さに危機を感じる。幸村は、起死回生の策として家康暗殺計画を進言するが、上層部に受け入れられない。真田十勇士 (本宮ひろ志) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1385件中 1 - 10件表示

「暗殺」のニューストピックワード