1627件中 121 - 130件表示
  • ヴィエルコポルスカ・ピャスト家

    ヴィエルコポルスカ・ピャスト家から見た暗殺暗殺

    一族の中でポーランド君主(クラクフ公)の座に就いたのはミェシュコ3世老公、その末息子ヴワディスワフ3世(細足公)、そして一族最後の男子となったプシェミスウ2世である。プシェミスウ2世は1295年、2世紀ぶりにポーランド国王として戴冠を果たしたが、翌1296年に暗殺された。1338年、プシェミスウ2世の従妹で、ヴワディスワフ1世(短躯王)の未亡人であるヤドヴィガ・ボレスワヴヴナが没すると同時に、ヴィエルコポルスカ公家の血統は最終的に絶えた。ヴィエルコポルスカ・ピャスト家 フレッシュアイペディアより)

  • ヤヌシュ3世

    ヤヌシュ3世から見た暗殺暗殺

    公爵兄弟は暗殺されたのだという噂が広まり、社会不安を巻き起こした。国王ジグムント1世もこの事態を重く見て、殺人はなかったという宣言を出したほどだった。当時の歴史家マルチン・ビェルスキは、公爵兄弟の死因はアルコール中毒だろうと考えていた。また別の人々は結核だったと見ている。ヤヌシュ3世 フレッシュアイペディアより)

  • ハーレムブレイド 〜The Greatest of All Time.〜

    ハーレムブレイド 〜The Greatest of All Time.〜から見た暗殺暗殺

    アベルの武勇伝に憧れ、メレンゲ王国からやってきたという騎士見習いの青年。角刈りにおちょぼ口で、男の汗の臭いが好き…と、独特の容姿と少々危険な言動で周囲を振り回す。しかしそれは仮の姿で、真の目的はアベルの暗殺にある。ハーレムブレイド 〜The Greatest of All Time.〜 フレッシュアイペディアより)

  • パキスタン正義運動

    パキスタン正義運動から見た暗殺暗殺

    パキスタンの他の政党が特定の一族に牛耳られていることが多いなかで「特定の一族の政党ではない」ことを強調するなど正論を吐くことが多いため、敵も多い。2013年下院総選挙の直後には選挙の開票をめぐる混乱が続くなか、副党首が何者かに暗殺される事件も起きているパキスタン正義運動 フレッシュアイペディアより)

  • 伊賀ずきん

    伊賀ずきんから見た暗殺暗殺

    福山城の城主。鍵子の父。三次の父を謀殺し、三次自身も毒酒で暗殺されそうになった。伊賀ずきん フレッシュアイペディアより)

  • 会造人間ゲン

    会造人間ゲンから見た暗殺暗殺

    オゴス・カナイバーの反乱によって国のセイドーア王は暗殺され、円卓の騎士をも次々とその手にかけられていった。円卓の騎士ドルテアを叔母に持つクラスは家に帰るとその緊急事態を知り、今後の対応を話し合っていた際にオゴスの部隊に襲われ、クラスの母は殺されて迎え撃ったドルテアも殺されてしまう。クラスはドルテアが死ぬ前に示した巨大人型ロボットに乗ってドルテアの娘キャリアとともに脱出する。会造人間ゲン フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島問題

    尖閣諸島問題から見た暗殺説暗殺

    5月3日:尖閣諸島防衛作戦を指揮する防衛省統合幕僚監部特殊作戦室長黒沢晃1等陸佐がバイクに跳ねられて死亡する。事件について中国新聞網は黒沢晃を尖閣諸島防衛指揮における最高軍事幹部であると報じるとともに、日本では暗殺説が浮上した。尖閣諸島問題 フレッシュアイペディアより)

  • 大隈財政

    大隈財政から見た暗殺暗殺

    ところが、この政策を推進するためには多額の資金が必要であり、国債や外債による資金や不換紙幣の大量発行に一時的に依存せざるを得なかった。更に佐賀の乱や西南戦争などの士族反乱によって予定外の財政支出が生じたため、1878年以後にインフレーションに悩まされることになった。奇しくもこの年に大久保が暗殺され、筆頭参議となった大隈は大久保の後を受けて内務卿となった伊藤博文とともに、右大臣岩倉具視を擁しながら政府を運営することになった。大隈財政 フレッシュアイペディアより)

  • 家里次郎

    家里次郎から見た暗殺暗殺

    文久3年に浪士組に参加。京につくと近藤勇、芹沢鴨、殿内義雄らとともに京に残る。鵜殿鳩翁から、殿内と共に浪士組内の壬生村での残留者の取りまとめの責任者の役目を任される。その後主導権争いで殿内は暗殺、根岸友山も脱退し、孤立し出奔した家里は、大坂にいたところを芹沢に切腹させられた。家里次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 細川尚春

    細川尚春から見た暗殺暗殺

    細川成春の子として生まれる。のちに室町幕府第9代将軍足利義尚より偏諱を受けて尚春と名乗っていることから、義尚の在職期間である1473年から1489年の間に元服を行っている筈であり、従って生まれた時期はおおよそ1460年代前後?70年代と考えられる。文明15年(1485年)には、父の死去により家督を継いで淡路守護となっているのでこの時に元服したとみるのが妥当であろう。当時の幕府・管領の細川政元は幕政を主導し京兆家の全盛期を築くが、3人の養子を迎えたことで後に家督争いを引き起こすことになった。永正2年(1505年)、尚春は政元の命に従い讃岐に侵攻して細川成之や三好之長らと戦うが敗れた。永正4年(1507年)に、政元が彼の養子の細川澄之を推す香西元長・薬師寺長忠らによって暗殺されると、他の政元の養子である細川高国や細川澄元らに味方して、澄之を敗死に追い込んだ(永正の錯乱)。細川尚春 フレッシュアイペディアより)

1627件中 121 - 130件表示

「暗殺」のニューストピックワード