1627件中 111 - 120件表示
  • ニャルブイェ大虐殺

    ニャルブイェ大虐殺から見た暗殺暗殺

    1994年4月6日、フツ出身のルワンダ大統領ジュベナール・ハビャリマナとブルンジ大統領メルシオル・ンダダイエが搭乗していた航空機がミサイル攻撃を受けて撃墜され、両大統領が死亡した。このフツ出身の2人の大統領が何者かに暗殺された事件をきっかけに、フツ過激派民兵組織のインテラハムウェを中心としたフツによるツチへの抗議が激化、ツチや穏健派フツを襲撃し、暴行、虐殺する事件が各地で発生していった。この状況はルワンダ全土で1994年4月から6月まで続き、3箇月間で推定50万人から93万7000人、ルワンダの全人口のうち10%弱が虐殺された。また女性への性的暴行も組織的に行われ、この結果25万人から50万人の成人女性や少女が強姦され2000人から5000人が妊娠させられたことが明らかとなっている。ニャルブイェ大虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・モードント (第3代ピーターバラ伯)

    チャールズ・モードント (第3代ピーターバラ伯)から見た暗殺暗殺

    1686年、オランダに渡りオラニエ公ウィレム3世(後のウィリアム3世)を訪問、イングランド王ジェームズ2世打倒を進言した。慎重なウィレム3世はこの提案に乗らなかったが、1688年に名誉革命でウィレム3世が軍を引き連れてイングランドに渡った時にモードントも同行、翌1689年に恩賞としてモンマス伯爵に叙任、大蔵卿にも任命され、一躍政界の重要人物にのし上がった。しかし、同年に議会とウィリアム3世の政争に巻き込まれ大蔵卿を辞任した上、1696年にジャコバイトが計画したウィリアム3世暗殺未遂事件に連座して翌1697年1月に逮捕、ロンドン塔へ投獄された。3月30日に釈放され、6月19日に伯父のピーターバラ伯ヘンリー・モードントが息子のないまま亡くなったためピーターバラ伯位を継いだが、ウィリアム3世に再登用されることはなかった。チャールズ・モードント (第3代ピーターバラ伯) フレッシュアイペディアより)

  • ユバ1世

    ユバ1世から見た暗殺暗殺

    紀元前48年8月9日のファルサルスの戦いで元老院派が敗北して、ポンペイウスがエジプトで暗殺された後も元老院派と協力して、北アフリカ・ウティカへ侵攻したカエサル軍へ対抗した。しかし、本国ヌミディアにカエサルと手を結んだマウレタニア王ボックス2世(en)やイタリア人のプブリウス・シッティウス(fr)らによる領国侵犯が相次いだ為、総軍の半数をヌミディアへ送り、もう半分の軍で元老院派に加勢したものの、タプススの戦いで敗北を喫した。再起を図るべく逃亡したがカエサル軍の掃討作戦は厳しく、ザマ近郊でマルクス・ペトレイウスと刺し違えて自殺した。これにより、マシニッサ以来の伝統を有するヌミディア王国は断絶して、ヌミディアはローマ属州となった。ユバ1世 フレッシュアイペディアより)

  • 諸国山川掟

    諸国山川掟から見た暗殺暗殺

    淀川は、その後も河床の上昇が収まらず氾濫を繰り返したため、幕府は天和3年(1683年)には若年寄稲葉正休に命じ「淀川治水策」をまとめ、河川改修工事に乗り出すこととなった。直後に正休は失脚、翌貞享元年(1684年)に大老堀田正俊暗殺直後に殺害されるが、河村瑞賢が引き継ぎ貞享元年から大規模な工事が進められた。諸国山川掟 フレッシュアイペディアより)

  • ダヴィッド・フランクフルター

    ダヴィッド・フランクフルターから見た暗殺暗殺

    ダヴィッド・フランクフルター(David Frankfurter、1909年7月9日 - 1982年7月19日)はユダヤ人。医学生だった1936年、スイスにおけるナチ党(NSDAP、国家社会主義ドイツ労働者党)の指導者だったヴィルヘルム・グストロフを暗殺したことで知られる。ダヴィッド・フランクフルター フレッシュアイペディアより)

  • ミェシュコ1世 (チェシン公)

    ミェシュコ1世 (チェシン公)から見た暗殺暗殺

    1305年10月5日、ミェシュコ1世は娘のヴィオラ・エルジュビェタがヴァーツラフ3世の王妃となる栄誉に恵まれた。ミェシュコ1世はこの結婚でボヘミアの最有力の政治家となれる機会を手にし、この頃からポーランド王の地位を望むようになった。しかし、翌1306年8月4日にヴァーツラフ3世が突然暗殺されたことで、ミェシュコ1世の野心は潰えることになった。ヴィオラ・エルジュビェタは子供を宿してはおらず、プシェミスル朝は断絶した。ミェシュコ1世 (チェシン公) フレッシュアイペディアより)

  • アルキダモス5世

    アルキダモス5世から見た暗殺暗殺

    アルキダモス5世はエウダミダス2世の子であり、アギス4世の弟である。アギス4世が紀元前241年に殺害された後、身の危険を感じたアルキダモスはメッセニアに逃げた。紀元前228年(あるいは紀元前227年)、その時共同統治者がいなかった(通常スパルタはアギス家とエウリュポン家から一人ずつ王を出し、共同統治していた)アギス家の王クレオメネス3世はアルキダモスを呼び戻し、アルキダモスは王位に就いたが、その後早々と暗殺された。プルタルコスはアギスの殺害者たちによって殺されたとしているが、ポリュビオスはアルキダモス殺害の犯人はクレオメネスであると主張している。アルキダモス5世 フレッシュアイペディアより)

  • ケーストゥティス家

    ケーストゥティス家から見た暗殺暗殺

    ジーギマンタス(1350年後-1440年5月20日暗殺)、トラカイ公、リトアニア大公(1432年-1440年)ケーストゥティス家 フレッシュアイペディアより)

  • マラウイ会議党

    マラウイ会議党から見た暗殺暗殺

    また、マラウイ会議党はバンダの独裁政党でもあった。1963年に首相、1966年に大統領、1971年に終身大統領となったバンダは、閣僚の解任や選挙候補者の指名などの権力を濫用し、意に反した政治家や活動家が投獄、暗殺された例が後を絶たなかったと言われる。マラウイ会議党 フレッシュアイペディアより)

  • ムタラ3世

    ムタラ3世から見た暗殺暗殺

    1959年7月25日、ブジュンブラでベルギー人医師によるワクチン接種を受け、ベルギー人役人と帰宅途上に死亡し、ルワンダのツチはこれを暗殺であると考えた。弟のジャン=バティスト・ンダヒンドゥルワが、キゲリ5世 (Kigeri V) として王位を継承。ムタラ3世 フレッシュアイペディアより)

1627件中 111 - 120件表示

「暗殺」のニューストピックワード