1627件中 101 - 110件表示
  • パキータ

    パキータから見た暗殺暗殺

    イニゴがリュシアンに敵意を抱いていることを見てとった総督ロペスは、イニゴを雇ってリュシアンを暗殺することを思いつく。パキータ フレッシュアイペディアより)

  • ロベール・カンベール

    ロベール・カンベールから見た暗殺暗殺

    ロベール・カンベール(Robert Cambert, 1628年-1677年)はフランス盛期バロック音楽のオペラ作曲家。ジャン=バティスト・リュリの最大のライバルとして音楽史に名を残しており、ロンドンに客死した時、同時代のパリの聴衆の間では、リュリが刺客を送り込んで暗殺したとの噂が流された。その一方で、自殺説も広く信じられていた。ロベール・カンベール フレッシュアイペディアより)

  • ボレスワフ3世ロズジュトヌィ

    ボレスワフ3世ロズジュトヌィから見た暗殺暗殺

    ボレスワフ3世がボヘミア宮廷に現れてマルケータ王女と婚約して以後、ヴァーツラフ2世はこの未来の婿を寵愛し始めた。その寵愛ぶりは王の近しい男性親族達を恐れさせるほどで、彼らは若いレグニツァ公がボヘミアの次期国王候補として有力なライバルとなることを悟らされた。息子を後継者としては不適格だと思っていたヴァーツラフ2世(1300年からはポーランド王を兼ねた)が1305年に急死し、翌1306年に息子ヴァーツラフ3世がオロモウツで暗殺されると、ボレスワフ3世はボヘミアの王位を狙えるきわめて重要な立場になった。ボレスワフ3世は「ポーランド王位の相続者(haeres Regni Poloniae)」を名乗り、ボヘミア王位継承争いに参加した。ボレスワフ3世ロズジュトヌィ フレッシュアイペディアより)

  • 小カエピオ

    小カエピオから見た暗殺暗殺

    ガイウス・ユリウス・カエサルの愛人セルウィリアは娘で、紀元前44年にカエサルを暗殺したマルクス・ユニウス・ブルトゥスは孫にあたる。また一男二女を儲けた妻のリウィアとは後に離婚しており、彼女はカト・サロニアヌス(マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス(大カト)の孫)と再婚して小カトを生んだ。したがって、同名の長男やセルウィリアにとって小カトは異父兄弟であり、これによって孫のブルトゥスは2つの伝統ある血筋と強い繋がりを持つ事になった。小カエピオ フレッシュアイペディアより)

  • セルウィリア・カエピオニス

    セルウィリア・カエピオニスから見た暗殺暗殺

    セルウィリア・カエピオニス('', 紀元前107年 - 紀元前42年以降)は、共和政ローマ末期の人物。ガイウス・ユリウス・カエサルの愛人。小カエピオの娘で、祖父は大カエピオ。弟にクィントゥス・セルウィリウス・カエピオ、異父弟にカエサルの政敵マルクス・ポルキウス・カト・ウティケンシス(小カト)、息子に後にカエサルの暗殺に関与するマルクス・ユニウス・ブルトゥスがいる。セルウィリア・カエピオニス フレッシュアイペディアより)

  • ホルミズド2世

    ホルミズド2世から見た暗殺暗殺

    ホルミズド2世はアラブ系のガッサーンの王に貢納を要求するため、シリアへ遠征し、ガッサーン王を討ち取ることに成功する。しかし、その残党に狩の途中で暗殺された。ホルミズド2世は世を去る前に、妊娠中の妃が王子を生んだならシャープールと名付けて跡継ぎにせよと言った(「ペルシアの諸王の歴史」)。ホルミズド2世 フレッシュアイペディアより)

  • オクシュアルテス

    オクシュアルテスから見た暗殺暗殺

    バクトリア地方の有力者であったオクシュアルテスは、紀元前331年のガウガメラの戦い後、ダレイオス3世を暗殺してペルシア王を称したバクトリア総督ベッソスとともにアレクサンドロスに対抗した。オクシュアルテス フレッシュアイペディアより)

  • アッシュール・ナディン・アプリ

    アッシュール・ナディン・アプリから見た暗殺暗殺

    トゥクルティ・ニヌルタ1世の息子として生まれた。父王が暗殺されたために後継者として後を継いだが、その経緯や治世については殆ど何も分かっていない。彼の治世からティグラト・ピレセル1世即位までのおよそ1世紀の間アッシリアの拡大は停滞することになる。3年間の治世の末、甥のアッシュール・ニラリ3世がアッシリア王位を継いだ。アッシュール・ナディン・アプリ フレッシュアイペディアより)

  • アルシノエ3世

    アルシノエ3世から見た暗殺暗殺

    彼女はプトレマイオス5世を生み、紀元前204年の夏に彼女の影響力を恐れた廷臣たちのクーデターにより暗殺された。アルシノエ3世 フレッシュアイペディアより)

  • セクストゥス・ポンペイウス

    セクストゥス・ポンペイウスから見た暗殺暗殺

    紀元前48年、父がファルサルスの戦いでカエサルに敗れ、アレクサンドリアに逃れて暗殺された後、海路でヒスパニアへ逃れた。かつて父がセルトリウスの乱を鎮圧して以来ヒスパニアはポンペイウス派の支持基盤となっていたからである。第一回三頭政治でもガリア担当のカエサル、シリア担当のクラッススに対し、父はヒスパニア及びエジプト担当の属州総督として派遣されることになっていた。セクストゥス・ポンペイウス フレッシュアイペディアより)

1627件中 101 - 110件表示

「暗殺」のニューストピックワード