1627件中 131 - 140件表示
  • 情報軍

    情報軍から見た暗殺暗殺

    作中世界では「情報震」と呼ばれる未知の自然現象によって、文明や既存の情報ネットワークが崩壊しているため、主人公らが所属する第七先進観測軍団・第三〇三機動観測隊などの部隊が、情報震の観測活動を行っている。通常時の任務は情報戦や暗殺などだった模様。情報軍幕僚本部や最高司令部は横浜みなとみらい区に、情報軍通信司令部と第七先進観測軍団本部は、市ヶ谷の旧防衛省庁舎・システム通信群司令部跡に位置している。また、国内各地に無人の観測基地を複数設置している他、教育機関として情報軍大学が存在する。情報軍 フレッシュアイペディアより)

  • グアダラハラ鉄道事故

    グアダラハラ鉄道事故から見た暗殺暗殺

    メキシコ革命は1915年までに最盛期を迎えていた。フランシスコ・マデロ暗殺の2年前から国の大統領はビクトリアーノ・ウエルタとされたが、ベヌスティアーノ・カランサとパンチョ・ビリャが率いる革命軍は彼を打倒し1914年にカランサが大統領となった。しかしビリャは革命の継続を望み武力抗争が発生した。1915年1月18日カランサの軍隊はメキシコ南西部のグアダラハラを占領した。彼は早速列車で軍隊の家族を太平洋沿岸のコリマから新しく手に入れた本拠地へ輸送するように命じた。グアダラハラ鉄道事故 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄鉉

    鉄鉉から見た暗殺暗殺

    国士監に学び、その後は司法官である都督府断事(裁判官)に任じられて朱元璋の信任を得た。1399年(建文元年)に発生した靖難の変では建文帝を支持したが、当初は文官として山東参政に任じられていたため戦闘には参加していない。しかし李景隆が燕軍に白溝河の戦いで敗北すると義勇軍を結成し、臨邑から済南(いずれも現在の山東省)で抗戦している。特に済南城の戦いでは燕軍の水攻めに苦戦したが、城兵を偽降させて朱棣を城門近くに誘い出し、城壁から鉄板を落としあるいは橋を火薬で焼き落として暗殺することを計画したが失敗した。暗殺計画を知った朱棣は激怒して3ヶ月にわたって済南城を攻撃したが、攻略することができず撤退している。鉄鉉は済南城防衛の軍功により兵部尚書に任じられている。鉄鉉 フレッシュアイペディアより)

  • 北川鉄夫

    北川鉄夫から見た暗殺暗殺

    京都市生まれ。父は円山応挙の流れをくむ四条派の日本画家。父の影響で美術に親しみ、第三高等学校 (旧制)から東京帝国大学美学美術史学科に進む。1929年2月、佐々元十や岩崎昶とともに日本プロレタリア映画同盟(プロキノ)を結成。1929年3月、山本宣治暗殺を悼んで追悼歌を作詞。1933年、投獄のため東大を中退。北川鉄夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジュール・ゲード

    ジュール・ゲードから見た暗殺暗殺

    1914年に第一次世界大戦が始まり、ジョレスが暗殺されたその日にフランス社会党は軍事公債に投票し、ゲードはジャコバン時代などを例に出し、愛国主義が高まる時期に革命は起こすべきでないという結論を出す。そこで対ドイツ戦争を支持し、戦時政府に入閣し、無任所相として1916年まで務めた。1917年から起こったロシア革命政府の推移を見守りつつ、サン=マンデで死去した。ゲード派は共産党が分裂した後の社会党内で最左派を形成した。ジュール・ゲード フレッシュアイペディアより)

  • レオ5世 (ローマ教皇)

    レオ5世 (ローマ教皇)から見た暗殺暗殺

    出身地は不明。903年に先代のベネディクトゥス4世の死去により、新教皇に選出された。しかし単なる教区司祭に過ぎなかったレオ5世の選出に対立教皇のクリストフォルスが反発した。この頃のローマ教会は教皇が暗殺されたり党内派閥で争うなど不安定な時期でもあり、司祭に過ぎなかったレオ5世はこの混乱を抑えることができず、クリストフォルスによって同年のうちに廃位されて投獄された。レオ5世 (ローマ教皇) フレッシュアイペディアより)

  • 畠山持永

    畠山持永から見た暗殺暗殺

    嘉吉元年(1441年)1月29日、兄持国が第6代将軍足利義教(義持の弟)の怒りに触れて家督を更迭されると、家臣の遊佐氏・斎藤氏らに擁立されて当主となった。しかし、6月24日に義教が赤松満祐に暗殺(嘉吉の乱)されると持国が赦免され、持永は7月4日に京都から出奔、越中に逃れたが、持国方に打ち破られた。この時持永は討たれたとも、閏9月5日に摂津で身を隠していた所を発見、殺されたとも言われる。畠山持永 フレッシュアイペディアより)

  • 岩松成兼

    岩松成兼から見た暗殺暗殺

    ところが、寛正2年(1461年)に父と兄が家純に暗殺された為、成兼は再度成氏に寝返った。成兼が無事だったのは長禄3年(1459年)に既に成氏側についていたからだと言われている。しかし、領地を巡って一族の鳥山家や重臣と対立し、成氏の仲介まで出されている。上野で新田荘を拠点に家純や上杉氏と戦うが、応仁2年(1468年)に綱取原合戦で上杉側が勝利する等、段々追い詰められていく。岩松成兼 フレッシュアイペディアより)

  • プシェミスワフ1世ノシャク

    プシェミスワフ1世ノシャクから見た暗殺暗殺

    1380年代後半になると、プシェミスワフ1世はボヘミアの国政に積極的な役割を果たすようになった。1386年、彼はヴェンツェル不在時のボヘミア総督に就任した。しかし国内貴族と外国出身の貴族との間の緊張感が高まりつつあり、その後プシェミスワフ1世はボヘミア貴族によって総督の座を追われることになった。後任の総督となったのはオパヴァ=ラチブシュ公ヤン2世だったが、この事態は2人の間に根深い敵対関係を生むことになった。対立が頂点に達したのは1406年1月1日、プシェミスワフ1世の同名の長男プシェミスワフがグリヴィツェからチェシンに帰還する途中、オパヴァ公の指図を受けたマルチン・フシャンという男にリブニクの町で暗殺された時であった。両者の争いは翌1407年11月7日にジョルィで和平が結ばれるまで続いた。プシェミスワフ1世ノシャク フレッシュアイペディアより)

  • アッバース2世

    アッバース2世から見た暗殺暗殺

    1642年に父が亡くなり即位した時は幼少のため大宰相と祖母ディルラム・ハーヌムが政治を取り仕切ったが、1645年にタキが反対派に暗殺されると親政を開始、1648年に祖母を殺害して後見を排斥した。しかしこの時期イランは宮廷の浪費と貿易の不調で財政難に陥り、イギリス東インド会社とオランダ東インド会社との貿易では輸出品の絹の売れ行きが低下、逆に両国が輸出して金銀を獲得していき、イランは金銀不足で経済が悪化した。大宰相ムハンマド・ベグはこの事態を打開しようとして直轄領の増加と軍事費削減を行ったが効果は無く、財政難は抑えられなかった。アッバース2世 フレッシュアイペディアより)

1627件中 131 - 140件表示

「暗殺」のニューストピックワード